読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

睦月の十七・如月の一

●1月某日: 登園途中、仲良しの子に会って一緒に歩いていく。元気。帰りも友だちと3人一緒に歩いて帰り、そのまま友だちのうちへ遊びに行く。てか、そのとき、サクともう1人、ジャンバーを着ないどころか、トレーナーまで脱いで肌着である。

夕方、友だちのうちに迎えに行っても、なかなか帰ろうとしないので珍しく(←本当だ)サクにイラッとして怒った。でも親子って力関係が不均等だから親がずっと怒り続けるのは抑圧感あるよね。スーパーに着いたとこで仲直り(?)する。夜ごはんは、鶏としめじと白菜のクリーム煮。ミネストローネ。にんじんラペとレタス。

 

●2月某日: 近所の子も連れて一緒に徒歩登園。寒いけど元気な子供たち。私は帰ってソッコー足湯をした。足が冷えてたまらん。昼間、自分がやろうと思ってたことがだいたい片付くと気持ちがいいですよね。迎えに行くと子どもたちはまた肌着で走り回っていた。すごく楽しそうである。夜ごはんは豚と根菜のポットロースト、にんじんラペ&レタス。

夜ごはんの前だったかあとだったか、サクに「おかあさん、みて! つきとほっきょくせいがすごくちかい!」と言われてベランダから見てみると、本当だ。まだ3夜目くらいの細ーい本当の三日月と北極星とが、肉眼の感覚で6センチくらいのところに上下で並んでいた。やけにくっきりと輝いて見えてとてもきれいだった。子どもに言われて夜空を見上げて、「明日は晴れだな」と言い合うなんて、ドラマみたいなシーンがあるのが育児だな。ドラマにしてもひどすぎる、みたいな修羅場もあるけどw 

大分に日帰り出張していた夫が10時半過ぎに帰宅。だらだらしゃべりながらワイン飲んでたらあっという間に日付がかわってしまった。