葉月の七 / 「Life is mine」 垣内美希さんの歌を聞きに小倉「ぶらん亭」へ

●8月某日: 1か月ほど前から楽しみにしていたライブの日。なんと小倉まで遠征する。めあては、1年ちょっと前に偶然見て心撃ち抜かれた垣内美希さん。

ライブ出演の多くない彼女が、私が独身時代にもっともよく見たアマチュアバンドのひとつである「魚座」のボーカル藤井さんと同じライブに出るという。ちょうど祝日だから子供を夫に頼みやすいし、こんなチャンスはまたとないかもしれないと一念発起した。

で、ちゃんと計画的にwebで安い切符をとったはいいけど、準備にバタバタして乗り遅れそうになるっていうねw 駅構内まで走って走って、間に合ったー。

ひとりで電車に乗って普段は足を伸ばさない町まで行って、初めての小さなハコでライブを見るって、それだけで非日常、小さな冒険だ。ライブの音も、しみる。ライブの感想はまた別に書きたい。終わったあと、垣内さんや藤井さんと話す。福岡から来ましたというとマスターが大いに意気に感じてくれて、次々とビールをおごってくれる。

lifeismine.me


11時35分の新幹線で帰宅。夫とサクはというと、義実家に泊まりに行った。イトコたちも一緒に、夫の作ったタネで餃子を包んだり、打ち上げ花火をしたりして大いに遊んだらしい。よかったねー。

 

葉月の六

●8月某日: プール開放に行く予定にしてたけど、あまりにも空が真っ暗なので友だちと相談して「やめようか」って決めたら、その5分、10分後くらいにものすごい勢いで降り出した。ちょっと怖いぐらいに。よかったー。で、「トランプしたい」と言うサクに付き合ったら、なんかよくわかんないけど盛り上がって1時間ぐらいやってしまった。しまった、ってことはないけどw 

午後は暇つぶしに、「きょうの料理ビギナーズ」で見たアイスレアチーズケーキをサクと作ってみる。1分交代で泡だて器をふるいメレンゲを作るのにも慣れてきた我々。思いのほか美味しくできてテンションアップ。

サク「いくらでもたべられるな!」 

段ボールを切り出して、キュウレンジャーのスティンガーの剣(さそりの尻尾を模しているのだ)を作ってたけど、こちらもことのほか造形がうまい。夜は、セミナーから直帰の夫と待ち合わせて、焼き鳥屋。久しぶりの焼き鳥。でも、思ったほどの感動がなかったかも・・・。舌がこえたんかいな、私・・・。

 

●8月某日: 午前中、玄関を出たすぐそこに、謎の虫がはりついていた。足の数からして昆虫。帰ってから図鑑で調べたけどわからない。気になる~! 自転車屋さんでサクの自転車に空気を入れたあと、「すごい! かってにうごく!」と感動するサク。ごめんよ、そんなに空気抜けてるのに全然気づいてやれてなくてw 

午後は、サクさん、公民館で開催される「子ども教室」へ友だちと。「保冷材で消臭剤を作ろう」という講座で、すごく楽しかったらしく、帰宅するとさっそく2個目を作成。実演販売みたいに説明しながらやってみせるのが面白いw 

夜ごはんは、豚肉ともやしとニラとしめじの中華炒め。昨日の焼き鳥よりずっと美味しく感じる・・・。いいことかもしれんけど、なんかそこはかとなく悲しい。夫は飲み会だったんだけどさっくり終わって8時半ごろに帰ってきた。サク大興奮で次々と星座になりきる。「星座になりきる」っていう発想がすでに私にはわからないw そして星座の顔(星座の顔って…)が全部めちゃくちゃ怖いw 今日も世界陸上、見てます、見てますよ~。

 

福岡2区 候補者アンケート

(facebook投稿より)

10/18、今朝の西日本新聞、福岡 各小選挙区の状況が詳しく載っています。
それとは別に、22面に、2区の候補者アンケートがある! ラッキー♪
読めてよかったー。稲富さんの回答にぶんぶん頷けた。

f:id:emitemit:20171020220351j:plain


質問は、上から、↓のとおりです

・今回の衆議院解散について
・憲法改正について
・今回の選挙の争点は?
・現政権の地方創生策について
・選挙戦で訴えたいこと

稲富さんの回答では、特に以下のあたりが、もうほんと同感です! これが聞きたかった、という思い。

●(内閣改造後)所信表明も行わず、新大臣の答弁も一度もないまま、森友・加計問題隠しの解散

●憲法改正について議論を制限すべきではない。首相の解散権には制約が必要ではないか? 国会で審議することなく、ただ賛成か反対かという問いは国民無視の議論

●格差が拡大し国民生活は向上していない。少子化対策も小出しで改革は先送り。そんな中でアベノミクスを2021年まで継続させるのか?

