読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

如月の十

●2月某日: 途中で友だちと会って一緒に歩いて登園。そのまま、卒園児への贈り物「歌詞集」係で作業。今日は2人。楽譜原稿に挿絵を切り貼りしてコピーして・・・アナログ作業がんばるがんばる。2時間強。「じゃあねー、おつかれ、またねー」といったん別れてスーパーに寄ったら、先ほどの相方にまた会った。しかもお値打ち品コーナーでw 

「ママじゃな」むっちゃんのポートレート記事を作っている。




降園後、友だちの家に行ったサクを夕方迎えに行って、「ゆうべ、夫と2人で食べてみたらすごく美味しかったから…」とそちらのお宅にお菓子をおすそ分けしてたら、聞きつけたサクが「むむ! また“ふたりパーティ”したのか! んもー!」と腰に手を当てて怒る。自分が寝た後でおとーさんおかーさんが楽しんでいると悔しい旨の発言をちょいちょいする。本気でイヤがっているというよりは、大げさに怒ってみせているという感じで、大人の夜が長いことは何となく飲み込んでいる様子である。

夜ごはんは、焼き鮭、肉じゃが少し、具だくさん味噌汁というモロ和食。食べ終わった後、サクが「そろそろバレンタインはじめようか」と言う。バレンタインって始めるものなのかw 

私から男子チームには、アポロとか小枝とかガルボとか、小さいチョコ菓子の詰め合わせ(普通にスーパーで買う)。夫が(バレンタイン時期が過ぎても)会社でのデスクワークの傍らでちょいちょいつまめるようなイメージです。夫も会社でもらってきた3個を披露。ひとつが、六花亭の、バレンタイン限定チョコレートだった! ホワイトチョコの中に苺のチョコが入ってて、感動的に美味しい~!! サク、「チョコレートまつりだな!」と興奮していた。

●2月某日: 近所の子を連れて歩いて(走って)登園。そのままお母さん劇団の練習。赤ちゃんや1歳、2歳の小さい子たちを、布団に寝かせたり、かわるがわる抱っこしたり、遊ばせたりしながら、大道具小道具を作ったり、立ち稽古したりする風景、いつもながらすごくいい。それにしても練習期間が短くて、本番に間に合うかしら・・・と毎回思うけど意外と間に合うのよね。乙姫(私だ)、がんばる。

いったん帰って昼ごはんを食べながら、録画を見てたら・・・

びっくりして、危うくお迎えの時間を飛ばしそうだったw 

幼稚園は、インフルエンザ他、いろんな体調不良でお休みが多いみたい。サクは元気で、今日も園庭で遊んで帰る。夜ごはんは、鶏と白菜、しいたけなどの中華炒め、ハムと大根のマリネ。