読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長月の十五 ・ 神無月の一 / 日田へ

日々

●9月某日: 今日も雨・・・。よく降る。とと姉、ラス前。すばらしくて泣く、そして笑う。高畑充希以上の私好みの朝ドラヒロインに当分出会える気がしない! 

さて今日は夫が午後休。納豆チャーハンできた瞬間に帰ってきた。引き続き雨で、車で幼稚園の迎えに行ってくれる。近所の友だちも一緒に送っていく。いったん帰って、準備して、3時ごろ家を出て日田温泉へ。車中、ハイテンションでしゃべりまくっていたサクは45分ほどで力尽き睡眠。金曜日の昼下がりだもんね。私は出発したすぐから眠くてたまらなかったが、サクの相手をしてたらだんだん眼が冴えてきた。

三隈川沿いの温泉宿に到着、幅広の川には屋形舟がずらりと並んでいる。

「雨があがったから舟が出ることになりましたよ」と名物の鵜飼いの舟について教えてくれる。風情だ。川沿いを散歩してトビウオのように水面を跳ねる小さな魚や、黒いヒラヒラした羽のなんとかトンボに目を奪われたりしながら公園に向かって歩いていたら再び雨が降り出し、走ってホテルに戻った。

家族風呂(露天で2か所、蚊に刺される)のち、部屋で夕食。鮎の塩焼きと小鍋をあたためて食べるすき焼きという川そばの温泉宿の鉄板メニューのほか、存外に肉厚の刺身、そして変わったところできびなごとごま豆腐の天ぷらが美味しかった。ビールをほどほどに飲んで、ちょっとがんばって起きてたサクを寝かしつけるのと同時に夫婦して寝てしまう。


(初めてのダイヤル式電話におっかなびっくり) 


●10月1日: 温泉宿で起床、窓からの朝の景色が素晴らしい。少し曇っていて、集落の背後の山に雲がかかっているのもいい。男女に分かれて大浴場へ。あとから部屋に戻ると、ルンルンで入っていたらしいサクがのぼせてダウンしていた。

というか、なんとなく起きた時から少し様子がおかしかった気が・・・? 「とと姉ちゃん」最終回(あーもうすばらしかった!)を見届けて朝食を食べに行くが、何も食べたくないと水のみ。私たちも急いで食べ終えて、チェックアウトの時間まで部屋でごろごろする。


(日田はひな飾りの街。ホテルのロビーには一年中、さげもんが飾られている)

車でちょっと走って豆田町に移動、お腹がすいてきたサクが言うので天然酵母のパンのお店(薫長酒造がやってるらしい)でブランチ、私たちはコーヒーを。さすがにすっごくうまくてサクのテンションもあがり、そのまま豆田散策。とはいえサクの体調を見ながらでゆっくりはできなかったけど、スタンプラリー目当てに入った歴史資料館(江戸期:旧家中村邸~昭和初期:古賀病院)やら、天領日田資料館やらすばらしかった。咸宜園の廣瀬淡窓はもちろん、書家や画家の作品も収められていたが、江戸の三大農学家のひとり大蔵永常の著書や、秀吉による朱印状や、三隈川の治水のための図、ほかに江戸期の借用書や土地売買証書など実用的な文書・図面などがたまらんです。

豆田は全般に古い建物が本当にたくさん残っていて、15年ぶりくらいにちゃんと歩いたけどかつてよりずっと面白い気がしたし観光客へのアピールもよくされていた気がした。

水がおいしいところなので、酒造のほか、味噌や醤油のお店も多くて、試食(試飲?)させてもらった味噌汁があまりに美味くて、夫と協議した結果「買う?」「誰に?」「うちに!」「だな!」ってことで自宅用に良いお味噌を買ったり。


(味噌と醤油のお店には、お雛様ギャラリーコーナーも。高貴な古今雛。)

15年前に来た時、超怪しげで、それこそ遣り手婆ぁみたいに思えたおばちゃんが古く生々しい春画をこっそり見せてくれたお店は・・・もうどこかわからなかった。

さて、うなぎ屋さんで焼きうなぎおにぎりを調達し、朝倉のほうの低山にちょっと登る予定だったのだが、それを楽しみにしていたサクが、また元気なくなってる。やめとこか?と聞いてみると青い顔で「うん」。はたして、その5分後にリバースしたよね…。車中だったんだけど、すべて受け止めることができて内心とってもホッとしました。

するとスッキリしたようで、すぐにうとうと、眠り始め、車は日田ICから帰路についたんだけど、その5分後、猛烈な雨が降り出した。視界が真っ白で前の車も見えにくいほどで、だいぶ怖かった。まあ運転してる夫は落ち着いてたけど。山登りどころじゃなかったっすね。2時ごろ帰宅して、まったり。といっても、とと姉ちゃんの最終回について胸いっぱいの思いをツイートし続けたりしてたんですけどねw 

夜ごはんは、イカのパスタ、地鶏グリル、キャベツとインゲン、オクラ、そして天然酵母のパン。サクもよく食べた。「ブラタモリ佐渡の回を録画で。そりゃ佐渡の金山がすごかったのは知ってるけど、あんなにも栄えていたとは! Nスペでディーン・フジオカがナビゲーターやってたティラノサウルスの特番も見た。サクのために録画したんだけどすごく面白かった。私らが子どもの頃・・・30年前のイメージとは全然違ったりする。なんたってティラノサウルスの全身は羽毛に覆われているのだ!

