読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

霜月の五 / 中国杯の浅田真央

日々 スポーツ

●11月某日: 自転車通園、ママの後ろでサクが嵐の歌を歌ってる。歌いながら「♪We're サムライ やまとなでしこ♪ って、ここがいいんだよね~」と言ってる。そうなのか(笑)。で、「ママー、やまとなでしこって、なに?」と。「うーん、日本の綺麗な女の人のことかな」と適当に答えると、「ふーん」といったんピンときたようなきてないような返事のあとで、「じゃ、やまとなでしこって、ママのことやん」ですって。「ま、そういうことですな」「そっか~」。こういう他愛ないおしゃべりしながらの通園がけっこう楽しい(笑)。

送っていったあとは、お母さん劇団で人形劇の練習。新作の人形たちがかわいくてならん。それにしても、シロートがやる、子ども向けの、小さな劇でもこれだから、お客さんからお金をとってやる舞台ってほんとに大変なんだなすごいんだなと思う。台本作って、大道具・小道具や舞台装置はどうするか? 人形や小道具をどういうふうに動かすか? どこから出てきてどっちから退場するか? セリフやナレーションと人形の動きは合っているか? など、考えること決めることって本当に盛りだくさんだもんねぇ。テレビや舞台を見る目も変わりそうだわ。

週末の夜ごはんは居酒屋仕様なのが我が家のデフォルトで、今夜もするめいかや焼きアゴ、ほうれん草としめじの和え物にも大人にはゆず胡椒を混ぜたりして絶好調なところ、夫が近くの焼き鳥屋さんで焼き鳥テイクアウトまでしてきて、もう完全なる居酒屋ナイトでした。博多の焼き鳥なので、テイクアウトでも当然のように酢だれキャベツつけてくれまーす。






というわけで、復帰した浅田真央が、スケオタに目を剥かせる鬼のような構成でランプリシリーズ中国杯に登場。SP、71.~で堂々の1位に。3Aはひやっとしたけど堪えて認定され、3F-3Loはセカンドに回転不足をとられ、3Lzはエッジエラー判定になり、結果的には3A、3F-2lo、3loを跳んでとても調子のよいときとあまり変わらない(あと今回はスピンの構成も違うのかな)点数ではあった。今後もこの構成でいくのかな? 

ともかくSP『素敵なあなた』がついにお披露目となり既に数回リピート。ステップでだんだん速くなっていく音楽にばっちりついていって華やかに踊る真央さんのクライマックス感がすごい! 

 

●11月某日: 土曜日だが夫は1日仕事。ヒマなので母を呼び出す。待ち合わせの某駅まで歩いていくことにすると、普段はそこまでは自転車 or 電車で行っているので「えっ」と驚いたサクだったが、出発してみると思ったとおりらくらく歩けた。てか今日、暑いな。昼ごはんは、かねてサクが所望していたマクドナルドについに行く。ハッピーセットのチーズバーガー&フライドポテトを食べる子どもの顔が・・・CMみたいに幸せそうだ・・・。おもちゃは顕微鏡で、これまたサク的に「あたり」だったもよう。

うちでは母と動物図鑑を見たり折り紙をしたりして盛り上がっていた。ちょうど幼稚園の文庫で動物図鑑を借りていたところに、たまたま母も別の動物図鑑を買ってきてかぶってしまったのだが、それはそれでとても色彩や図柄も綺麗な本だったし、母はなんとなく「最近のサクが興味があるもの」を買ってくるのがうまいようだ。サクの写真をたくさん印刷して母に持たせた。

夜は焼きちゃんぽんを作って簡単に食べていたが、20時前に帰宅した夫が巻き寿司やいなり寿司、まいせんのカツサンド、そしておビール(発泡酒でなく!)などたくさんもらってきていて、思わずお腹に入れちゃう。ワインもあけちゃう。

中国杯FS、浅田真央はジャンプに3つ4つミスが出るも、ハッとするほど軽く美しい3Aと、スケーティング技術等で125点をマークし優勝。129点をとった本郷理華がFSでは1位だったらしい。録画を見るのが楽しみ。エレーナ・ラジオノワは1年で8cmも身長が伸びたらしく、そりゃジャンプも不安定になるよねってなもん。それでもフリーで巻き返して銅メダルを獲得するあたり、おみそれしますな地力です。