●政治にも競争が必要。1強の安倍政権は生活に向き合う政治を忘れ去った


西日本新聞の調査による各小選挙区の状況は、基本的に全区で与党候補リードだそうで…。

2区は、

「1歩抜け出す鬼木さんを稲富さんが猛追している」
「鬼木さんは中央・城南区でリード。18・19歳からの支持で圧倒」
「稲富さんは無党派層からも4割を超える支持。20,40,50代の支持でリードし、南区では鬼木さんに肉薄」

とのことです。

各区、こんなふうに詳しい情勢が載っていますよ。

比例代表の投票先を県内で調査したところ、

・自民が30.9%。公明が11.0。あわせて約42%ですね。
・希望は9.9(←こんなにいるのね…ちょっと意外だった)、立憲民主が9.8、共産が4.9、社民が0.8 あわせて約26%か…。

でも、「わからない・無回答」が、30.5%いるわけで、この人たちがどれくらい選挙に行くか、どこに投票するか次第で、大きく変わる・・・・はず、ですが・・・どうなりますか。

どうしても選挙関係のポストが多くなって、ごめんなさいね(って、なんかこう、謝りたくなるこの感覚は何でしょう)。

 

葉月の五 / へび使いのモリスとか

●8月某日: 女子10000決勝のアヤナが速すぎて笑うしかないんですけどw もしかして全員を周回遅れの刑にした? ディババが「まあ、あの人はほっとく感じで」って感じで最後に美しいスパートで2位、ゲンゼベちゃんだと思ったらお姉さんのティルネシュの方だった。出産を経て復帰したらしい。相変わらず綺麗♪ 

女子棒高跳び、「へび使いのモリス」という愛称にサクが敏感に反応。アメリカのモリス選手が家で蛇を飼っているらしい。「といっても、へびをかってるだけなら、つかいじゃないよな。へびかいだな」と言っていたが、のちにVTRで愛蛇とモリスちゃんの様子が映ったら、へび、思った以上にでかい! おしてモリスの腕に肩にぐるんぐるん巻き付いてる、モリス超笑顔~! 「こ、これはへびつかいだな!!」とサクも脱帽。

f:id:emitemit:20171020184057j:plain

(サンディ・モリス。美人やろ?)


午後から幼稚園へ。今度、未就園児のお母さんたち向けに、ちょっとしたミニトーク?をすることになり、その打ち合わせ。年長時代の担任の先生から電話をもらって、そのS先生とF先生の2人くらいかなーと思ってたら、先生たち全員出席での打ち合わせでちょっとびびる。でも、幼稚園なつかしい。幼稚園の話してるだけで癒される~。

サクは、スイカを食べたり、積み木を摘んだり、持って行った絵本を読んだりして、いい子で待っていた。まあ、こういうときにガマン(?)がきくのがいいところでもあり、時にはしんどいことでもあるんだろうと思うんだけど、終わった後は先生たちといろいろしゃべったりして、帰りに「めっちゃたのしかったー!! あのへや(職員室)にはいったことあるの、こどもでおれだけやない?」と興奮状態。

夜ごはんは、餃子、チャーハン、オクラときゅうり。夫は飲み会。ついつい夜更かしする。瓶漬けの梅干をちょっと試食してみたら、あら! いけるじゃないの!! まだしょっぱいけど、これもうしばらく置いたら好きな味になりそう!

