読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神無月の二

●10月某日: 10時から朝ラン。6キロ弱か。気温30度、日差し、湿度と三拍子そろってしんどっ。9月の上旬、一度あんなに涼しくなったのに、最近めっきり蒸し暑くてこたえる。てかもう10月じゃないか。我が家の二連休半の最終日なのでのんびり休息メイン。ちょっと断捨離した。サクはお小遣いがありすぎるので(!)、パパと本屋に行って図鑑を買ってきてた。また鳥の図鑑! 別会社の持ってるくせに!! しかし、確かに、値段の元をとれるくらいによく見ていて、分類や特徴などよく把握してる。夜ごはん、さばの煮つけ、味噌汁、ポテサラ。

 

●10月某日: サク弁、豚とピーマン炒め、かぼちゃそぼろ煮、卵焼き、ポテサラ、ごぼうとにんじん煮。朝の忙しい時間に味噌汁を派手にこぼしてショック。しかも手の空いてた夫もサクも全然手伝ってくれないのでぶちぶち文句を言う。「お父さんやサクがこぼしたらお母さんは手伝うよ?」 夫なんて、「あららー」って言ったきりスマホ見続けてたからな!

毎年恒例、園の先生や保護者の有志で私学助成金増加の請願のための署名活動を行うシーズンで、午後からその勉強会。お母さんたち、半数くらい集まってたかな。一昨年度で退職された先生が出て来られて、変わらぬ情熱的なお話しぶりに元気をもらう。サクの友だちが遊びに来ると言い、一緒に歩いて家まで帰る。



夜ごはんは、チャーハン、ピーマンとマイタケ炒め、いんげんとオクラ。夫は飲み会。