 

 

長月の十四 / 「関ジャム」にユニコーン

日々 テレビ

●9月某日: 朝から雨。よく降る。幼稚園に送り出した後、運転免許の更新に。引き続きゴールド免許だが、前回と違うのは、この5年間の間に20回くらいは運転したことだw 10時から受け付け開始のところ10時半ごろについたら、整理券が配られていて70人待ち。

延長保育をお願いしていたサクのお迎え。相変わらずよく降っていて、歩いて迎えに行き、帰りは路線バスに乗る。大雨の中、子どもの足ではバス停まで10数分かかるが、文句も言わず弱音もはかずとことこ歩く。幼稚園の中にいるとすごく大きくなったものだと感じる年長児だけど、となりを歩く傘の位置はまだまだ低い。なんだかんだ、迎えで1時間近くかかった。ふう。びしょぬれなのでそのまま風呂に入る。

夜ごはんは、ぎょうざ、ししゃも、厚揚げとごぼうと人参の煮物、インゲン胡麻和え。「関ジャム」ユニコーンの回を見る。民生が弾くと手クセになっちゃうからまずはギターは置いて作曲してるとか、各々が作った曲をまずは持ち寄って飲み会をする(が、特に互いの曲について講評や感想を述べはしない)など、初めて知る話もいろいろで面白かった。で、即興での曲作りと演奏も含め、おっさんたち反則ぎみにかっこいい!と思うけど、別に反則でも何でもなくておっさんたちは長年自分たちで積み重ねたものでかっこいいだけだった。卵がけごはんの写真をモチーフに作った「かきまZ」がサクにもウケる。こののち、我が家の車でユニコーンのアルバム「シャンブル」がヘビロテになる。サク、「WAO!」をめっちゃ気に入る。 

シャンブル

シャンブル

 

 

子ども寝てから、「知恵泉」で小林一三JR九州の社長が出演)、スマステ坂口健太郎ゲストの回など、夫とちびちび飲みながらいろいろ見る。

●9月某日: 今日も雨・・・。サク弁、ごはん、卵焼き、麻婆ピーマン、かぼちゃサラダ、ごぼうとにんじん煮。最終週のとと姉ちゃん、(おそらく)常子と花山の最後の時間がすごすぎて・・・! 

幼稚園から帰ったサク、ひとこと、二言目くらいに「かべ(からスタートする)なしでたけうまできるようになったけん、おかあさんにみてほしい。」 かわゆいね、小さい子って。夜ごはんは塩焼きそば、豆腐としめじとインゲンの味噌汁、オクラ。オイスターソースを切らしていたので適当に作ったけど塩焼きそば好評でした。でしょ?でしょ?おいしいでしょ? 私はソース控えめの焼きそばが好き。





そして早々に録画を消去していた…。坂口健太郎が出てくるの、ちょっと見たかった気もする。

 

長月の十三 / 「がんばりマメ」 順調に激痛

日々 saku

●9月某日: 午前中のんびり。






普段使いのカジュアルなバッグを夫に買ってもらいました、サンキュー! イムズでお茶して、P2(ペットショップ)とソリッドアンドリキッド(本屋ほか)。昨日から何となく痛かった首の寝違えが、今日になって本格的に痛い…。夜ごはんは、あじの干物、大根おろし、味噌汁、いんげんときゅうり。真田丸「昌幸」の回。

●9月某日: サク弁、ごはん、ソーセージ、卵焼き、ひじき、かぼちゃサラダ、ナスのトマト煮。寝違えた首がちょっと治ってきた。デンマーク研修のリポートのリポートを書いている。暑い。気温も高いし蒸している。

幼稚園の迎えに行くと、子どもたち走る走る。運動会に向けてよくリレーやってるらしくて、走るのが楽しくてたまらないみたい。誰かが履いてるぞうりを脱いでバトン代わりにする姿を毎年見る。伝統か・・・。

借りている「ふしぎなたけのこ」を今日も読みきかせてたんだけど、これ、読み聞かせてても面白いんだよね。展開もだけど、文章もよくて。 

ふしぎなたけのこ(こどものとも絵本)

