読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

12/15 8.3キロ 48分30秒

朝9時40分より。今日は“変わり映えのないコースを脱しよう”運動を展開。五十川塩原大橋を渡ることをひとつの目標にする。川を渡す橋の上を走るときの小さな楽しさは独特のものがあるのですよ。ちなみに川の名前は那珂川です。五十川というのはここいらへんの地名。

で、事前に地図を見て、ふんふんなるほどと思いながら走って行ったのですが、さすが私の方向感覚、見えてきた橋は「あれ? 塩原大橋よりひとまわり小さいような…?」近付くと「番托橋」とある。なんて珍しい名前。そんな地名は聞いたことがないが、どう見ても古く、いわくありげな素敵な名だ。とりあえず渡って川沿いをしばらくゆくと、目当ての大橋が見えてきた。

ところでこの日はなんと気温が15度にも達してて、あちーのなんの。このところの寒さに慣れていた体はすぐに音をあげた。塩原から引き返す道の途中にゆかしい神社を発見し、休憩がてら拝観。熊野道祖神社、とある。昭和12年、熊野神社道祖神社とを合祀し、昭和53年、西鉄大橋駅付近の区画整理事業の際に当地へ移転したらしい。ということは移転してからは三十数年ということになるが、その割には、神さびた、というと大げさながら雰囲気があって、良い心地。

写真も少し撮ったので、はてなハイクに投稿しました。
http://h.hatena.ne.jp/emitemit/299871601620093033