読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

葉月の六

●8月某日: 夫の提案でカレーを食べに行く。我が家では夏に一度はカレーを食べに行く風習ができている。サクもノリノリ。めっちゃ食欲あるようだ。たぶん基本的に胃腸強い子なんだよね。小さなお店だが繁盛していた。Bセット、4種類から選べるカレーに、サラダと飲み物がついて、ごはんorナンはおかわり自由で、720円。お安い。キーマカレーマッシュルーム入りの日替わりをチョイス。選べる辛さの「3」に「市販のカレーの辛口くらいの辛さです」と書いてあったので(笑)「4」を選ぶと、けっこうな辛さだった! 「3」を選んだ夫にひとくち、ふたくちあげると「うわー、俺これ無理!」 私は、せっかくお店にきたんだったら辛いのを食べたいのでこれでOK。サクはお子様セット500円もちろん甘口をほぼ完食。ナンも美味しかったー今度来ることあったらナンを頼もう。30分ちょっと、運転の練習をしながら帰る。昼下がりはのんびり。家族で昼寝もしつつ。夜ごはん、焼きさば、揚げと椎茸とネギのみそしる、きゅうりの生姜和え、スパサラなど。

 

●8月某日: 2人分の弁当を用意して、川遊びへ~。クラスの子9人+兄弟児たちが参加。車で20分ほどで着くんだけど、降りてみたら、さっきまでと全然違う! 涼しい! 

入り口付近はじゃぶじゃぶ池って感じで1,2歳の子でも安心して遊べるような浅さで、泳げるほど深いところはないんだけど、逆に深くても子どもの膝丈くらいの水深で、川をずっと上流のほうまでのぼっていける。大きな岩があったり、流れが速いところもあったりで、4・5歳児にはなかなかスリリングなのだけど、サク、「だいじょうぶだよ」と友だちを励ましつつ、私の前を行く形で果敢にのぼり、降りる時も怖がることなくしっかり。川のぼり、マイナスイオンって感じで(→貧弱な語彙)すごく気持ちいいし、いい運動にもなる。でも、昼ごはんを食べた後で「もう1回上まで行かない?」と誘ってみると、サクも、いっしょに行った子の1人も「うえまでは、もういい」と拒否したので、本当は少し怖かったのだろうね(笑)。

林?山?に囲まれているから当然蝉や蝶、かまきりなどもたくさんいて、虫捕りもフィーバー。時に衝突して泣いたり怒ったりもありつつ、遊びまわる子どもたち。暑くなったら水に入る。サイコーですな。スイカとかメロンとか、グミとか一口ゼリーとか、誰かが食べ物を出すと、どんだけ効く鼻を持っているのか、わらわらと子どもたちが群がってきてそのときだけは静かにみんなで貪り、なくなると途端にわらわらとバラケていく。樹液にカブトムシやらクワガタやらが集まってくるみたい(笑)。たっぷり6時間以上遊んで帰る車の中でも、延々と騒ぎ続ける子どもたちであった。

サクはもちろん早寝し、9時ごろ飲み会から帰ってきた夫と軽く2次会しつつ今日の報告をし合う。スマスマ、シャッフルビストロとかで香取くんがゲスト。もうじき結婚しますよーと言っていた。