 

●8月某日: 今日は何の予定もないし、何もしないぞと決める。毎回、長期休みは最初こそちょっとがんばるものの日を重ねるにつれて「何もしない日」が増えていくのが常。性格が出るよねw しかも世界陸上やってるから、どこにも行かずにずーっと家で陸上見てたいな、っていう気持ち。

散歩がてら、サクとスーパーとか文房具屋とかだけ、行く。買い足すものがあって、文房具屋へは結局2回も行った。サクは紙粘土でハクトウワシを作っている。

夜ごはんはドライカレー。茹でとうもろこし。オクラときゅうり。きゅうりはドライカレーにも入っている。夏は、きゅうりかズッキーニかどっちかを入れるとすごくおいしく感じる。今日は早く寝ようと思いつつ、facebookとかしてたら断然遅くなってしまった…。

 

葉月の四

●8月某日: というわけで(前日参照)、サクは夫とキュウレンジャー・ザ・ムービーへ。封切り1本目を見に行くという前のめりさである。はじめ、劇場内に充満する甘いポップコーンの匂いに具合を悪くしていたらしいけど、本編が始まるとよみがえってそれはそれは堪能したそうな。9人連続変身、とかのとき、オオオオオオオ!とテンション上がりすぎておかしくなりそうだった、と夫の談。同時上映のエグゼイドは「もういい」と見ずに退出したとのこと。キュウレンジャーが先でよかったね。

私はその間、ランニングに出たりしたんだけど・・・今日は3キロでしまいにしました。ええ、命を守るという観点です。昨日今日と福岡の暑さやばい。

男子10000m、熾烈な戦い。ファラーの薄氷だけどきっちり勝ちきる姿に泣いた、泣いた。夜ごはんは、イカとしめじの辛いパスタ、豆アジの南蛮漬け、オクラ、きゅうり、トマト。夫よ今日もごちそうさまです。

 

●8月某日: 5時半に起きて男子100mの決勝を見てボーゼン。ガトリンの涙にはぐっときたけども。コールマン2位、ボルト3位であった。スタジアムも騒然とした雰囲気で、寝なおそうと思ったけど寝つけん!! 

夫の実家へ。名古屋から夫の妹と子どもたちが帰省してきている。みんなで昼ごはん。年長の女の子のおしゃべりがすっごく女の子っぽくて、ほんと面白い。私はかなり久しぶりに会うのに、すぐ手をつないで引き回したりして、人なつこい。部屋の中で遊びまわった子どもたちが汗びっしょりになったところで川へ。今日は何だかメダカ?稚魚が多くて捕獲祭りだった。ただ日差しがなく水温も低く、小一時間で震えだして終了。ああ、昨日おとといだったらすっっっごく暑かったのにねえ。その後は畑ですいかを収穫。すっごい育ってた! 

夜ごはんは、いわしの塩焼き、味噌汁、大根おろし、オクラとトマト。丸オクラをたくさんもらってきた。うれしい~。

 

『おんな城主直虎』 第41話 「この玄関の片隅で」

f:id:emitemit:20170109220807j:plain

 

はぁ~。もう41話だなんて! 虎松の物語はまだ始まったばかり。ここからあと1年やってもいいのよ? やるべきじゃない?!

材木というネタをここまでやりぬくと、当初誰が想像したでしょうか。また材木! いいよいいよ。材木、それは、近藤との因縁の発端だった。あのとき、直虎は(かしらを助けるため)結果的に但馬と結託して近藤をだました。今回は、近藤に筋を通すために、井伊の名を継ぐ万千代の手柄を潰した。

「今ここは近藤の領地。杉一本たりとも勝手に切り出すことはできない」という手紙の文章が切ない。その文章が読まれながら、画面には、「近藤の名において」供出するために、立派に育った木に印をつける作業をする直虎が映る。以前、之の字が「これらの木はご先祖様たちが遺してくれた大事なもの」みたいなことを言う場面があったよね。

その手紙を方久に託す展開がまた、いい。あの戦のとき、直虎に黙って今川につこうとしたのち、徳川に泣きつき、結局徳川からも見捨てられて、城内の者をほぼすべて死なせた方久。カーンカンカンと鳴いて見せるものの、目が一向に笑っていない。直虎の手紙に驚き感嘆する家康に、「井伊が今の形で収まるまでにはさまざまなことがありました。家臣を死なせ家を失い私怨を乗り越え・・・・」というセリフ、ちょっと泣けたわよ。

