弥生の五

●3月某日: 友だちと一緒にちょっと遠くの公園へ。友だちの息子ちゃんがサクにお兄ちゃん風を吹かせるのがおかしくてかわいい。大きな滑り台を駆けあがって滑り降り、ブランコではびゅんびゅん漕いで、「サクちゃんはまだできないよね、小さいから」としきりに言う。彼と比べるとまだまだあどけなく、ほよんとしてるサクも、そのちっこさがもちろんかわいい。それから友だちの家にお邪魔してランチし、遊ぶ。よく歩いた。夜、夫は職場麻雀。疲れてひとりでビール(淡麗グリーンラベル)飲んだが、夫がビール(プレミアムモルツ)を買って帰ってきたので、また飲む。「バイバイ」のことを「ばっばー」と言っていたのが、この日から「ばっばー」に変わった。い、の部分をやけにハッキリと言う。

●3月某日: 夫に誘われ、バスに乗ってスペイン料理店でランチ。パエリアがうまい! 満足してレジに立ったら、にこやかに「今日はプレオープンなのでお代はいただいておりません」と言われ驚愕! 外でサクと待っていた夫に告げると夫も驚愕! 君、知らんで誘ってくれたんかいな。テンションも上がり、うららかな午後の街をバス停4〜5停分くらい散歩する。ずっとパパに抱っこされて移動するサクが御機嫌で鼻歌をさえずり続けている。前から目をつけていた酒屋に寄って物色し、帰宅。夜は、ビストロ・タローがオープン。お野菜たっぷりミートソースをからめたフェットチーネ、鶏肉ときのこのとろとろチーズ乗せ、菜の花と生ハム。酒を飲むのも忘れるくらいの勢いで食べました(飲んだけど)。