読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

師走の十四 / どんぐり文庫クリスマス会

日々

●12月某日: 朝、Eテレで「ピタゴラスイッチミニ」が始まると(7:30)、「あ、もうこんなじかん、きがえな~」とニコニコしながら着替えるふりの小芝居をするサク。冬休みの開始を喜ぶしぐさも、6才になると進化するなw 午前中、小雨のうちに散歩を兼ねていろいろ買い物へ。サクのおねだりにうっかり乗って本を買ってやった。

昼ごはんのあと、クラスの友だちとお母さんが遊びに来る。はしゃぐ子どもたち。16時に一緒に移動して、どんぐり文庫のクリスマス会に初めて参加。小3の女の子が五味太郎の「まどからのおくりもの」を読んだあと、語り聞かせ「マーシャとくま」。梶田さんによる絵本の読み聞かせ「くんちゃんのだいりょこう」では何度も笑いが起きた。 

くんちゃんのだいりょこう

くんちゃんのだいりょこう

 

 

第2部は、19才の男の子によるギター演奏。数か月前、一年にわたるフィンランド留学から帰って来た彼はフィンランドの歌を弾き語ってくれた。1時間の会で、ふだんのお話会の倍くらいの時間なんだけど、途中でちょっとしたパペット劇やらの楽しい遊びを入れてくれるので気が逸れない。ひとつのお話をみんなで楽しむゆるい親密な雰囲気がやっぱりいい。

いつもどおり、12月生まれの子たちが「お話のろうそく」を吹き消し、最後に、クッキーやチョコレートやみかん、折り紙で作ったサンタの指人形など小さなプレゼントが子どもたちに配られた。梶田さんや、サポートのTさん、いつもここで会う元上司の奥さんと子どもたちにも「よいお年を」とごあいさつする。夜ごはんは鍋。豚肉、白菜、ごぼう、豆腐、しめじ、えのき、ニラ。

 

●12月某日: 朝ラン8キロ。気温は9度弱、冷たい雨が降ったりやんだり、何度か強めの風とともにびっしり降ったけど、真夏の猛暑ランに比べればまだまだマシなコンディションです。しかし某駅前でやっていたもちつき大会の人々はなかなかつらそうだった。

ちなみに祝日だが、夫が風邪を長引かせている。しつこい咳と微熱。サクと散歩がてらの買い物や、なわとび。なわとび久々にしっかり見たけどさすが年長、去年よりずっとうまくなっている。家では、チケットを描いて配ってもぎりもして実演するという何役もの活躍で、チャンバラショーとかトルコ行進曲のひとり合奏とか見せてくれた。

夫とサクが寝た後、放送大学の講義を視聴し、そのあとフィギュアスケート全日本男子SPの試合を見て、さらに勢いづいて(なんの勢い?)録画をいろいろ消化し、すっかり遅くなる。