『茗荷谷の猫』 木内 昇

6月に、福岡市の男女共同参画イベントで講演を聞く機会があった、直木賞作家・木内昇さんの短編小説集。

emitemit.hatenablog.com

茗荷谷の猫 (文春文庫)

幕末から昭和にかけ、各々の生を燃焼させた名もなき人々の痕跡をすくう名篇9作。

と、裏表紙の紹介にある。読後にあらためて見返すと、「燃焼」という語に少し引っかかりを覚える。「完全燃焼(あるいは不完全燃焼)」といわれるように、その言葉には「達成」の意が含まれているように感じるからだ。

この作品の主人公たちは、何事かを達成したようには思えない。第一章、丹精のすえ染井吉野を作った植木職人の徳造でさえ、代償として女房・お慶を喪ったことのほうが強い印象を残す。

喜びにせよ悲しみにせよ、カタルシスのない作品集である。そこに、この作者の文学性がある。文学的良心とでもいおうか。

読後感を一言で表せる作品はない。すわりのいいところに着地するわけでもない。悲しみや、理不尽や、怒りや、不可解、滑稽さ、いたいけさ・・・いろいろなものが、淡く、ときおり激しく同居する。バッテリーが切れたかのように、ふいにパッと途切れる幕切れ。それが、「生を切り取る」ということなのだと思う。私たちの生は単純化できない。結論もない。

それぞれの作品は、茗荷谷、浅草、千駄ヶ谷、本郷、品川など東京の狭い範囲が舞台になっている。江戸後期を舞台にした一作目から、御一新のころ、大正、昭和初期と時代は一作ずつ進み、やがて『庄助さん』では青年が徴兵され、続く『ぽけっとの、深く』では復員兵や戦災孤児の話になり、最後に同作の主人公が数年後(十数年後?)に所帯を持ったころの『スペインタイルの家』でこの小説集は締められる。

時代とともに、風景も生活も様変わりしてゆき、それは個人の人生にも大きく影響する。が、人の生が単純化できないこと、結論などないことに、変わりはない。そのときどきのさまざまな感情、特に悲しみや理不尽や怒り、不可解といった負の側面をも飲みこむしかないまま、人は生きて、必ず一生を終える。進んでいく時代が、「前の作品の登場人物はもういない」ということを伝えている。

そのような生を「燃焼」というのかもしれないと、ふと思った。ただただ、命ある限り生きるしかない。そして必ずくる終わりを迎えたあと、その人の生は「燃焼した」といっていいのではないか?と。私は、こういう文学は、派手さがないだけに、実は多くの人の人生に寄り添い、小さな救いを与えることができると思っている。

神無月の二

●10月某日: 友だちとおしゃれなカフェへ。ちょうどいいウォーキングになるかなと歩いていたら意外に遠くて走ったりして、汗だくになった。今日暑い。おっしゃれーなお店だった。月末のイベントの準備と、出口さんにお会いするための質問の準備。夕方はサクのスイミング。

夜ごはんは、さんま、豚汁、小松菜のおひたし。一週間前とほぼ同じメニューだが、考えるのめんどくさくて・・・。いいよね。家の夜ごはんなんてこんな感じで。旬だし。栄養素はそこそこ押さえてるし。


●10月某日: 授業参観。算数で、直角三角形の学習をしていた。はぁー。毎日まいにち何時間も授業を受けるって、なんてかったるいんだろう。子どもたち、なんてえらいんだろう。・・・と、いつもの感想w 

続く懇談会では、自分を含めて4人しか参加者がいなくてびっくり。でも、いろいろ聞きやすくてよかったかも。やっぱり、ちょっと踏み込んだ質問なり発言なりしたほうが、収穫も多いと思う。

おもしろかったのが、学校全体で、子どもの自尊感情を調査し高めるために「自分のいいところはなんですか?」というアンケート等を始めたとのこと。自分の子どもの回答を見せてくれた。サク、3つくらい書いてたんだけど、「字がじょうず」という一言を、だいぶ乱暴な字で書いていたww 