ふしぎなたけのこ(こどものとも絵本)

 

 
夜ごはんは、夫が昨日仕込んでくれていたカレー。夫は飲み会で不在だったのだが。すっごく辛い! すっごく美味しいけど、夫は食べれるのかなーと心配になる辛さ。子ども分はもちろん甘く。おかわりしてた。新幹線の座席にヘビがいたというニュースを見て、サクと盛り上がる。

 

●9月某日: 夫が米を研ごうとして誤って床にぶちまけた音と叫び声を聞いて、サクが早起きする。てか、朝から米を研いでくれてありがとう夫。今日は研修先に直接行くため遅出の彼より先に、私とサクが幼稚園に出発。昨日に引き続き、そして昨日よりもっと暑い。夏のようだ。炭酸水飲む。デンマーク研修のリポートのリポート、写真を選んでレイアウトしてアップしてfacebookで拡散ー。作業ですね。読んでもらえるとうれしいです。

幼稚園の迎えに行くと、サクが足のマメの激痛に喘いでいた。



がんばった甲斐あって、だいぶ乗れるようになったらしいです。先生「今日はサクちゃん意地を出したよ~(仲良しの)○○くんと○○くんを追い抜かしよった」 本人と先生だけじゃなく、クラスの子が私にまで報告してくれるのがかわいい。「さくたろー、めっちゃすすめよったよ!」 

サクもよく言っている。「○○はきょう、45ほもすすめた!」「○○は3しゅうできた!」「○○はかべなしでいけた!」(壁に背をつけた状態からスタートしないでできる) みんなで刺激し合いながらやってるようですね。自分ができたのも友だちができたのも興奮気味に語るサク。しかし当然ながらお風呂で激痛にのけぞっていた。

夜ごはんは、豚とごぼう(と玉ねぎ)の柳川風っていうの?たまごとじ。キュウリとオクラ。すごい雨、そしてものすごい雷が連続して鳴り響く中でサクが一瞬で寝る。

 

長月の十二 / 食わず嫌い王に「怒り」チーム / デンマーク研修リポート

日々 ネット

●9月某日: 運動会が近づいているのもあり、みんな張り切って朝早めに登園している。サクも例外でなく。自転車は途中で降りて歩いて(走って)行く。

降園後は竹馬の練習をしたり。年長さんが運動会で披露するんである。裸足の親指と人差し指の間でぐっと竹をとらえなければならず、練習していると必ずマメができる。それを園では「がんばりマメ」と呼んでいる。これができたらがんばって練習してるってことで、マメがなおったら足がもっと強くなり、もうすぐ上手になるよ、と。サクの足にもきました、ガンバリマメ。痛い痛いといいながらちょっとうれしそうなのがおかしい。

夜ごはんは皿うどん(パリパリ麺)と味噌汁、きゅうりなど。とんねるずの食わず嫌い王スペシャルに『怒り』チーム。2人来りゃいいのに4人もきて、世界のケンワタナベを含んでるんだから気合入りまくってる映画である。夫が「妻夫木の好感度の高さハンパない・・・・」と感心してたけど、どっこい綾野剛もしっかりしたコミュ力を持ってるよなあとこういう番組見てると思う。2人とも、タイプは違えど営業マンやってもトップセールス叩きだす人材やで…。で、罰ゲームに2人で仲良くパイぶつけ合ってハッピーエンド。ナベケンさんはともかくあおいさんのパイ投げはさすがに見たくないので最高のシナリオでした。

 

●9月某日: 10時より、幼稚園の友だちまりちゃんのデンマーク研修報告会@那珂川町。30人ほど集まっていただろうか、パワーポイントでいろんな画像や図表を示しながらの1時間の立派な報告に感動! 内容も豊富でメモを取るのが忙しかった。すばらしい発表のあとのディスカッションで感嘆を述べて(せっかく行ったんだし何か一言言おうと思うタイプ)、閉会後はまりちゃんやお姉さん、報告会の司会を務めていた那珂川町の議員さんなどともお話する。

詳しくは「ママじゃな」にて。

その間、サクと夫は歯医者に。今回の患者は夫で、サクはキッズスペースで待っていたそうな。11時半からの予約だったので「お昼はどうするの?」と聞くと夫「おにぎり作って弁当詰めて持ってって、大濠公園で食べるわ、今日は夜が外食だしな」って100点満点だな。

夜はイタリアンのお店に。今日は私の誕生日なんである。高砂の、北イタリア料理のお店。美味しかったー。前菜盛り合わせ、フォカッチャ、トリッパと白いんげんの煮込み、肉団子のトマトソースパスタ、骨付きシチリア豚のカツレツ。ビール、赤ワイン。う、うまかった…。

