読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

文月の三 / 誕生日

●7月某日: 7月になるかならないかのころから、「もうすぐ6さいやん、もうすぐ」と指折り楽しみにしていたサクだが、この日、起きると、ボーッとテレビ見てる。いつ気づくかなーどんな反応かなーとわくわく観察していたら、夫と意思疎通ができてなくて「さく、今日は何の日だっけ?」と促しちまった、ちっ。はっ!と息を飲んだ様子のサク。「そうだったー!」

(翌日のツイートより)。






今日は近所のママ(お腹が大きい)の子も一緒に連れて、うち歩いて幼稚園まで行ったんだけど、8時ならまだ日陰に入ればいける。ただ、日なたのアスファルトは既に地獄的様相である。子どもたちは随時走りながら行くので、意外にも早く25分ほどで着いた。いやしかし既に30度近かったと思うわ。

午後は一泊保育の説明会。かろうじてエアコンがついている部屋でやってたんだけど、全然効かないわ・・・暑いわ・・・でも一昨年の当該行事の写真を大きなテレビで見ながらの説明会は親もドキドキワクワクな気分。そのまま降園となったが、子どもたちはそのまま園庭で遊び・・・暑いわ。そして友だちの家に遊びに行くと言う。「歩いて行かないかんよ。いいと?」「いいよ!」暑くないんかね…。もちろんママは、いったん帰って夕方また迎えに行くというお仕事。暑いよ、夕方でも・・・。なのにそのまま公園で遊び始める子どもたち。体力お化けか。

何とか促して、予約していたケーキを受け取って帰る。夫も早く帰ってきた。誕生日&結婚記念日の夜ごはんは、メインは握り! ばーんと寿司桶に入った奴をとりました。ほか、しゅうまいの皮カップのポテサラ、しゅうまいの皮で包んで揚げたチーズキャンディ、ミニアメリカンドッグ、お野菜の酢漬け&生野菜。スパークリングワイン。プレゼントはかわいいラジコンカー。意外だったようだが、かなり気に入ったようで何より。平日なので弾けきったらいかんよね、と、そこそこで子どもを寝かしつけることにしたのですが案の定と言いますか自分が高速で寝ました。