読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

師走の七

日々

●12月某日: クリスマスマーケットで買った「マジックツリー」を朝から準備するサクさん。幹を立てたら受け皿にマジカルな液を投入、やがて枝から緑色のもくもくが生えてきて、12時間後にはすっかりもみの木状に・・・! キモチワルイって言ってはいけません、面白いんです! 

f:id:emitemit:20170211210202j:plainf:id:emitemit:20170211210303j:plain



また、しまじろうが(半年ほど前に)届けてくれた「歯車ガチャ」とやらのおもちゃも前日の約束通り本日解禁、これ、歯車の形をしたブロックなどを組み立てるのと、ガワになるお寿司の回転台やら、ガチャポンの道具やら何やらを工作する2段階になってるんだけど、ものすごい集中力で設計図を読み、一人でどんどこ組み立てて、親の想像より2倍くらいの速さで「はいじゅんびできたよ、あつまってー!」と、あとは遊ぶだけという完ぺきなセッティングで招集される。う・・・もう少し時間つぶしになるかと・・・。

さて、夫とサクは車屋さんに何かの点検など。私はランニング8キロ。1ヶ月ほど前か、道路陥没現場に行ってみた。道路の一部でまだ何かしらの工事をしてるけど(通常の地下鉄工事かも)、車も人も普通通りに通ってて、通り沿いのお店もふつう通りに・・・あ、セブンイレブンだけ営業してないやん! 

夕方には病院を開業するサク。箱に仕切りを作って、綿球やら薬やらガーゼ(のつもりのものたち)などを準備し、それらを小さいトングでつまみながら、怪我の手当てをして、薬を塗り、包帯なども巻いてくれる。風邪や腹痛も診てくれます。万能! 手製の糸電話で電話がかかってきて、「どこかぐあいがわるいところはありませんか?」「こないだのきず、どうなりましたか?」など来院を催促される仕様であるw 

さて、遊んでるばかりじゃなく、私が作るココアパウンドケーキと、夫が作る一口カツの助手もつとめて、なにげに充実した1日というか、夜ごはんを食べ終わると間もなく「ねむい・・・」と落ちて行ったサクさんであった。おつかれさまでした。夜ごはんはほかに海老パスタ、もやしの辛いナムルなどもあり、超おいしかったです。ビール、白ワイン。

●12月某日: 「ねじまき鳥クロニクルの第2部、読み終わったよ」とサクに報告すると、

「おう、よんだか。つぎは、ちいさいやつ かえよ」

と訓告される。アマゾンマーケットプレイス(ようは中古)で購入したんだけど、第2部は間違えて単行本買っちゃってさ。ということで、第3部をポチ。

スシローでお寿司を買って夫の実家へ日帰りで遊びに行く。満腹。最近入院手術した近い親戚の話など…。畑には冬野菜が実り始め、サクはわっさわっさの立派な葉っぱに埋もれるようになりながら大根を次々と掘る。その他、里芋、ほうれんそう、春菊も畑から収穫。うれしい・・・! サク、もぐら穴を見つける。「はしりたくなってきた!」と庭をめちゃくちゃ走ったり。夕方辞去し、ホームセンターに寄って帰る。お風呂のイスが割れちゃったのでね。夜ごはんは、さば、味噌汁、大根と卵煮、サラダ。