サクがお手製の誕生日プレゼントを持ち込んでいてくれて、ひと皿食べ終わるごとに、ひとつずつ出してくれる。折り紙で作った苺アンパン(別に私は苺もアンパンも特別に好きなわけではないがw)、ペンギン、オオワシオオワシのエサの魚たち、折り紙に書いた「おたんじょうびおめでとー! うんぬん」のメッセージ。ありがとねw

帰宅して風呂に入ったあと、夫が冷やしておいたスパークリングワインと茹でていた枝豆を出してきた。愛だわ、愛! ・・・っていうか美味しいものを飲みたい食べたい大義名分か。まあいい、美味しく飲みながらMステスペシャルの録画の続き。嵐の衣装がめっちゃおしゃれ。

 

f:id:emitemit:20161206231605j:plain

『真田丸』 第48話 「引鉄」

大河ドラマ

・有楽斎の話を聞かずに追放
大蔵卿局を黙らせる
・大野治房に一方的に自分語り
・千姫の「江戸に帰りたい」を「聞かなかったことに」。

うーん。ううーん。軍勢とは塊ではなく一人一人なのだが、めっきり順調に、一人一人の思いを封殺していく信繁である。こりゃいかんわ。でも、有楽斎追放したくなる気持ちも、大蔵卿局を黙らせたくなる気持ちも、あれもこれもわかるよ。そうしたくなるよね・・・。大蔵卿たちの言う通り、牢人たちを追い出して家康の下知する関東の小国にでも降れば秀頼たち上層部は救われたかもしれない。でも牢人たちは路頭に迷う。信繁の立場でその策は推進できんよね…。豊臣の家も、牢人たちも、両方救える手だてがあっただろうか?

そう、ここに来て「牢人たち」がキーパーソン。
主を持たない、10万もの失業者。その家族たち。
もともと主のない者たちで、統制されてない。将来の生活保障もないから、生きていくために手柄を立てようと武器を買い込み、早く戦わせろと迫る無法者たち。

今や「牢人たちを成敗する」と家康は宣言。秀頼でも、豊臣でも、憎き真田安房守の息子ですらなく、「牢人たち」。その不埒者の中の一人が左衛門佐、というところか。
秀忠の妻・江が言っていたように、「もう天下は徳川のものと決まったのに、わかってない者たち」が牢人衆なのだ。秀頼と茶々は天下の仕置きどころか大坂にすらこだわらないと言っている。

本当は戦が大嫌いな家康に言わせれば、牢人衆なんかいるから戦乱が起きる。徳川が作る天下泰平の世を乱す諸悪の根源。敵対している旧勢力、豊臣の首脳陣であるところの大蔵卿局もまったく同じことを言っているのが面白いんだけど。

大局を読めもせず暴れる困った奴ら。それは本当にその通りなんですけど、でも牢人衆を滅ぼすということは、結局、「彼ら一人一人の思いを潰す」ことでもあるんだよね。それぞれの事情を背負い、それぞれの理由で戦う者たちの存在を許さない。すべての武士を、その下に連なる民たちまでを幕府が管理統制することによって営まれる太平の世が江戸時代だ。

そう考えると、大坂城のコントロールに失敗した信繁が敗北するのも、牢人たちが一掃されることで新しい世が訪れるのも、平和主義者で辛抱強く老獪に待ち続けた家康が最後に勝つのもわかるけれど、でも太平の世ってどうなの?管理社会…という気分にもなるなあ。

利休が残した馬上筒。これほど呪い然として登場するアイテムがあろうかw 最終盤のここにきて念を入れていただかずとも、信繁はあのとき「利休の業の茶」を飲んだというのにw 

いや当然、「利休の銃で家康を狙う」脚本がもとからあったんだよね。利休は小田原合戦のとき、北条に武器を流そうとしていた。「戦はもうかりまっせ」それが利休の戦だった。結局その武器は受け取れなかったけど、もはやあの時点では真田や上杉や伊達、徳川にすら、誰にもかなわなかった「己のための戦」をして、ある意味、武将たちに憧憬されながら滅んだのが氏政だ。利休もまた、商人であり茶人である己のための戦をして、負けて、滅んだ。

勝ち馬に乗るということは体制側につく、それは己を失うということでもある。秀吉についても徳川についても、上杉景勝はだいたいいつも死んだ目をしてる。伊達はだいたいゴマすってる。

真田の次男坊で、豊臣の忠臣であった信繁、九度山で14年も蟄居した信繁は、利休の銃で己のための戦をするんだなあ。何でそこまでするんだろう?と考えたとき、他の牢人たち同様、「ほかに居場所がないから」のようにも思えるのが悲しい。



