『全開ガール』 第2話

錦戸くん演じる草太は、女子には奥手なのかもしれないけど、優しい心、思いやりを言葉でも行動でもあらわすことができるわけで、決して非コミュ*1ではないよね。且つ、家事も育児もできる、特に育児は単なるお世話じゃなくて、いっしょにじゃれあって遊んでたり、大事なことを言葉でまた自分の行動で教えてたりと、ちゃんと教育してる。そしてお面は超一流!

んもう、これ全然、できる女とダメ男の話じゃないよね。正反対のふたりが反発しあいながら距離を縮めていく話でもない。怒らず騒がず、そっと見守ってくれる素敵なナイトに思いっきりツンツンしてみたーい!ていう女子の欲望を具現化してるのよね。

ただしお金はない。そこんとこに触れる「将来を嘱望された一流シェフの卵だった」という設定(そこまでは言ってないか笑)が登場したわけだけど、最後どうなるのかなあ。

ひと昔前だったら、それぞれの世界で一流になってまた再会しよう!て感じなのかもしれないけど、そういう「発展的別れ」よりも、共に手を携えて歩いていこう、て感じのほうが、今はしっくりくる気がするよね。シェフも弁護士もフランスかどっかで修行!みたいな、ワールドワイドな規模でのドタバタを予感させて終わる、ってのも、国内がこんなに不安で、がんばろうとしている今、なんか乗り切れない。かといって、明らかにムチャな夢を描いてるガッキーが、妙にめざめてちんまりまとまるのも面白くないしね〜。

このドラマでも、マルモよろしく後半になったらビー太郎のお母さん出てくるのかしら。蓮佛美沙子ちゃん、好きなんだけど、月9のサブヒロインをひとりで張るにはイマイチ弱い感もあるし。まして皆藤さんは飛び道具枠だもんね〜、やっぱり。

*1:いわゆる「コミュニケーション能力」において劣っていると判定され、またそのために、「コミュニケーションの舞台」にあがる意欲が減衰し、いわゆる「コミュニケーションの舞台」から退却している人。はてなキーワードより