夜ごはんは、肉じゃがと冷凍チャーハンときゅうり。めちゃくちゃなのは、夫が飲み会だと急に思い出したからでもある。冷凍チャーハンのあたため方のコツを体得した。

長月の二十・神無月の一 / ゆるマジ「子どもに見せられる?その姿」

●9月某日: 台風接近。今日は家でおとなしく。読書や、昨日のイベントのアンケート集約。フラさんライブのイベントページ作り。サクは自分コーナーを整理し、ついでに夫と一緒にダンボールで棚と引き出しを作り始めた。「たのしい~すごくたのしい~」と感に堪えたように何度も言いながら作っていたw 

沖縄県知事選、20時ちょうどに玉城デニーに当確が出る!!! おおおおお! 沖縄~!!! そもそも佐喜真かデニーかでいったらもちろんデニーを支持するしかないんだが、デニーさんのPR動画がめちゃくちゃロックで人間的で、とにかくセンスよくて何度かリピったわ。逆に言えば、ああいうかっこいい動画を無能もしくは害悪な政治家が作るようになったらやばい。

夜ごはんは、さば、みそ汁、野菜と春雨サラダ。


●10月某日: 今月末に大野城市のままいるさん&アスカーラのバックアップを得てママじゃな特別編なるイベントをするので、準備をしております。どきどきわくわく。ウォーキングがてら図書館にいって、新聞いろいろ読んだり。放課後はサクの友だち、初めての子が遊びに来てた。

夜ごはんは、鶏手羽のトマト煮、キャベツとピーマンのミルク煮、野菜と春雨サラダ。鉄腕DASH、夏の恒例DASH島のリゾラバが面白いw 4人になったのは淋しいのう。山口のばかばかー!


●10月某日: 一周年を迎えたゆるマジ~! 「半分、青い」や緒方夕佳議員のこと、#metooのことなどおしゃべり。全体を貫く(?)テーマは、『子どもに見せられる?その姿』けっこう反響あった。
you tubeでも公開しています♪

【ゆるマジ】「子どもに見せられる?その姿」2018.10.2配信 - YouTube

 

で、お昼行きましょう~ってところで気づく、私、財布持ってきてないやん!! ランチをごちそうになり、丸腰じゃ不安でしょってことで1000円お借りして帰る…。夜ごはんは、ちくわ詰めポテサラ(お惣菜)、鶏ごぼうの混ぜごはん、にんじんラペ。

長月の十九 / 「半分、青い」最終回!

●9月某日: 「半分、青い」最終回~! 満足~! 




あ、鈴愛と律が「そばにいられますように」「俺でいいの?」なんつってハグしたとき、サクが「そうなると思った~!」と言ったよw

胸いっぱいな気持ちで、ダッシュでワーバラ勉強会へ。今日は『みんなで話そう! #me too』。想定よりたくさん参加していただいて、あわや資料が足りなくなるかとドキドキいたしました。

『みんなで話そう! #me too』 まとめ - moonshine


すばらしいプレゼンと映像資料、そして実りあるディスカッションだった。もっと多くの人に伝えたいと心から。ランチで引き続きディスカッション、こちらもちょっとくだけた雰囲気になってからならではの興味深いご意見が聞けてよかった。

夫とサクは、幼稚園時代のママ仲間が主催の防災イベントに行っていた。こちらもなかなか満喫したもよう。夜ごはんは、鶏のから揚げ、きびなごの素揚げ、鰆のカレームニエル、フライドポテト、コールスロー、オクラ、トマト。豪華じゃな・・・(もちろん夫作)。

『プロフェッショナル仕事の流儀』を家族で。湖池屋の佐藤章社長による子ども大学。すごく面白かった。検索がかんたんな時代、「自分に嘘をつかない」ということの難しさ。最後、子どもたちが開発したスナック商品のプレゼンには3,40人もの社員がやってきて真剣に聞いている。すごかった。

『みんなで話そう! #me too』 まとめ

f:id:emitemit:20181208171711j:plain

ワークライフバランスプレゼン勉強会、今回は『みんなで話そう! #metoo

宮村和秀さんのファシリテーションで、伊藤詩織さんが訴えたレイプ事件について、英BBC放送局が作ったドキュメンタリー番組について学びました。

最初に私の感想を書きますと、
「なぜ、このような番組を、BBCではなく、NHKなりTBSなり日本のメディアが作れないのか?
 また、なぜこの番組を日本のテレビで放送しないのか?」