終生、自分は豊臣の家臣だと言うけれど、豊臣だけを残すためならもういっぺん戦に勝つ必要はなかったんだよね、たぶん。渦中にある信繁にそれが見えないのも当然だけど、でも信繁は有象無象の牢人たちと戦いたい気持ちもあるわけよね。彼らにめっちゃ翻弄されてるけど。勝って、秀頼たちと一緒に四国に行きたいわけじゃない。戦って勝ちたいだけ。死んでも戦いたい。

・・・という心境を読み取るお兄ちゃん。



先週までは、雅な愛人の膝枕で「弟は輝いてるのに俺は…」と大泉洋の堂に入ったぼやき芸を見せていた(しかもお代を請求されると高すぎないかと不平w)からこそ、今週の「こうしちゃおられん!」感にぐっときたってのもあるんだろう。脚本家の掌の上だなあ。

信之はまっすぐにきた男、間違えずにきた男。犬伏以来、あまりに隔たってしまった兄弟だけど、彼が迷わず信繁を止めようとしてくれて本当にうれしい。信之がやることなんだから、どんな事情があろうとも、死に急ごうとする者を止めたいと思うのは間違ってない判断なんですよ! といってもその帰結は歴史が告げているけど(泣)、信之と一緒に、「信繁、死なないで!」と私は願う。稲ちゃんの息子が超態度悪いのはもういい、信之がこれほど必死になってくれて、茂誠があんな顔してくれて、三十郎が変わらずワンコだったから。

てか、どうでもいいけど、人の名前覚えるのけっこう得意なんですが、信吉と信政はどっちがどっちだかどうしてもわかんなくなる。

私は洗練された女だから~とか畑仕事はね~とか、なんだかんだ言いながら懸命にやっちゃうきりちゃんである。きりちゃんて、初期は、人質に行った先で不平不満たらたらで、ばば様に「うるさい」とか言われてたけど、いろんなとこ行っていろんなことしてるうちに、誰のためにでもけっこう気持ちよく働ける人間になってるんだよね。その尊さを、春ちゃんは無意識にわかってるから対抗心があるんだよね。

それにしても、あの瞬殺によるショックがなければ、佐助は本物の家康を仕留められたのだろうか・・・なんて思ってはならんか・・・

有楽斎が「う」であることが判明した今、「お」印は厨の大角与左衛門でファイナルアンサーなんだろうな。妻子はとっくに死んだ、とわざわざ言わせたのが・・・なんか不吉すぎる・・・秀吉時代からの古株らしい彼。恨み骨髄に徹す、の状態としか思えないんですがー! でも、その脇に今「戦嫌い」の与八がいるのは、悲劇ではなく福音になりそうな気はする。



今井朋彦、これから朝ドラやら民放やらで大きな役やりそうだな!! そして今週の竹内結子の美しさ、もうやばいくらいじゃなかったですか?! それに負けじ劣らじの来週の予告のきりちゃん!! 

 

 

 

長月の十一 / Mステスペシャルとか

日々 テレビ

●9月某日: 友だちと待ち合わせて幼稚園まで元気に歩いて登園。途中で会った女の子も合流。並んで走る後ろ姿がかわいい。

今夜は高校の同級生たちと飲み会。サクを連れて出て、会社帰りの夫に託す。彼らはそのまま篠栗に向かって泊まってくる。義実家の新しいパソコンの設定をしてあげる用事もあったのでちょうどいい、と夫が思いついた。元気に電車に乗り夫を見つけて駆け寄り、特に痛痒なくバイバイするサク。私はその足で博多駅に向かい、待ち合わせまでは30分ほどあったので丸善で本を物色した。

飲み会は一人が季節外れのインフルエンザでキャンセルになったが4人でおおいに盛り上がった。なにげにみんな8年ぶりくらいである。誘ってみるもんですね。双子ちゃん含む3人の小さい子を育ててるママ、税理士事務所勤務で将来を考えつつオフは少林寺の指導に熱を入れている女子、設立10年になる広告代理店で16人の社員を抱える社長、どの話も面白いし、そういうそれぞれの環境でのポジション関係なくふざけられるのが同級生である。まぁみんな相変わらずよく飲みますこと。それでもちゃんと電車のあるうちに解散するから私たちもいい大人になったのだ。夫に念押しされていたゴミ出しも完了(福岡市は夜にゴミ収集してます)。

 

●9月某日: あー夫もサクもいないんだった、と気づく小さな淋しさと小さな解放感で不思議な目覚め。しばらくそのまま本を読んで二度寝。不思議な目覚めをもう一度あじわったぞぇ(笑)。4時ごろ帰宅したサクが「おかあさーんおかあさーんおかあさーん」と連呼しながらひしっと抱きついてくる。泣いたり、会いたかったー淋しかったー大好きーとか言うわけじゃないけど、なんか懐かしかったみたい(笑)。




