読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

弥生の二

のたきこみごはん、ソーセージ、卵焼き、ひじき、カレー豆。夫に「おいしそー!」と言われる弁当を詰め終わったあと、胃から逆流してくるものが・・・。夫の出勤直前で助かった。「ちょ、サクの朝ごはんしてくれる・・・?」と頼むと、みずから幼稚園への送りまで引き受けてくれた。あ、ありがとう。

この時点で私はまだ二日酔いだと思っていたので(そしてゆうべは深刻な二日酔いになるほどの酒量ではなかったので)、予定時間を少し遅らせたけど友だちを我が家に迎える。今日は「ママじゃな」番外編で、たなかまさんが私のインタビューをしてくれることになっている。わざわざ、お仕事の有休をとってくれたのだ! いったん調子は上向いたような気がしたが、また降下。遅れて到着したちひろちゃんが「相当悪そうね・・・。写真はまた今度にしようか?」と提案するほど、といえばわかってもらえるでしょーか。そんな中でしたが、なかなか面白い記事ができそうです(まだアップできてないw)
 
夕方前、サクを迎えに行く頃には背中とか太ももとかがすごく痛い。これはもしや二日酔いなんかではないような、とようやく気付いたころ、ぐんぐん熱が上がり始める。夫が早く帰ってこられて助かった。サクは元気。「今日はおとこチームでがんばる日だな!」と父さんと洗濯干したり「vs嵐」で嵐を熱烈に応援する一方、ふとんに来て「おかあさん、きついな。でも、ねつは、からだがびょうきと たたかってることだからな」と知識を交えて猫なで声で慰めてくれてたw
 
●3月某日: ほぼ1日半の絶食明け。朝、夫が作ってくれたお粥を胃に入れると、戻ってこなかったー(歓喜)。サクはお別れ遠足。弁当は夫が作ってくれた。おじょうずです。私もTwitterできるくらいには回復w でも、ゆうべはきつくて始終眠りが浅かったので、昼間もよく寝ていた。
 
とても良いお天気でしかも暖かく、すばらしい遠足日和。サクは友だちのお母さんが連れて帰ってくれて、しかもパン屋さんでおやつもイートインさせてくれてた。家のそばまで迎えに行くと、友だちともどもめっちゃ元気ではしゃぎ回っている。年少さんのときのお別れ遠足では、このお友だちは解散になった駅で寝ていたし、サクも帰ってから昼寝をしたと手帳に記録している。2年後は昼寝なんてとんでもない、まだまだ遊べるといった感じ。
 
そして2年後の子どもは夫とLINEのやりとりをしている。夫「なにたべたい?」 サク「カップラーメン」 ふっ・・・。私は、昨日、自分で作っていた野菜ごろごろのスープ。食べられるって、ありがたい。