『西郷どん』 第18話 「西郷入水」

f:id:emitemit:20180110185246j:plain

なぜか大して期待せずに見たから・・・というわけでもなく、とても面白かった。

兄の遺志を継ごうと希望に燃える久光が、父・斉興にコテンパンにされる。役者自身のスマートさをかなぐり捨てたような鹿賀丈史の留保のないコテコテ演技、プロやわ・・・。「おまえは斉彬にはなれん」の一言がよかったね。斉彬を嫌悪しつつも認めざるを得ない斉興の心情が出てた。そして、実父に軽んじられ、よりによって皆の前で潰される久光の屈辱と悲しみ。そりゃ引きこもりにもなるわ。教本を見ながらひとりで打ってる碁石が使い古してボロボロなのもよかった。

で、折悪しくそこにやってきてボコられる正助な・・・!
久光と大久保の対峙は数度目。こうやって、絆を結んでいくんだなと。大久保は必死に久光を口説き、頼み込む。久光は取り合わず、それどころか己の弱さ冷淡さを大久保に見せつけ、ボコる。それでもあきらめない大久保・・・。これはなかなか、熱い構図ではないですか!

心の底では微妙な嫉妬や劣等感もありつつ、吉之助がピンチとなると矢も楯もたまらず救出に奔走する大久保、というのも初めてではない。こちらもまた熱い。妻・満寿に対する亭主関白ぶり(という名の満寿の賢妻ぶり)との対比がものすごい。吉之助のためなら妻の身内を使うのはもちろん、決してプライドが低いわけではない彼が誰にでも頭を下げまくる。月照の命なんて屁でもないわけじゃない。この正助はそういう酷薄な男ではない。ただ、吉之助が大事すぎるのだ。

その思いに平身低頭し感謝しながら、吉之助は拝領の短刀をおき、覚悟の船出をするんである・・・!
短刀を見た瞬間にその意を悟り、間に合うわけないのに引き返して走って追わずにいられない大久保・・・! 瑛太すばらしい!!

次回を見たらわかるかもしれないけど、
吉之助は、100パー死ぬ気ではなかったんじゃないかなあと思う。

死んでもいいと思う気持ちもあったと思う。殿のいないこの世。身を粉にして働いてきた者に対してむごい沙汰を下す薩摩藩。もういいや、殿のもとに行きたいと思っただろう。ただ、自分の帰りを無邪気に喜ぶ実家の家族たちを見、大久保の奔走を思い、そして「おまえがわしになれ」「あなたが斉彬様になりなされ。遺志を継ぎなされ」と言われたことを思えば、賭けようという気になったんじゃないかな。

月照を斬るなんて非道な真似はできない。ともに海に身を投げ、自分を生かすかどうか、天の意を問おうと思ったのではなかろうか。

今作の西郷は、そういう、心優しく情に厚く、シンプルでロマンティックで、そして賭けに出られる大男。

小舟の中、「寒い夜なのに少しも寒くない」と高僧らしい高潔さを見せながらも実は手は震え、吉之助に指摘されるとそれを否定せず生への未練を語る月照さん。吉之助に手を握られると「うれしおす」と微笑む月照さん。その清らかさとはかなげさ、そして立ち上るエロス・・・! 菊之助の真骨頂ではないですか!!! 吉之助の苦悩の表情にもどこか官能が。うんうんわかるよ、吉之助じゃなくても共に身投げする気になるってもんです!! いやー、菊之助、さっすがだわー! しびれた! 

歌舞伎役者の映像での演技は、特に脇の場合、浮いてしまう場合もあるんだけど、『真田丸』での片岡愛之助、『直虎』での尾上松也、そして今作の菊之助と、最高にハマってる。そして来年はまんをじして、勘九郎が主役なのだねー!

閑話休題。入水シーンがこんなにかぐわしいものになるとは、うれしい誤算でした。