夜ごはんは軽め・・・といいつつ夫がもりもり天ぷらをあげた。なす、たまねぎ、いんげん、レンコン。いただきものの玉ねぎを切りながら「おわっ、この玉ねぎものがいいな、包丁がすっと入ってく、みずみずしい」とご機嫌の夫であった。サクが寝てからMステの録画を見る。











 

長月の十

日々

●9月某日: ヤフオクドームでホークス対オリックスのデーゲーム。コールされた選手たちがフィールドに登場してくると熱い。が1回表、不安定な立ち上がりの中田がいきなり3ランHRを浴びる。いややあああああ。そこからは何とか立ち直って踏ん張ってたのでかえすがえすも痛かった、てか立ち上がり大事。

ホークスはホークスで打てない、打てても打線がまったくつながらず、球場で見てると数少ないヒットに超ありがたみがある。盛り上がれる場面が少ないとですたい。その割にテンポが悪くて試合が長いとですたい。それでもサクが数か月前の観戦より明らかに身を入れて見ていたので3時間ほど球場にいた。

 

f:id:emitemit:20161203203751j:plain

 

応援バット、タオル、バンダナ、てぬぐい、そして自身が青い折り紙に書いた「ホークス うて あつおー!」(ホークスの公式キャッチフレーズ『熱男』、今年のテーマカラーは青)とか、家にあるホークス関連グッズをかき集めて球場に乗り込んだサクである。お父さんお母さんがビールを飲みたいときは売り子のお姉さんを呼んで頼んでくれるよ。それが楽しいらしくちょいちょい親のビールの残量をチェックしては「のむ?もう1ぱいのむ?のめば?」とやたらすすめてくる。7回裏の攻撃が終わった時点で既に5時を回り、遅くなるのでリタイアして球場を出たら、なんと9回裏に同点に追いついていた! そこから12回裏までやって結局同点引き分け、ゆうに5時間以上のゲームでした皆さまお疲れ様です。

夜ごはんは軽く。サクが寝た後、運動会のチームの腕章を縫う。3連休に課せられていた仕事ぎりぎりで終了。

 

●9月某日: 雨はそれほどでもないけど風がめちゃんこ強い。台風強い。暴風域じゃないのに。栗をたくさんもらったので茹でてサクに持たせる。幼稚園は野菜くだもの何でも食材の差し入れ大歓迎。給食の材料に使ったり、お散歩中や食後のデザートでみんなで食べたりする。予報では午後から晴れると言ってたけどまだ小雨、そして強風。・・・の中を友だちの家に遊びに行く子ども。なので送り迎えをする私。

夜ごはんは、たい煮つけ、じゃがいもといんげんのオイスターソース炒め、味噌汁。いただきものの上等の煮干しでだしをとってますんで、まぁ美味しいこと美味しいこと。

 

長月の九

日々

●9月某日:  二度寝~。とと姉ちゃん見てから朝ラン。この数日、暑さが戻っていて、今日も30度を超す予報。走った時間もすでに気温が上がってきていて日差しもあって、なのに帽子を忘れた。。。さくっと5キロで終わる。

午後から夫の実家へ、久しぶりに運転。途中で寝てしまったサクと一緒にスーパーの駐車場で夫の買い物を待っていたら(普通スーパーで買い物担当するのは妻のほうじゃないのかなどと言ってはいけない!)雨がぼたぼた降り出した。夜ごはんは焼肉! ミノやホルモンもたっぷりあって美味しかった、この数日、ちょっと食欲と体力が落ちている様子だったサクもたくさん食べた。義父お手製のイワシ刺も! 

町の新聞に、地区の敬老の日のイベントの模様が大きく報じられていた。今この地区は義父が区長をしていて、義母も敬老会のボランティアをずっとやっていて、2人の写真もいくつか載っている。その流れで見ていたら記者の人が書いたらしきコラムの文章がびっくりするほど良かったので(この地区のプロフィールや情景を淡々と書いたものなんだけどこういうのにこそ文章力でるよね!)「これ文章うまいですねー」と言ったら義父の懇意にしてる同級生が書いたものらしく、たいそう喜んでくれた。

 

●9月某日: 雨の中、義父の畑で野菜収穫。きゅうり、なす、ニラ、ねぎ、いんげん、かぼちゃ、オクラ、唐辛子・・・・季節は秋へ向かっているけど夏野菜がめちゃめちゃ元気だった。で、ばかすか収穫して家に戻ったら突然、滝のような雨が降り出した。台風はまだ遠いんだけどとにかく強いみたい。しばらくしてひと段落したけどまたひどく降るというので、その隙に帰途へ。はたして家に着く1キロほど手前でまた雨脚が強くなり、帰宅すると激しい雷まで。

夜ごはんは、イサキ刺、ゴマサバ、きびなごの天ぷら、野菜の辛いパスタ、レンコングリル、ニラとじ。超おいしーい。白ワイン。サクを寝かせてから夫と二次会、真田丸とか火曜サプライズの録画(渡辺謙宮崎あおい)とかたらたら見てたら、スポーツ番組?で田中将大マエケン対談という豪華なコーナーが始まった!

