読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

如月の二 / 忘れ物事件とか、鬼がくるかこないかとか

●2月某日: サク弁、鶏とごぼうの炊き込みごはん、スクランブルエッグ、ポットローストの豚と野菜、ピーマンと人参のツナ和え、レタス。

ゆうべけっこう飲んだので、朝も喉が渇いている。サクを送ってからスーパーに寄って、(・・・自分の昼ごはんどうしようかなあ・・・)と考える。こういうとき、ラーメン!とかカレー!とかじゃなくて、「出汁!」と思うようになったのが年齢でしょうか。結局煮干しと昆布で出汁とって、春雨やらしめじ、かつお菜などあるものをぶち込んで食べた。うまいよ・・・。

子どもたち(年長組)は幼稚園の園庭でお弁当を食べたらしい。子どもたちが外で食べたいと言ったのだそうだ。「えー、寒くなかった?」と聞くと、「ぜんっぜん!」とサク、きっぱり。降園後、幼稚園の「ほんかり」こと文庫の貸出係。楽しい。子どもたちはその後も園庭で遊び続ける。そこで、ちょっとした事件が。翌日の記録より。








いったん帰っておやつを食べさせて(ええ、自分も食べましたけどね)、どんぐり文庫へ。



 

まゆとおに―やまんばのむすめ まゆのおはなし (こどものとも傑作集)

まゆとおに―やまんばのむすめ まゆのおはなし (こどものとも傑作集)

 

 

夜ごはんは、たきこみごはん、ギョーザ、白菜とカツオ菜とベーコンのスープなど。

 

●2月某日: サクを送っていったあと、そのまま幼稚園の一室で歌詞集の打ち合わせ。卒園児たちには保護者会からいくつかのプレゼントを贈るのだが、そのひとつ「歌詞集」を作成する係になっている。3年間の幼稚園生活で歌ってきた歌の楽譜などをまとめるのだ。1時間半ほど、3人であれこれ協議し、印刷機をチェック。帰宅後は週明けの「ママじゃな」取材の準備も。これから卒園式までけっこうコマコマ忙しい予感。




夫は飲み会。夜ごはんどうしようかなーと迷う。手っ取り早くお惣菜とかお弁当とか買って楽しちゃおう!という気持ちと、美味しいもの食べたい!の気持ち。両方をとって、ステーキ肉を買ってジュッと焼いた! フライドポテトとコールスローもささっと作った。ワンプレートに盛り付けるとサクも「おおっ、きょうはごちそうさだな!」とテンションアップ。

録画を保存している『紅の豚』をサクにちょっと見せてみると、とても面白いと感じるみたい。トトロは20分でリタイア(怖いらしい)だったのだが、こちらは大丈夫なようだ。長いので最初の40分くらいまで見て、「また今度ね」ということに。夫の帰宅後、ちょっと飲みたす。