読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

霜月の十六

●11月某日: 放射冷却? 寒い朝。幼稚園のズボンは半ズボンっていうか太ももの上半分隠れるかどうかの超短丈。サクにレッグウォーマーを薦める。それには素直に従ったものの、素足に草履だ…。でもいつも通り途中で自転車を降りて走って行ってた。

今日も降園後、クラスの子たちが遊びに来た。今日は仲良しメンバー3人。息の合った遊び方、その中には話し合い、意地の張り合い、disり合いも含まれていて、見てて、おっかしくて仕方ない。その場面だけ見たら「けっこうひどいこと言うなあ」ってとこもあるけど、みんなそれぞれ負けてなくて、対等。幼稚園でも日々こんな感じなんでしょうなあ。







夜ごはん、鶏肉としめじ、野菜のクリーム煮。白菜と小松菜のスープ。きんぴらごぼう。

フィギュアスケートの試合(の録画)を見ていたら、サクが、「これ(スケートリンク)、ちかくでみたらどれくらいおおきいんやろ。○○こうえん3こぶんくらいかな」と言う。そういうたとえ、するんだ!と面白く思いながら「そだねー もちょっと小さいかな」と答えると、「○○こうえん、1こはんくらいかな」だって。1個半! 半分、とかいうものさしがあるんだね。



●11月某日: 近所の子と一緒に歩いて登園。子どもたち、よく走る。速い速い。





お母さん劇団の練習、youtubeに上がってる動画を見ながら練習しようと、みんなそれぞれスマホを出して動画を探すんだけど、全員がその動画に辿りつくまでが非常に時間かかることに世代を感じて大変安心いたしますw 

迎えに行くと、アスファルト敷きたての幼稚園の門前に、子どもたちがぺったりと座り込んでいる。「あったかい」「あったかくてきもちいーい」丈の超短い半ズボンだし、素足に草履履きだしで、ひときわ温かさを感じるようでw そのうち、ゴロンと寝転ぶ子も。小さい子たちが来ると、「○○(年長組)だけよ」「○○(年長組)は、ただ」とか線引きする子たちもいるw 

夜ごはんは、ポークビーンズ、ポテサラ、じゃがいものポタージュ。じゃがかぶりとか気にしてはならない。夫は鹿児島に日帰り出張で、23時ごろ帰宅。唐芋レアチーズケーキと、酒の肴に網焼ききびなごなるものをお土産に買ってきてくれた。