 

『虹の彼方に』 池澤夏樹

世の中

 

虹の彼方に (講談社文庫)

虹の彼方に (講談社文庫)

 

 

2000年春から7年弱にわたる月間『現代』での連載を中心に、その他新聞や雑誌への寄稿も集めたコラム集。余談だけど、現代の巻頭エッセイは、丸谷才一五木寛之~そしてこの池澤夏樹へと引き継がれてきたものらしいです(雑誌は2009年1月で休刊)。

目次を引用。

まえがき、あるいは政治の季節

・2000年~二十世紀最後の年
・2001年~世界の色調が変わった日
・2002年~われわれを追いつめているもの
・2003年~何が本当の脅威か
・2004年~国家の大義、政治家の嘘
・2005年~憲法の前に政治を変えよう
・2006年~暴力化する世界で

あとがき、あるいは7年の後に

 

目次を見てわかるように、時事を扱ったコラムが多い。そんなつもりではなかったけれど、「時代は政治の季節だった」と前書きにある。筆者が当時、沖縄に住んでいたのもある(のちにフランスに移住)。

フランスに住んで、子どもを小学校に送迎したり、市場で食材を買ったりという生活を書きながら、時事についても深い見識を述べる『異国の客』がとても好きだったので買った本書は、寄稿先の性質もあってか時事にみちみちたコラムで、続けて読んでいると多少暗澹とはする。目次を見てわかるように、NYの同時多発テロからイラク戦争、ヨーロッパでのテロも起こった時期で、もちろん沖縄の基地や憲法などの問題も取り扱われる。明るい話題は少ない。

でも、10数年前の時事を今読むって、「今の時事」を読むのとはまた違った感慨があった。良い感慨は少ないんだけど・・・。

2004年の8月「現代」に寄稿されたコラムを一部引用。筆者が予想する十年後、という文章。

 

「十年後」

(略)景気はよくならない。リストラに成功した会社ばかりが黒字に転化し、社会ぜんたいでは失業者が増える。中高年男性の自殺者は減らないし、未来に希望がないのだから出生率が下がるのは当然。

経済が低迷し、社会不安が増す。それに対して有効な策を持たない分だけ国は強権化し、内外に対して攻撃的になる。中では私権が制限され、外に向かっては資源と市場を確保するために武力の役割が強調される。

アメリカへの依存は変わらないが、そのアメリカは冷戦以来の影響力を大きく削がれていよいよ武力に頼るようになる。その傭兵として、やがて日本軍は中南米あたりでゲリラ掃討作戦を請け負うようになるだろう。

 

10年前の自分が10年後に明るい社会を予想していたわけではないけれども、これを読んだら「いや、そこまでは…。作家の警鐘、って文章だよねこれは」と思ってただろう。

実際は、この十年。秘密保護法が成立し、集団的自衛権の行使が閣議で容認された。緊急事態条項も勘案されている。自衛隊は、2008にインド洋での給油活動を開始し、2009年にはソマリア沖海賊対策で派遣された。ソマリア沖へは、「日本の船舶を海賊から守るため」「国益のため」の派遣。『中では私権が制限され、外に向かっては資源と市場を確保するために武力の役割が強調』の具体例では? 

そして『中南米辺りでゲリラ掃討作戦』・・・掃討作戦ではないけれど、アフリカだけれど、自衛隊は今、南スーダンに派遣されている。そこで起きている戦闘は政府によって「武力衝突」と言い換えられている。

先に引用した文章の後、筆者は「さらにそのあと、どうなるか」を書いている。

国民が硝煙の匂いに慣れた頃、ちょっとしたきっかけで起こった隣国との小競り合いが意外に大きな規模の戦闘になり、戦死者の数と共に軍の存在感は増す。原発の事故が起こり、被爆した周辺住民の封じ込めのために核戦争装備の兵士が出動する。


やーめーてー。

でも、「自国民の保護」「自民族の利益確保」のために武装・出兵し、戦争になった例は歴史上たくさんある。だから、本来、そのような事態を避けるために、非武装・非武力行使平和憲法が作られたはずだった。

そして原発の事故は実際に起きている。戦闘がなくても、天災によって、事故は起こりうる。天災はこの十年、頻繁に起きていて、これからもきっと起こる。

筆者は、別のコラムで、

「アメリカとテロリストたちは、世界を白と黒の単純な構図に分割しようとしている点、同じ」

と書いている。

しかし実際にはその間にたくさんのステップがあり、多様な意見があり、対話の可能性がある。国際社会は両者の間に入って平和の途を探るべきだし、宗教的に無色で、過去に中東に植民地を持ったことがない日本はその核になれるはずだ。

