読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

睦月の一

日々

●1月某日: 某日っていうか元日です。ここ福岡の初日の出予想は7:23分だったのに、すばらしい晴天だったのに、うっかり布団でごろごろしてて見忘れてやんの・・・・。

サク、起きるとさっそくゆうべの「0655・2355年越しスペシャル」の録画を見る。まぁホント面白い番組ですよね。楽しくてかわいいだけじゃなく何となく知的な気分にもなるし。

義実家にならって、朝昼兼用のごはんを10時ごろ食べることにして、準備。小さめのお重におせちを詰める。中身は、ローストビーフ、イカ焼き、黒豆、昆布巻き(買った)、穴子巻き(いただきもの)、田作り、紅白なます、卵焼き。それに、夫が作ったがめ煮と、お雑煮。がめ煮はともかく、初挑戦の雑煮の美味さに唸った。今さらながら、料理センスある夫だ。ちなみに博多のお雑煮なので丸餅を煮るやつね。カツオ菜、椎茸、鶏、里芋でした。お屠蘇の流れで、冷酒を1瓶あける。300mlくらいだったかな。美味しかった。

夫と分担したら、正月料理も無理せずそれっぽいものを用意できるんだなーと収穫になった。蟹も海老も伊達巻きにも、あまりこだわりがないのでパスしたら、見た目も色合いも豪華さに欠けたけど(笑)、自分たちが食べたいものを飽きない程度の分量だけ用意して美味しくいただくって楽しいなと思ったことだった。ローストビーフもなかなか良かったので、来年、義実家に持って行こうかねという話に(あちらでは作らないので)。

f:id:emitemit:20170305215929j:plain


サク、さっそく年賀状を取りに行って、仕分け。幼稚園の友だちのうちなどから来たのをうれしそうに見てる。12時過ぎ、初詣へ。徒歩10分くらいのところに、大きくもなく小さくもなく由緒正しく手入れの行き届いたほどよい神社があるのだ。駐車場空いてるねーって言いながら正面に回ったら、わ、わ、めっちゃ並んでる! お天気がよく寒気も和らいでいて、初詣日和だもんね。参拝まで30分くらいかかったかな。ふだん行列に並ぶことなんてまずないので、貴重な経験。サクも落ち着いて機嫌よく待ってた。お神酒をいただき、おみくじは私とサクが大吉(小躍りして喜ぶサク)。夫は小吉だったけど、内容はいいことばかりが書いてあった。

帰宅して、家じゅうの窓ふき。うち、角部屋ということもあり、広さの割には窓がすごくたくさんあるのよね。年内にやれよ、って言わないでw 

サクが自作した平仮名カードで神経衰弱。50音に加え、アルファベットとか「?」「!」みたいな記号もあって、全部で120枚くらいの大合戦である。盛り上がった…。そして大人げなく圧勝した私。夜ごはんは、おせちと、お刺身と、海老とほうれん草としめじのパスタ! サクの要望により、またスマスマの5人旅を見る。サクは4回目、私は5回目ですよw