 ・・・いろいろな理由や要素があると思いますが、ここに問題の本質が凝縮されているように思います。

今回は、この事件の概要をご存知の方、ジェンダー男女共同参画の基礎知識をもっている方がほとんどだったのですが、そうでない方と一緒に学んでいくことの必要性も感じました。

それでは、以下、ディスカッションや、書いていただいたご感想からご紹介します。長いです! これでも一部ですが。

【伊藤詩織さん事件について学んだ感想】

・頭がしびれるくらいの嫌悪を感じた

・涙が出そうになった。一人で見ていたら泣いていたと思う。

杉田水脈のような人を国会議員にしていてはいけない

・首相とその周辺、警察上層部への不信を新たにした

・イギリス人はこの番組をどう見ただろうか?

・1つの声が人々を動かし、一歩ずつだが法改正やムーブメントにつながっている。まだ、不公正、不正義を正すことができる社会なのだと感じた

・事件について初めて知った。この番組では詩織さんのほうに重点がおかれていたので、加害者とされる山口さんのほうの話も聞きたい。片方だけの情報なので、受け容れ難い気持ちもある。

【詩織さんについて】

・名前と顔を公表して申し立てすることの大変さ、勇気にあらためて敬意を表したい

・勇気ある行動にもっと称賛を送りたい。もっと多くの人に知って理解してほしい

・勇気ある告発者を孤立させてはならない。

・個人の問題に終わらせず、社会の問題として訴えている。すべての人が共有すべき。

【問題点いろいろ】

●女性に対する意識の問題

・女性を性的欲求を叶えるためのモノ・サービスだと扱う価値観を知らず知らずのうちに刷り込まれている。

・日本のポルノ文化の根底には人権問題がある。

・日本では自分の意見を表明する女性は女性らしくない・好ましくないという意識が根強い。それが性犯罪においても悪く作用しているのでは?

・女性が分断されている。「私には関係ない」と思って関心がなかったり、杉田議員のように「被害女性に落ち度がある」と思っている女性も少なくない。

●権力の問題

・性暴力の背景には権力構造がある。力関係が不均衡だということ

・レイプの加害者が首相周辺の人だから逮捕令状も取り下げられた。権力のある人が好きなようにできる社会は間違っている。

●社会の仕組みの問題

・警察の体制や対応の不備。マスコミや司法の在り方。被害者支援センターの数や規模など、国際基準のイギリスと比較すると、すべてにおいて日本の異常さがよくわかった

(井上補足:日本の警察官に占める女性の割合は8%。性犯罪を訴えても対応が男性警察官であることが多い。また、警察では等身大の人形を使ってレイプの状況を再現させられ、それを写真に撮られたりする)

・被害に遭っても、日本は発信しにくい社会。したとしても日本のメディアがきちんと報じないから、英BBCが番組を作ったのだろう

・イギリスの女性の性犯罪の告発件数は日本よりずっと多い。プライバシーをどうやって守っているか知りたい。

・被害者のプライバシーや人権、将来が完全に守られると保証されるシステムがなければ告発はできない。そんなシステムを作ってしまうと困る人が(男性社会に)いるのでしょう。

●その他

・性犯罪は身近な人からの被害のほうが多いことも知ってほしい

【どうしたらいいと思う? 改善策など】

●身近なところから・・・

・レイプのような重大犯罪だけでなく、電車内の痴漢や職場でのセクハラ発言、ルッキズムなど日常にあふれる問題を見逃さない、許さない。小さな問題を看過していることで「みんな我慢している」「あたりまえのこと」という認識になってしまう。

・痴漢には被害者に声をかける

・既得権をもつ人を変えるのは難しい。自分の子どもや周囲のお母さん仲間など、直接話せるような身近な相手と話していくことが大事。違う価値観の人とも話していくこと

・小さい時から性のことをタブーにしない。たとえば家庭で生理のことをどれだけ話せているか?

●教育

・学校教育で性犯罪についてしっかり教える

ジェンダー性教育はもちろんだが、根本的な人権教育、主権者教育がもっと必要。

●社会の仕組み、意識、政治参加など・・・

二次被害、三次被害を起こさない。

・傍観者は加害者側についているのと同じ。

・受動ポルノを規制する

・女性警察官をもっと増やす。刑事罰をもっと重く。

・制服をなくす

・法改正の必要性

・女性議員を増やす。女性の政治への参加をもっと増やしていく。

ひとまず、以上です。ご参加のみなさん、ありがとうございました!

