読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

弥生の六

日々

●3月某日: サク、夜中、4度ほどトイレに行く。基本、ちゃんと「ママー、トイレー」と起こして間に合うように行くのがけなげ。4回目はさすがに泣きべそになっていた。かわいそうに。私も朝の寝不足感がすごい。サクに起こされるのに加え、3月の大寒波で外を暴風が吹き荒れている。その音がものすごくて、すぐに寝つけなかったりしたのだ。授乳してたころの朝って、こんな感じだったなーと久しぶりに思い出した。

幼稚園はもちろんお休み。サク、8時ごろ起きると「おなかすいた」とさかんに言うので少しだけお粥をあげるとペロリ。「パンたべたい、パン」というので、トーストを半分あげるとそれもぺろり。そして、食べ終わると急速に疲れたようで「ふとん、いく」と言って寝入った。2時間ほどして起きると、また「おなかすいた。」またお粥を少しあげると、胃腸が激しく動き出したのか苦しみだした。吐くかと思ったがそれはなし。夕方ごろから少し落ち着き、「あそぼっかなー」と言い出す。ほ。夜、サクが寝たあと夫と軽く飲みながらつらつら話したり録画を見たり。