読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

如月の十

日々

●2月某日: サク弁、ごはん(のり)、鶏肉団子、蒸しさつまいも、卵焼き、きんぴらごぼう、煮物の大根。幼稚園はインフルのB型を中心に体調不良の子が多く、明日の降園後に予定されていたお母さん劇団のリハーサルをやるかどうか、やるならばその段取りについてなど連絡メールが飛び交う。年長組は明日、学級閉鎖になった。座長さんの子供ちゃんもインフル。雑務をいくつか請け負う。

朝はひどく寒かったが、予報通りだんだん気温が上がって穏やかな小春日和。降園後、文庫で絵本を借りた後は園庭で楽しそうに遊ぶ子どもたち。なんだか久しぶりに見る光景のようで心が和む。「もうすぐ(お母さんボランティアによる)絵本の読み聞かせ始まるよ」と声をかけてみても、「きょう、いかん。あそびよく」と子どもたち。そうだよね、こんな日は部屋の中より外のほうがいいよね。一時間ちょっと遊んだあと、自転車屋さんで空気を入れたり、買い物したりして帰る。

夜ごはんはポークビーンズ、ブロッコリーのサラダ、きんぴらごぼう。食べ終わったころから「耳の中が痛い」とサクが訴える。こ、これは中耳炎か。こんだけ鼻水が出てりゃ、そうもなろう・・・。なんとか宥めて風呂に入れたけど、痛みと鼻のグズグズ感に寝付けないらしく、ついに泣きだす。ネットで検索すると「起こした方がいい」とらしいので夫が支えながら座らせたり。最終的には鎮痛薬が効くというのでストックしてあった坐薬を注入。すごく嫌がってたけど、そのあとはやはり楽になったのか15分ほどで寝ついた。ほっ。明日はまたお休みして病院だな・・・。

 

●2月某日: 中耳炎疑惑のサク。起きると「もういたくない」と言う。病院に行きたくないというのもあるんだろうなと思いつつも、本当に痛ければ子どもはガマンできないものなので、ウーンと思いつつ送り出す。何かっちゃ抗生物質を投与するのもどうかと思うし(耐性がついちゃうという意味で)、自然治癒する場合もあるらしいからなとも思うし、でも放置しているとやがて鼓膜切開になっちゃうんだろうなとも思ったり。判断が難しい。

降園後、お母さん劇団のリハーサルも決行。キャストにもお休みが多かったけど、なんとかなりそう。体調次第では先に帰らせてもらうつもりだったけど、仲良しの子たちがそろって熱で休んでいてちょっと淋しそうながらも、「かえりたくない」といい、リハーサルが終わる4時ごろまで園庭で遊んでいたサクだった。