たからものは、

f:id:emitemit:20181207184228j:plain

「たからものはなんですか」と聞かれて、息子が書いた答え
  『かぞく、かぎ』

うん、えーっと、鍵は、おいといて(笑)
「家族」と書いている子は多く、「友だち」とか 「みんな」と書いてる子もいた。

人が大事。命が大事。
小学2年生でも感じていることだ。
学校で、家庭で、大人から子どもへ 教えていることでもある。

でも、ちょっと視線を広げてみると 

外国人労働者の問題】
20代~30代の技能実習生の死因を調査すると、
溺死、凍死、自殺、心筋梗塞などであることが判明

週に120時間も働かされたり
職場で大けがしても病院に連れて行ってもらえなかったり

そういう事態には蓋をしつつ
入管法改正は審議15時間あまりで強行採決
今日にも成立の見込み

外国人だからしょうがないんだろうか?
私たち日本人の代わりに 安い賃金で
キツい仕事・危ない仕事をしてもらうために?

違うよね。

外国人をテキトーに扱う国は
正規雇用者も
低所得者
女性も
子どもも
ていうか ほとんどすべての一般市民も
弱い立場の人はすべてテキトーに扱うよね

・きのう
【改正水道法の成立】

民営化に伴って、参入するのは外国の企業だといわれている
水道代のアップはもちろん
老朽化した水道管など設備のメンテについても
コスパを重視した経営になるかもしれない

郵政民営化のときはあれだけ騒いで選挙もしたけど
水道については国会での議論もほとんどなく
いつのまにか成立してしまった

・今年の10月~
生活保護基準を見直し】

67%の人が受給額引き下げになった
連動して
福岡市では、就学援助基準も切り下げられている

・来年の10月~
【消費税が10%に】

2%をポイント還元しますよ~
でもその対象は、
キャッシュレスや、クレジットカードで支払する人
それって、低所得者や身寄りのないお年寄りには
なかなか使えないシステムだよね

・今年の夏
障がい者雇用の水増し問題】

多くの省庁や地方自治体が、何年にもわたって水増しを続けていた
すごく大きな問題だと思うけど
その後、詳しく調査したり、国会で取り上げる様子はない
報道もほとんどない

・今年の6月
働き方改革法案】

ブラック労働で亡くなったご遺族を前に何の答弁もせず
彼らの話を聞くこともなく働き方改革法案は成立した

小中学校の教員の過半数
過労死ラインを超える労働環境にある
しばらく前から指摘されているけれど
予算等が投じられる気配はない

こういう世の中に、いずれ私たちの子どもが出ていく
こういう世の中で 育っている
・・・と思って、暗い気持ちになることがある。

楽しく生きていたいけど。

大人として、親として
明るい未来を思い描いて語りたい。

でも、それは
『今ある問題に気づかなくていい』
ってことじゃない。

もちろん、ちっぽけな1人の人間が
世の中の問題すべてを背負うことはできない。
ニュースをくまなくチェックすることもできない。

でも、みんなが全部から目をそらしていたら
それらの問題はいずれ、私たち自身が当事者になる。

というより、子どもたちが いずれ
ブラック労働とか
低賃金とか
税金も生活コストも高すぎとか
食品も水も空気も安全じゃないとか
そういう暮らしをしなきゃいけなくなる。

「自分の子どもだけは大丈夫」
ってことは基本的にありえない。
今、わが子にどんなに手をかけても教育しても。

社会の中で仕事や子育てをして
社会のインフラを使い 法律や税制にしたがい
いやおうなく社会に左右されて生きていくんだから...。

と、考えると・・・
私たちにできることは・・・?



 

『獣になれない私たち』 7話

f:id:emitemit:20181206215345j:plain

シスターフッドが花開き始めている・・・!

