読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

弥生の十

日々

●3月某日: 登園&公園で会ったクラスのママたちと「土曜日はおつかれー」「二日酔いにならんかった?」と挨拶を交わし合う。「今度はマダムっぽく飲もう」「大きな声を出したら負けだ」。

サク弁、小おにぎり3個、卵焼き、豆腐&鶏のナゲット、煮物(里芋、にんじん、さつまいも)、極小ブロッコリー。今日が今年度最後のお弁当だった。まだ完全復活ではないかなと気持ち少なめにしていたら、完全に足りなかったらしく、帰宅後「きょうのおべんとう、どうしてすくなかったの?」と言う。降園後の公園でも友だちのお母さんにみんなでおまんじゅうをもらっていたのに、帰ってからも「パンたべたい」そして有言実行でモリモリ。おやつを超えてる・・・。

対照的に、朝からお腹の調子が悪いと言いながら出勤した夫は、会社であわや脱水というところまで行きかけたらしく、病院によって早退してきた。ということで、夜ごはんは、鶏雑炊と餃子。夫は鶏雑炊の具たちを除けた部分を食べていた。

「ヨルタモリ」の録画。変な楽器が出てきたり、変なテレフォンショッピングのコーナーがあったりで、サクもこの番組が好き。今日は夜の連続テレビ小説「タモサン」に釘付けになっていたw お風呂で、級友たちのモノマネを始めてびっくりするやらおかしいやら。名前を言うと、それぞれその子らしいワンフレーズをセレクトして、口調やイントネーションをマネる。ちゃんと特徴をつかんでるのが多い。「デート」を追っかけ再生して満足して、寝る。