読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

霜月の四

日々

●11月某日: すっごくいい天気! これ逃したらもったいないでしょ、ってことで、10時から走る。この秋いちばんの寒気が流れ込み、14度くらいだったかな。ランニングシーズン到来といった感である。福岡城址へ。石垣を見ると心が安らぐぜ。9.4キロ。割と近所なのに行ったことのなかった中華料理屋さんでお昼を食べる。けっこう濃いめだけど大衆的な味。サクも、五目そばにチャーハン、餃子とバクバク食べてた。ホームセンターやドラッグストアなどでいろいろ買い回り、帰宅。買ってきたものを開梱し片づけものをしたり、昨日、義実家から食器などもいくつかもらってきていたこともあり、食器棚も少し整理した。

夕方、「ねえ、明日、本当に給食あるの?」と夫。三連休前、「来週は(幼稚園の)お弁当の日がないんだ♪」と豪語していた私、「え、火曜日だから給食だよ。なんで?」 夫「給食だよりに明日の献立書いてないぞ」。私「えっ・・・!」 そ、そそそそーだ、明日はイレギュラーなお弁当日だった!! 給食便りを冷蔵庫に貼っていたところ、夕飯づくりで冷蔵庫を開け閉めしていた流れで、夫、気づいたらしい。エラい! あぶなかったー!! 夜ごはんは、野菜のてんぷら(さつまいも、ごぼう、カツオ菜)、サラダ、味噌汁。

●11月某日: 三連休明け! 子どもを幼稚園に送っていったら、やることいっぱいあるよ!! ゆうべのうちに、細かくTO DOリストを作っておいたら、けっこう効率的に進められたように思う。やっぱり頭を整理しとくことは大事なんだな。降園後、近くの公園で遊んだあと、そのままクラスメートのおうちへ。親もついていっておじゃまする。子どもが幼稚園(以上)にもなると、お母さんもいろいろやってる(やれる)んだなーと思う事、多し。私も興味のあることにはいろいろ手ぇ出して、首つっこんでいきたいな。夜は、鍋。義実家から鰹菜やら春菊やら、葉っぱをいろいろもらってきてたので。夫がゆうべから仕込んでいた渾身のスープ、さすがの美味さであった。週明けなのでお酒は抑えめに。