6話の、呉羽から晶へのハグと「疲れちゃうね」。ぐっときた。

7話の呉羽は「晶に許してもらうために」ハグをする。ハグされる側の晶が、呉羽に与えている温もりがきっとある。甘えた調子の朱里がかわいい。ハグを受け入れられたあとも、「隣に座っていい?」と晶に確かめてから座っている。傍若無人に見える呉羽のもう1つの顔。

思えば、京谷を誘ったのも、術後最初のセックスってのが念頭にあったんだよね。不安を伴うセックスは、夫のタチバナカイジとも、恒星ともできなかった呉羽。

7話、晶から千春へのハグもすごくよかった。呉羽からもらったハグが心地よかったから、晶はきっと千春をハグしたんだと思う。ハグのリレーだよね。

夫は死んでしまうかもしれない、その恐怖に千春は1人で耐えてきたのだと、晶が兄弟に言う。兄は、弟とその彼女の痴話喧嘩だととらえている。違うのだ。晶はすでに京谷との別れを決意している。同じ女だから、心底から千春を庇うのだ。

晶から朱里に渡されたビールも、ハグの変形というかハグへの一歩だったんだろう。

晶 「京谷に出会う順番が違ったら私があなたになってた。京谷は目の前で苦しむあなたが重くて私に逃げた。私は愛されるために、かわいくて一生懸命な女であろうとした」 

朱里「私はあなたになれないから、より可愛くない女になってやった」 

晶 「私たち、誰の人生を生きてるんだろうね」

(そのままのセリフではなく、うろ覚えの大意です…)


京谷に出会うまで、愛された経験がなかった晶は京谷に愛されるために演じて耐えてきた。行くあてのない朱里は、居場所を失わないためにどんなに幻滅されてもマンションを出なかった。生きていくために、自分を売り渡してしまうことがある女の人生・・・。

そして、恋人の心を踏みにじる男。朱里をずっと住まわせてきたことには罪悪感を覚えいても、「最近の晶、かわいくない」なんて言葉はなんのためらいもなく言う。その言葉に、気弱で晶を女神と崇めるような後輩男子・上野まで同意するところに、京谷にしろ後輩にしろ、多くの男性が無意識に内面化しているミソジニーがのぞく。京谷の後輩、筧はそれを隠そうともしない。彼の場合、ミソジニーにプラスして自由主義的合理主義にも侵されている。

今回は、京谷の描き方にもちょっとハッとした。

「結婚して子どもを持ちたい。責任をとるとは結婚すること。妻子を養うために働くのが男の役目。父のように・・・。」 

そんな思考回路が、上司・橋爪部長との会話で露呈する。それは必ずしも京谷のせいではない。そんなロールモデルしか持てずに育ってきた男性は山ほどいるということだろう。それに異を唱える上司が「バツ2」という設定も面白い。彼は何度も失敗することで固定観念に気づき、人間的に練れたのだろう。

京谷の「最近の晶、かわいくない」を立ち聞きしてた松任谷さんが、「うっさいわ! かわいくなくて何が悪いんじゃボケ!」 その松任谷の言葉を立ち聞きしてた晶が、京谷に向かってその言葉をそのまま投げる。朝ドラ脚本家もびっくりの、華麗な立ち聞きパスからのシュート!

ヒロインの別れ話でこんなに晴れ晴れするドラマ、ひっさしぶりでは? 京谷の私服がめっちゃかわいかったのがまた、なんか切なくてね。だがしょうがないw

恒星の事情に今んとこ全然興味がもてないんだけどw 税理士や会計士として、人の会社の財務諸表や申告書をチェックして評価するような、まさに「他人のふんどしで相撲を取る」のを生業にしてる彼が、人の恋路に首を突っ込んであーだこーだ言うのはなんとなくわかるw そして京谷に殴られたり朱里にビールをかけられたりしているわけだw 

晶に関しては、2話で破産寸前の八嶋智人を簡単に退けようとしたように、他人事だと割り切れないんだよね。彼女の在り方にどこか痛痒を感じているから口を出してしまうんだろう。いつまでも涼しい顔してはいられないってことですね、この人も。

emitemit.hatenablog.com



長月の十八 / ユーコ(号泣)