今回、直虎と家康とは相似形なんだなあとあらためて思った。今、感情のすべてが顔に出る、浅はかな虎松。でも直虎も昔はそうだった。とても未熟なまま領主になりたくさんの失敗をした。家康だってそうだ。人質生活が長くて家中をまとめる器が足りなかった。未熟な2人が交わったのが、あの戦のときだ。直虎は政次を死なせ、家康は戦にこそ勝ったものの、家臣を制御できず、壊れゆく井伊に対して一言も発することができなかった。

今、直虎は成熟し、実際に領主だったころよりも良いはたらきをしているかもしれない。同じ成熟が家康にもある。虎松と相対する家康の貫禄。虎松から見ると、優しく立派なだけではなく、おそろしさも感じるだろうなという芝居を、阿部サダヲがうまーくやっている! 阿部サダヲは本当にすばらしい!! 

虎松が最後に「2人まとめて殺ーーーす!!!」と叫びじゃくっていたとおり、直虎と家康とは2人して、虎松の慈父であり厳父なのだなあと思った。大きな心と長い目で見守り、時に壁として立ちはだかる存在。この2人に育てられて成長していくのだね。井伊直政は一日にしてならず。

それにしても、虎松=万千代=菅田くん。すっばらしいね(by 過保護のカホコ)。感情のすべてが顔に出る演技が、ほんとにくどくてやりすぎなんだけど、それがイイ。あ、私はこれから最終回まで、むやみやたらに菅田くんを褒めて愛おしむと思うので(ファンなので。)、めんどくさい人は適当にスルーしてくださいねw

森下脚本の登場人物って、とにかく、主要キャラにおバカだったり鬱陶しかったりこざかしかったりという負の側面を与えまくるもので、そこにハマれるかどうかが大きいんだけど、万千代くんもその最たる例でありながら、このチャーミングさはどうでしょう。

家柄のしっかりした小姓さんの話を聞いて、掃除しながら、顔が、顔が鬼瓦になっとるぞww 大久保忠世さんのぼやきを聞きながら、顔が、顔が悪巧みをするガキんちょにww 縁側の下に潜んで主君の草履の鼻緒を切るという小細工が似合うことw

そして、「私はもう15です」とイキガった舌の根も乾かぬうちに、「15の健気な息子の頼みを~!!」って、ほんっとうに、これだから子どもはwww 「裏から手をまわしおって~!!」って、それ、君が松下でなく井伊を名乗るために使った手と同じだよww

じたばた暴れるのを亥之助にずだ袋みたいなので押さえつけられて、それでもなお暴れる図、これほんとすばらしいよね。見えてるのは細っこい腕と脚で、その頼りなさと裏腹に、はちきれんばかりの荒ぶる魂が見える。そして亥之助のことをめっちゃ応援したくなるw

ノブこと本多正信が加入した玄関。人の真価は見た目ではわからないこと。唯一絶対はなく、いろんなやり方があること。情報の取り方。そんなものが見えた。万千代はたぐいまれなる上昇志向とバイタリティ、才気を持っているけれど、そんな才ある若者に対して年長者の一日の長を一貫して描くのがよい。おとなしく鈍重で凡庸で…のような六左衛門も、身を粉にして誠実に働いてきた長い月日の経験があるから、己を生かせる道が見つかったのだ。

それにしても材木。延々とやってきた材木ネタが、長篠の柵につながるなんて、ほんっとうに構成に長けた脚本だよな!!!!



サブタイトルは「この世界の片隅に」からだよね。こんな新しい作品も入れてくるなんて、目配りがさすが。

葉月の三 / 『夏休みの巨匠』

●8月某日: 以前から、キュウレンジャーの映画が封切りになったらお父さんを見に行くことを楽しみ意思ているサク。彼の映画デビューをキュウレンジャーにしてなるものか・・・!

