読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『重版出来!』 2話・3話

f:id:emitemit:20160416173318j:plain

 

●2話







松重さんの和田が良いなーと思っていたところ、岡営業部長に生瀬さんが登場して、なんという私得ドラマでしょう! キャリアに中身が伴った上司役、2人ともすてき。2人の絡みがまた、面白い。怒りの内線電話からの、会議での激突・物別れ、からの、喫煙室。仕事(公)での関係だけなんだけど、部長として部の利益を最大化するためにぶつかり合ったり協働したりする姿と、そこからちょっと離れた、仕事の話だけど私的な雑談みたいなのがこぼれる喫煙室での姿とが両方描かれたのが、超ツボだった! 会社員あるある。

で、このドラマと、「とと姉ちゃん」とのたたみかけで、私は坂口健太郎くんに落ちたといっていいと思います。「たんぽぽ鉄道が売れるまで」は、目の前の仕事を一生懸命にやったらその意義が見えてきたし結果にも結びついて充実感も味わって、というプラスのサイクルに入る、お仕事ドラマとしてとてもオーソドックスなエピソードだったんだけど、とにかく爽やかで気持ちが良かった。最後、いかに新刊発売とはいえ、電車の中が「たんぽぽ鉄道」を読む人だらけになってるのはやりすぎだったけどw ワンピースだってあんなになんねーよww でも黒沢心の重版出来ダンスが最高だったから全然許す!って気分。

 

●3話

前向きにがんばったら良いサイクルにハマって成果が出たのが2話なんだけど、当然そんなうまくいくことばかりじゃないよね、っていうのを荒川良々の顔だけで如実に語って見せた2話のラストはすんばらしかった。あの顔ー、唇!! そのまんま3話に続くかと思ったら、滝藤賢一の高畑一寸の話も並行でした。

もともと要潤が好きな私なんだけど、今回の滝藤さんめっちゃ良かったわー! 決して最後の尻に落ちたわけではありません(感動したけど!!) あの、窪んだ眼窩でギョロっと力のある充血した目。どんぐり帽子。やさぐれた様子。彼女がいなくなって大騒ぎしても、原稿は絶対落とさないってのが人気長編漫画家らしくて良かった。でもネームのクオリティは下がっちゃうっていうね。

週刊連載ってほんと地獄のエンドレスロードだよね・・・。高みを目指して果ての無いトレーニングを積むアスリートとマンガの週刊連載とに、同じ孤独とストイックさを見出す描写が良かった。あの黒沢でさえ夢から覚めて「もう練習しなくていいんだー!」って諸手をあげちゃうぐらいのしんどさなんだよね。

そんな孤独な走者、週刊連載を持つ漫画家を二人三脚で支える編集道。五百旗頭の「漫画家に自由に書かせるのはいい。でも楽をさせちゃダメだ」って言葉が、とてもハード。マンガ家の苦労を一番近くでわかっている編集者だから、労わりたくなる、肯定したくなる。なんせ世知辛い世の中だから、力を抜いて楽に生きよう、って風潮もある。でもアスリートにしろ漫画家にしろ、自分をとことん追いつめて最高のパフォーマンスにたどりつくのが一流なんだよな。編集道の二人三脚は追いつめる役割も含んでいて、追いつめた上で伴走するのが仕事なんだ、っていう。雑誌の看板マンガを書いてる高畑一寸も、アンケート最下位の成田メロンヌでも、それは同じ。

そしてマンガは孤独ゆえに独りよがりに陥りやすいところ、そこはアスリートと違って仕事だから「読者(=顧客)とどう向き合うか」って問題もある。息子5歳は巨大カメムシのプレゼンにウケておりましたw

心が仕事の合間や終えたあとにごはんをもりもり食べるシーンがいつもあって、いいですね。サラメシみたいで。「働く大人は腹が減る」。で、現在のところ完全に支える側に回っている五百旗頭さんだけど、オダギリジョーが演じてるっていう贅沢さが、五臓六腑に染みわたりますぅぅ。

ところで! 

 

 

f:id:emitemit:20151119231326j:plain