 

「対話の可能性」なんて書くと、ややもすれば、理想論どころかお花畑脳みたいに見られることもあるのかもしれない。でも、

「平和というのは手間の成果」

が筆者の持論であり、私はそれだけが希望だと思っている。白か黒かの二項対立に持ち込まない、というのは、昨今いろんな知識人や専門家やクリエイターが言っていることでもある。

日本が立つべきはアメリカの影の中ではなく、アジア諸国とアメリカ合衆国とヨーロッパと途上諸国のすべてから等距離の位置である。この位置に立つには、平和について、世界のあり方について、相当な哲学と構想力が求められる。その基点が現行の憲法九条だ。

 

 

 

 

 

長月の八

日々

●9月某日: 網野善彦『日本の歴史をよみなおす』のよみなおしが止まらない今日このごろ。いったい何回目。30代で一番読んでる本かもしれん。

日本の歴史をよみなおす (全) (ちくま学芸文庫)

日本の歴史をよみなおす (全) (ちくま学芸文庫)

 

 
朝、近所のお友だちと歩いて帰る。てか半分くらいは走ってる。そしてなかなか早い。そのまま、友だち、うちで遊んでいき、その子を家まで歩いて送っていっていたのだが、途中で、ポークビーンズの火を止めてきたかどうか突然自信がなくなって、子どもたちに「ガスを止めたかどうか確認してくるから、ゆっくり行っててね。車に気をつけて」と言い含めてダッシュで戻る。止めてた。そうだよねーっ。ダッシュでまた追いついて、友だちを送り届けたついでに先々週生まれた赤ちゃんと初対面して抱っこして(ちっちゃい! かわいい! でも既に4000gに達していたので安定感あった)サクと2人の帰り道、

「おかあさん、ひをとめわすれてて かじになってて、おかあさんも しんじゃったらどうしようかとおもったー」

と言う。「ごめんごめん、心配させたね」 「うん。もしそうなったら、N(友だち)のいえにひっこすしかない、ってはなしてたんだよ。まあそれはそれでいいんだけど」 いいんかい。夜ごはん、かつとじ、ポークビーンズ、、きゅうりとおくら。飲み会から帰宅した夫と赤ワイン2/3本くらい飲む。

●9月某日: サク弁、ちりめんごはん、たまごやき、ポークビーンズ、さんまの竜田揚げ、きゅうり。7月のお泊り保育と8月の夏祭りのスナップ写真販売中。お泊り保育は一泊とはいえシーンがたくさんで、しかも親が見ていないシーンばかりだからどうしても財布のひもがゆるむー。メモに控えておいた番号をエクセルでだだだっと入力して昇順に並べる。エクセルって賢いー。大好きー。

今日も幼稚園から歩いて帰り、そのままお友だちが遊びに来る。最近、我が家に来る子たちの間でサクが作るテントが好評である。今日も来るやいなや、「テントつくって」とリクエストされていた。できあがると、お買い物をして帰っていそいそとその中に帰り、ご飯作って食べたりしてる。おもしろい。夜ごはん、豚とニラ、小松菜炒め、ポークビーンズ、じゃがいもと芋づるの味噌汁。放送大学から新学期のテキストが届いた。

 

●9月某日: サク弁、おにぎり(塩・ちりめん)、ソーセージ、ちくわ磯部揚げ、卵焼き、かぼちゃサラダ、きゅうり。今日は外で食べるのでおにぎりにした。年長さんだけで某市民プールに行くのだ。

朝、普通通り登園し、バス停まで20分歩き、路線バスに乗って20分、そこからプールまで20分歩いてプールに入り、上がったあと外でごはんを食べて少し遊んで、同じように帰途をたどる。貸切バスでもしてサーッと連れて行けば大したことないんだろうけど、先生たち、1日仕事である。園に帰りつくまでちゃんと歩ける5,6歳児たちもエラい。

で、サクの体力を信じて(まぁ金曜日でもあるしね)そのあとさらに延長保育を入れて、15時から園で梶田さんの講演。主に未就園児を持つお母さんがメインだったけど、園児の親が聞いてもすばらしい内容だったと思う。「にぎりぱっちり」や「おいっちにのだるまさん」などわらべ歌から自然に始まったのが梶田さんらしく、小さい子たちも一緒の楽しい時間。

夜ごはんは、刺し盛り、空芯菜とにんじん・芋づるのにんにく炒め、ひよこ豆ときゅうりとバジルのマリネ、オクラ。赤ワインうまー。サクが寝てから『超高速参勤交代』を最後まで見たんだけど、「なかなか物足りなかったよね」という感想で夫と一致。