読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

如月の十六

●2月某日: サクに激しく起こされる日曜日。「おかあさーん、おきろおきろー、♪にーわーの、とりひこー ハイハイ、(以下略)

起き出すと、夫が本&CD棚を整理しており、つられたサクが自分のおもちゃ棚を整理していた。成り行き上、私もしなきゃいけない雰囲気に。いや、そもそも私が数日前、「4月から小学校の教科書やら道具類が増えるので、棚をあけたい。ついては、本やCDなどいらないものがあったら整理してほしい」と夫に頼んでいたのだよね。ええ、自分の本とCDのほうが5倍くらい幅とってるのです本当は。

ということで・・・まずは幼稚園のおたよりや、年賀状・お手紙の類から整理開始。なんかねえ、もう、すべてのものが・・・・。日ごろから、すべてのモノの置き場所をきちんと決めて使ったらそこに片付け、いらないものはすぐに処分して溜め込まないようにしている人には、なぜこんなになってしまうのかご理解いただけないでしょうが、本当になかなかの散らかしようなのです、私。汚部屋ではない(と思う。掃き掃除も拭き掃除も一応ほぼ毎日している)。でも、とにかくコザコザコザコザコザコザコザコザとしたものがいろんなところにあふれているのです。そして私がこうだからサクも順調にそんな感じに育っており・・・。

昼ごはんを挟んでおやつの時間までがんばった。サクがおやつにホットケーキを作りたいと言い、夫が世話して焼けたホットケーキを美味しくいただくという簡単な仕事をする午後3時。夜ごはんは、いわしの塩焼き、春菊と大根などの味噌汁、ひじき煮、大根おろし。ひじきに、切り昆布やられんこんやら入っていて食べごたえある。相変わらず、土日の台所の主は夫です。