読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サクタロー的日常:満5歳半 見た夢・割り算・熟語など

saku

f:id:emitemit:20160303182130j:plain

 

●夢の話をよくしてくれる。

  • 嵐が夢に出てきた。Nくん・Yちゃんも一緒に、公園で遊んだ。嵐すごかったよ!
  • なんかすごい楽しい夢だった! ○○○(←クラスの名前)とみんなで~~したり!
  • 独りぼっちになって、家に帰ったと思ったのに違うところで、あれ?ってなった。
  • 起きたのに、もう1回起きた。(←夢の中で夢を見てた感覚だと思う)
  • さくたろーね、起きてから、もう1回さっきの夢を見たいな、と思って寝たら、見れるんだよ

家だと思ったら違うところだったとか、起きたと思ったのにそれも夢だったとか、1回起きて続きを見るとか、あるあるだよね?! そういうのをもう味わって(認識して)て、言葉で説明できるんだなーと。

●ぎょうざとか春巻きとか握り寿司とか、複数あるものは、すかさず数を数えて、各自が何個食べられるか数えたがる。家族3人なら3で、私とサク2人のときは2でというふうに等分するんだけど、もちろん割り切れない場合もあって、そういうときは「おとうさん、なんこたべる? サク、○こでもいい?」と交渉しだす(笑)。

●「引退」「固定」「設置」「快適」など、熟語をなかなかうまい具合に発語する。熟語って、漢字を学びだす前でもそこそこ正しく理解できるのね。そして絵本やテレビを見て「こうかいって、なに?」とか聞かれる。Oh,regret…

●お父さんやお母さんが「すごいね」と言うと「すごくない」、「上手だね」と言うと「じょうずじゃない」と返すことがある。謙遜というか、卑屈というか。あまりエスカレートすると気になるところだけど、いつもではないのでまぁ静観。なんとなくこれも成長のような気もする。そんなに簡単に褒められて有頂天になるような、安いオレ様じゃないぜもう、って感じ?

●「おかわりしたら?」と聞くと、「子どもは、大人よりおなかが小さいから、そんなに入らない」というふうにサラッと理屈(屁理屈)を返したりもする。

●すっごく成長を感じたこと! 寝てるとき、自分で蹴とばした布団を、また自分でかぶって寝るようになった。子供って、暑くなったらふとんから飛び出るじゃないですか。で、小さい頃は、いったん飛び出たら起きるまで永遠にとびだしっぱなし(あるいは泣く)じゃないですか。それが、(寒くなった…)と感じると、むくっと起き上がって、ふとんを探って、かぶって、また静かに寝るようになったんですよ!自分で!! なんという成長!! お母さん感激だよ!!

 

 

f:id:emitemit:20151125222934j:plain