●9月某日: 『半分、青い』、ユーコ(号泣)。声上げるくらい泣いた。朝ドラの登場人物の死でこんなに泣いたのは、『ごちそうさん』のかっちゃん以来だわ。

腰が、今朝、なんだかいい感じに回復してきた感覚。歩いても違和感がなくなった。夜ごはんは、さんまの塩焼き、豚汁、オクラ。魚焼きグリルにアルミホイルを敷いて焼くと、旨味が逃げなくていいってテレビで言ってたからやってみたけど、脂がこもりすぎて庫内の炎がけっこうすごいことになってきたので途中でとる。さらば、旨味w それでも十分美味しくて、サクもよく食べてたとのこと。

伝聞なのは、私ひとりで先に食べて、帰ってきた夫にサクをまかせ、19時から来月のパリテ法関連イベントの実行委員会に出席したので。20近い団体が集まってつくられた実行委員会。他の勉強会で何度かお会いしたことのある丹生さんが実行委員長なのか? 颯爽としてパワフルで明るくて、とてもすてきだった。なぜ私がここに来たかというと、イベントの最初にやる寸劇に出ることになったからなんですね。

もともと出演予定だった方の代役にご指名もらったんだけど、台本を見て納得。『半分、青い』のパロディであるw なんと私が笛を3回吹いて律を呼ぶのだww 


●9月某日: 3日連続で「半分、青い」で朝からメタメタ泣き。久しぶりにクソリプ対応もあり(笑)バタバタと家を出る。

ノリコさんとランチ。ゆっくりお話しするのは久しぶり! 末っ子ちゃんも大きくなっている。急遽お願いしたフラッシュさんライブの会場、引き受けてもらえたー!! うれしい。有難い。楽しみ。お願いしてみるものです・・・! で、フラッシュさんも含めてグループラインつくって数日、フラさんとノリコさんは同じ中学校出身、しかも在学時期もかぶっていることが判明するのだった(大分県)。イッツアスモールワールド!! 

夫の出張(という名のゴルフ接待)が台風の影響で中止になる。やったーい。夜ごはんは、アスパラの肉巻き、かつおのたたきステーキ大人は薬味たっぷり、スパサラ。

 

Eテレ「スイッチインタビュー達人達」 山田洋次・蒼井優

f:id:emitemit:20181205215626j:plain

山田洋次。しゃべるほうだけじゃなくて、蒼井優への相槌や、話を聞いて返す言葉もとてもよかったんだよね。すてきだった。

長月の十七

●9月某日: 週明けらしく、いろんな方面から連絡入ったり、こちらからも連絡したりでなんとなく慌ただしく日中が過ぎた。早帰り時制で下校が早い。お母さんが留守にしてる友だちが、うちに帰ってくる。ランドセルをからった(博多弁)まま遊びに来るのは子どもにとって特別らしく、サクも友だちも何だかうれしそうに帰ってくるのが面白い。

夜ごはんは、ピーマンの肉詰め、お味噌汁、小松菜の生姜蒸し。小松菜のは、サクから誕生日にもらった本のレシピ。夜、夫と樹木希林ファミリーヒストリーを見る。やり手で並外れたバイタリティの陰に悲しい経験を持つ母。髪結いの亭主気質で、結婚を機に勤めを辞め薩摩琵琶に凝る父。納得感ありすぎた。


●9月某日: 午後、お友だちの家でお茶。帰ると、ちょうどサクも下校してくる時間だったので、家のそばでちょっと待ってみると、クラスの子とじゃれながら帰って来た。スイミング、今日は昇級テストの日だった。そっか、今、数日分をまとめて書いててハッとした! キャップのワッペン(級を示す)をつけ替えないかん! 

サク、私の腰をおもんぱかってくれるのがいじらしい。サンキュー。

子連れ歓迎なフラッシュさんのライブを計画してて、友だちの家にお願いしていたのだけど、「ごめん!!運動会の予備日だった!!!」と急遽連絡が入る。おおお。友だちが提示してくれた別の日は、フラッシュさんのライブが折り合わず、冬は何かと忙しかったり子どもの病気とかもあるしねってことで春に延期を決める。が、その日フラッシュさんはまだ空いているわけで、あきらめきれず別の方に打診に走るわたくし。

夜ごはんは、パリパリ麺の皿うどん、いただきもののとうもろこしなど。これ、青森のとうもろこしらしいんだけど、目が覚めるほど美味しかった!! 夜、夫と飲んでしゃべって夜更かし。