と思ったわけではないけど、たまたま今日、福岡市総合図書館内の映像ホールで『なつやすみの巨匠』の上映があるようなので、見に行く。いくつか乗り継いで行くので、私にしては珍しく時刻表なども調べて計画的に行った。

映画は、クラウドファンディングで資金を集め、福岡出身の監督がオール福岡ロケで撮って2年ほど前に公開されたもので、いわゆる「ひと夏のボーイミーツガール」的な。

f:id:emitemit:20171018201955j:plain

主人公が小学校4年生くらいの男の子で、仲間が何人かいて、綺麗な女の子と出会って、反発しつつ仲良くなって、事件が起きる。博多華丸とか国生さゆりとかリリー・フランキーら、九州出身者も出演。オール博多弁で繰り広げられる子どもたちのドラマに予想通りサクはひきつけられて、112分の上映を最後まで見た。2時間って長いから、きつくなったら途中で出てもいいよと言っといたんだけどね。

面白くて笑っちゃうシーンもドキドキするシーンも、盛んに横の私を見て笑ったり息をのんだりしてみせる、こういうリアクションって親にとって宝物みたいになる思い出なんだろうね。

図書館の子どもの本コーナーでお互いにしばらく本を読んで、2Fの郷土資料や古い新聞のコーナーも冷やかして、帰る。夜ごはんは、鉄板焼き! おいしい豚肉のほか、ピーマン、たまねぎ、もやし、かぼちゃ、しめじをいっぱい焼いて食べた。オクラとキュウリとトマトはサラダで。

 

【ゆるマジ】 vol.2 修学旅行から始まるエトセトラ

facebookにてライブ配信した、15分ほどのおしゃべり動画です。
テーマは【修学旅行】ですが、もちろん(?)話は脱線もあり、内容は…↓

「修学旅行のゆき先、今むかし」
「長崎は今日も雨だった?」
「福山雅治・さだまさし」
「原爆資料館」
「週末は衆議院選挙」 など。

九州以外の方って、修学旅行、どんなとこ行くんだろう? 知りたいなあ。

https://www.facebook.com/akiko.ganse/videos/1470045559743484/


f:id:emitemit:20171017223503j:plain

葉月の二

●8月某日: お父さん、ひよっこが毎日修羅場です(みね子のナレーション風)。

思い立ってメガネを新調する。もうだいぶ前から考えていたんだけど腰が重い私。テレビを見たり子どもを遠くから見るとき(授業参観とか)、そしてたま~にの運転以外はほぼ使わないので、ついつい12年くらい同じものを使っていた。というか今でも十分使えてるんだけど、フレームの、特に耳にかける部分がいいかげん劣化している。

ひさびさの視力測定は右が0.1、左が0.2。日常生活では裸眼なので心もとないこともあるが、メガネ業界に行くと「うらやましいほど視力がおありになるので、レンズもとても薄くできますしすぐにお持ち帰りいただけます」と褒められる不思議・・・w

サクは数か月前にやめた「鉄おも」の代わりに購読を始めた「テレビマガジン」の最新号を買ってホクホク。昼ごはんのあとは根をつめて一人で付録を作り上げていた。ひとっつも手伝わないのに完成度高い。というか集中力と手先の器用さを分けてください(私に)。

録画しといたEテレ『落語ディーパー』面白かった。東出くんの適材適所感がすごい。落語の魅力を増し増しに伝えてくれる。来週も見るぞ。夜ごはんは、豚ともやしと卵のオイスターソース炒め。オクラとトマトときゅうりのサラダ。カレー豆。酷暑なのでオクラとトマトとキュウリが欠かせません。

 

●8月某日: 午前中、猛暑の中をサクとよく歩き、自転車にも乗った。買い物したり、眼鏡を取りに行ったり。サク、元気。私は帰るとぐったりする。昼ごはんは納豆チャーハン。「あー、これか・・・」と言いつつ、まあまあよく食べるサク。な? けっこううまかろ? 

今日も「キュウレンジャー」を1話見た。「さらばスコルピオン」悪魔的なものに魂を売った生き別れのお兄ちゃんと戦って斃し、傷心のスティンガー(さそり座)が、ラスト、みんなの二頭身お人形をちくちく縫って作り上げていたことが判明。「裁縫はさそりのたしなみだ」とか言って。ウケた。

夕方、どんぐり文庫へ。2年生の男の子がなぞなぞ問題を出した後、絵本「かにこちゃん」とストーリーテリング「エパミナンダス」。これ、何度聞いても面白い。子どもたちも悶絶気味に爆笑。お話のろうそくを消すべき8月生まれの子が誰もいなかったので、7月生まれのサクが再登板した。夜ごはんはあなご飯、あじの干物、冷ややっこ、きゅうり。 

かにこちゃん (はじめてであうえほんシリーズ)

かにこちゃん (はじめてであうえほんシリーズ)

 

 

【だらだら】 浮動票はどう動く?

