読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

如月の九

●2月某日: ちょっとイレギュラーな仕事が入ったり1日寝込んだりすると、たちまちあれこれ溜まりますよね。午前中、ちょこちょこ片づける。昼は、ヤマダ電機でもらったさぬきうどんにお肉とカツオ菜をわかめを入れたもの(を夫が作った)。胃腸が万全でないサクのためにコシが霧消するまで茹でてあったw 

サクは仮面ライダーエグゼード(?)を見ることから1日を始めて、遊びかた見てたらかなり回復した感じ。喋るのなんの。午後、ランニング9キロちょっと。天気予報で、2時~3時ごろがこの週末でもっとも気温が上がると見てその時間を狙ったんだけど、ドンピシャ(死語)だった。8度超したくらいかな。風も弱まっていて走りやすかった。夜ごはんは、銀鱈みりん、味噌汁、大根煮。大根めっちゃうまく煮えてる(夫がやった)。直虎の6話、エモい! 悶える。

 

●2月某日: サク弁、卵焼き、辛くない麻婆豆腐ニラ入り、大根&鶏手羽煮、さつまいも。気持ち少なめにした。が、朝から全開、テンション高々なサク。普段より早起きして、急げ急げと私も追い立てて、早めに家を出る。元気でいいことですね。一応、先生に週末のゲーを連絡して、帰る。

で、いったん帰宅後、すぐに博多座(方面)へGO! なんと北陸から、二月花形歌舞伎のため遠征してきたKAOさんと、近くの喫茶店で待ち合わせして観劇前のティータイムである。KAOさん、初歌舞伎はワンピース(@大阪松竹座)だったのだから、今回博多まで来られるとは、ものすごい沼オチっぷり! お互いのブログを通じて3,4年前から交流があり(「メールくれくれ企画」やっといてよかったー!)、お会いする機会に恵まれてうれしい。

初対面でも話題に困らないのがネット知己。文章って、ある意味、喋りよりもその人の「地」が出るところがあると思うし、それを継続的に読んでいる(読まれている)って興味深い現象だよなーとあらためて思うのであった。KAOさんは私の脳内イメージよりもシャープな外見で、でも思ったとおりすてきで知的で親しみやすい方だった。亀ちゃんや平岳さん、歌舞伎、大河、朝ドラ…と話はエンドレスで続けられるけど開演時間が近づいたため、お見送り。くー、私もチケットとればよかったかなあ、やっぱり。でも私の分まで楽しんできてくださいねー!

そんなKAOさんの観劇感想などはこちらから。

kaohorwat.exblog.jp


シリーズ最後に私もチラッと登場w 舞台が目に浮かぶような豊かなイメージと、KAOさんの熱(笑)が見事に文章化されてる!!

さて、また30分ママチャリ漕いで帰宅。病み上がりなので、今日はまっすぐ帰ろうねと朝のうちに話していたが、まあ降園後も園庭でよく遊んでおった。やっと帰るとなると、「たっきゅうびん、まだきてない?」とソワソワ。夫と2人で私の知らんうちにAmazonでおもちゃを買っていたらしいのだ。佐川さんからの不在票を見て、「アマゾンってかいてある。でも、これ、ちがうよね」、実際に佐川さんが持ってきた箱を見ても「たぶんちがうよね、でもあけてみる」と、過度な期待をしないでおこうとつとめる様子が私に似てるような・・・。

夜ごはんは、昨日の夜、夫が仕込んでおいたグラタン。白菜と玉ねぎたっぷり。もらいものの美味しいハム。大根とオイルサーディンの炒めもの。赤ワイン。