読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

弥生の三

日々

●3月某日: サク、お別れ遠足のサク弁。おにぎり2種、ハンバーグ、卵焼き、かぼちゃグリル、枝豆、じゃがそぼろ煮のじゃがいも。外で食べるときはごはんをおにぎりにする。リュックサックの中身は昨日すでにサクがあらかた用意していた。「じぶんでじゅんびしようねー」と先生に言われるとちゃんとそのとおりにする、まじめな子だ、私に似て(笑)。降水確率40%とか50%になっていたけど、降られなくてほんとよかった。

いったん幼稚園に集合し、最寄りの駅まで歩いていく。2人1組で手を繋いで並んで、もう片方の手で「いってきまーす」とママたちに向かって手を振るかわいい子どもたちを園庭で見送る、こういうときに子育ての楽しさと切なさとを毎回感じるんである。

さて日中は何かと忙しく、いつもより1時間遅い15時の迎えの時間はあっという間に来た。子どもたちは予定より遅れて15時半過ぎに帰園。行きに比べると列はバラバラ、年長さんでも呆然と座り込んでるような子も。しかも体力がないというより充分にある子だったりして、君たち向こうでどんだけ遊んできたんだい?て話である。サクはとても元気な顔。上着も、トレーナーも脱いで、半袖の肌着にリュックを背負い、ズボンも着替えてる。帰って中身を出させると、履いていったズボンはおろかパンツも土だらけ。ものすごくハードな崖を昇って滑り降りると言うのを何度も繰り返していたと興奮気味に話していた。

夜ごはんは、ぎょうざ、じゃがいもそぼろ煮、鶏ハムとブロッコリーのサラダ、もらいもののイワシ煮など。夫がラガービールを買って帰ってきてた。サクが寝てからもしばらく飲み足す。白ワインなど。

 

●3月某日: 午前中、サクの自転車を買いに行く。そろそろ周囲でも自転車を持ってる子が出てきて、欲しいと言い出したのだ。買いに行くって書いたけど、買いに行ったのは夫とサクで、私は同行しなかったのだったw 10時過ぎからランニングに出たんだけど、完全に恰好を間違えた。ジャージ上下着用してる場合じゃない。昨日に引き続き、ものすごくあたたかいんである。むしろ暑い。30分で終了。シャワー浴びてると、サクが意気揚々と帰ってきた。いいのが買えたらしい。

昼ごはんは、タローチャーハン。大根の葉っぱとちりめんじゃこが入っていて、美味しい。目の疲れを感じて、棚の奥にあった「めぐリズム」を出して充てて、横になったり。夜は居酒屋、昔六本松にあって大学時代によく行っていた「のんちゃん」の移転先へ。六本松にもまだあるのかな。焼き鳥、ゴマサバ、焼きラーメン、どれも妙に(というのも変な話だが)美味しく感じた。「キャベツがあるのは、ふくおかのやきとりだけだよね!」とサクが不必要な知識を…。

続いて場所を移動し、カラオケへ。今日の焼き鳥→カラオケはサクのかねての要望を汲んで夫がプランを立てたコース。冬は家族誰かの体調不良でいろいろな予定が流れたりもしたので、まんをじしてといったところ。カラオケは半年ぶり、いやもっと久しぶりか? サク、歌う歌う。ゲス極、星野源、嵐にTOKIO・・・さすが、CDに合わせてフルコーラス歌ってるだけある。21時帰宅、すぐ風呂に入れたがサクはもう眠くてたまらず、パジャマを着せて歯磨きをさせて布団におろすとそのまま寝た、って感じ。そうそう、夕方、長らく(1ヶ月弱)更新工事中だった当マンションのエレベーターが開通! その便利さに家族で浸った。