うちは福岡2区。元・民進党のいなとみさんが希望の党から出ると知って絶望してた。

希望の党と前原氏の合流経緯にはまったく大義がないと感じている。
当選すれば国会で希望の党(与党と連立する可能性すらある!)の法案に賛成するのかぁ…と思うと、「候補者と党は関係ない」とはやっぱり言えない。

とはいえ、朝、近所の駅に立っている姿を見ると心が揺れる。駅に立っている…というか、駅周辺を走り回っている。階段を駆け上がったり下りたりしながら。そんなのパフォーマンスに過ぎないともいえるけどさ。

そういう親しみをもって、別の駅前での彼の街宣を見たとき、立ち止まる人の少ない、やや淋し気な状況に気がもめる。福岡の平日昼間の駅なんて、人通り少ないものだとはいえ・・・。

「やっぱり無党派層はさ、勢いがあるところに投票しようって心理、あるよね?」
と夫に言うと頷いてた。

元気で、弁舌がさわやかで、人望がありそうな「雰囲気」に頼もしさを見る。覇気が薄く、言葉が聞き取りにくく、周囲に人も少ない候補者は「負けそう」に見えて、何となく遠ざかりたくなる。

で、マスメディアの報道。
自公で過半数どころか300議席獲得の見込み。
んで、福岡は、全11区中、10区が自民党有利の見込みですって!

我が2区だけが自民(鬼木さん)と希望(いなとみさん。でも希望という名の絶望かも)で激戦展開中なんですって。

おおぅ・・・やっぱりそうなのか・・・ 

●前述、「勝ち馬に乗りたい」心理
●「党」ではなく「人」で選ぶと結果的に自民候補者に
●野党は頼りない、消去法だとやっぱり自民
●北朝鮮の脅威に対処できるのは野党ではなく自民…

浮動票も、上記のような理由で与党に投じられることって多いんだろうね…
前回、前々回の国政選挙もそうだったんだろうね。

◆2014衆院選:
(集団的自衛権行使を容認する閣議決定のあと)
475議席中、自民291+公明35=326議席

◆2016参院選:
(秘密保護法や安保法案の成立のあと)
242議席中、自民121+公明25=136議席

この選挙結果を、与党…特に現首相は「白紙委任された」と受け止めている。

だから、

「国民を納得させる必要を感じていない」
「国会での議論や説明を十分に行わない」
「押し通すことに慣れている」
「時が経てば忘れてくれると思っている」
のだろう、と、10/6朝日新聞に作家中村文則が寄稿していた。

与党のずさんな国会運営や文書管理、恣意的な言葉の言換えが空恐ろしくて、私は現政権を支持しないんだけど、有権者の投票行動(棄権や白票も含めて)が、横着な政権運営につながってるんだろうなとも思う。

でも、単なる無関心とかムード重視じゃなくて、

「いろいろ考えたあげく支持できる党や人がいない」
「とにかく生活に精一杯で考えるヒマなし」
「教育や報道の不足・偏向によって排他的に」

という人も多いんだろうなあ。

大学でアンケートをとると、
「政治わかんないから、間違った投票をして世の中を悪くしたくないから投票しない」
という学生さんも少なくないんだって。

ふう・・・。どうしたらいいんだろうね。どうもならんな。

f:id:emitemit:20171016180526j:plain


与党のポスターには「この国を守り抜く」と掲げられているけれど、そのスローガンの前に、カッコ書きで

(国民の犠牲を出しても)

がついてないことを祈るばかり。
なんたって、彼らの政権では常に自己責任が標榜されてきたから。

希望の党は支持しないけど、自民党の議席が多くなりすぎるのもやっぱり怖いのだ。

(というわけで写真、比例は立憲民主党に入れたいんだけど、立憲民主党が全員当選しても数は限られるので、野党の議席を増やすには比例は共産党に入れるべきだともいわれてますね・・・)