読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神無月の十五 / 二段パーティ、井上芳雄さん

日々 テレビ saku

●10月某日: はい、今日もサク弁です。ソーセージ、麻婆豆腐、卵焼き、ポテサラ、カレー豆、きゅうり。最近、少ない少ないと言われるのでたくさん詰めております。サクを園に送って戻ってから、エンジンかかるの遅め。疲れてるっぽい。こういうふうにならないために早寝早起きを徹底するのが効率的なのだな。と、こないだの「ママじゃな」の取材でちほちゃんが話してくれたことを思い出す。

降園後、幼稚園の文庫の日。そのあともひとしきり園庭で遊ぶ子どもたち。帰宅後、明日のパーティの準備をするサク。「2段パーティ」って何のことやらでしょうが、竹馬で足を乗せるところを当初の2倍の高さに上げるのを園では「2段」と呼んでて、園庭を落ちずに5周(くらい)いけたら2段になれるんだけど、このたびめでたくクラス全員が2段になったことを祝うパーティだそうで。

先日の芋ほり遠足で得た芋で、自分たちで芋ご飯やら芋コロッケやら作り、先生にリンゴのケーキを作らせて(これは先生的には想定外だったらしい、子どもたちにリクエストw)みんなで盛り上がる構想なのだそうだ。エプロン、すりこぎ、三角巾、爪も切って・・・と、いそいそやってる。花を積んできて飾ったりと、テーブルコーディネートもするようです。

夜ごはんは、さばのみりん干し。具だくさんの豚汁。きゅうり。ポテサラ。豚汁すっごい美味しい。





井上芳雄さんについては、翌日、今度は「アウトデラックス」のゲストで軽妙なトークを繰り広げ、「ミュージカル俳優はチケットの売れ行きが悪いと公演後にトークショーをぶっ込まれて必死にやらざるを得ないので喋りがうまくなる」「かっこいい、歌うまい、王子様なだけじゃなくて、『よく平日昼間から来れますね』なんつって毒づくぐらいしたほうが喜んでもらえる」など野心ギラギラっぽい様子をうかがって、彼の思惑通り、ますます気になる俳優さんだと思いました。

 

●10月某日: 雨。サクは「パーティだ!」と張り切って出て行った。お弁当日が1日減って親も大変うれしい。家時間、今日はまあまあいろいろ片付いた。1つじゃなくて2つ以上、自分の中でのTo Doをこなせるとうれしい。

迎えに行くと、お母さんたちにもさつまいもコロッケのおすそ分けがあった。おいしい。それにしても、さすが我が園、さつまいもオンリーなさつまいもコロッケだわ(あとでサクに聞いたところ、玉ねぎのみじん切りとひき肉も入っているとのことだったが、食べた感じでは影も形も見当たらなかったw)。サクが廊下で伸びてるので、具合悪いのかな?と思ったら満腹で苦しいらしい。芋ごはんを茶碗に4杯、コロッケは5個、りんごのパウンドケーキに蜜柑まで食べたら、そりゃそうなるね。でも友だちと一緒に歩いて帰った。そのままうちで遊ぶ。

友だちが帰ったあと、芋コロッケの作り方を尋ねると、「スマホで録音しろ」と言い出してびっくり。2年前にも同じシチュエーションがあったのを覚えていたらしい。「まえは、おかあさんのスマホ、くろかったよね」と前機種のことを言う。で、録音しながら作り方を聞いたら、子どもの2年間の成長って面白いね。今回はもう、最初に手を洗ったり途中でトイレに行ったりとかいう枝葉はちゃんと省かれているわけです。前の時の録音も保存しとけばよかったかな。いや、こうして文章で残しているからね。

師走の三 / ケーキの作り方を必要以上に詳細に説明する - moonshine

 

次に、「おかあさんのひるごはんもせつめいして」というので、これまた録音しながら説明してやると、サクの当意即妙な相槌やツッコミ、そしておふざけが冴えわたっていて、3分間のちょっとした漫才になった。夜、夫にも聞かせる。夜ごはんは、豚バラと玉ねぎ炒め、イカの辛いパスタ、きゅうりとしめじとオクラの和え物。ビール、赤ワイン。