読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長月の七 / サクの結婚、八重の桜回顧

●9月某日: サク弁、ごはん、豚肉とピーマン炒め、のり卵焼き、肉じゃが、かぼちゃ。週明けから雨、近所のお友だちが乗せてくれる。雨脚は徐々に強まり、ものすごい勢いに。雷も鈍くゴロゴロと鳴っていた。

「ボクらの時代」中井美穂鈴木保奈美菊池桃子の回を見る。3人ともしっかり生きてきた大人の綺麗な女性ですてき。鈴木保奈美の女優オーラがすごいんだけど、喋ってるといちばん普通のお母さんっていうか・・・なんていうのかな、他の発言に対する反応や受け言葉が、芸能人っぽくないっていうのもあるし、すごく万事順調にやってこれた人だなーって感じがあった。菊池桃子は自分からはあまり喋らないけど振られるとさすが教授、しっかり喋る。

サク、0655で月曜日だけやる「たなくじ」を始めて私のスマホのカメラで撮影してめっちゃうれしそうだった。パシャパシャと3回も撮るもんだから、「1回だけだよ、くじだから」と慌てて趣旨を説明したが、撮ったのを見てみるとブレずに判読可能に撮れてたのは1枚だけだったw サク「ぜんぶかんじ・・・(絶望)」“奇数日小吉、偶数日大吉”だそうです。夜ごはん、鶏とエリンギ、ピーマンのクリーム煮。にんじんラペ。トマト。

 

●9月某日: 『とと姉ちゃん』が作る雑誌「あなたの暮らし」で洗濯機の商品試験をやっているのを見てたら、思い立って洗濯機の掃除をしたくなった。洗濯槽の洗浄はそれ用の洗剤を投じて時折やってるけど、普段よく見ないところにたくさんゴミが溜まっている。やってよかったよー。

幼稚園が終わってから母と待ち合わせしてお茶をする。お茶っていうかピザとか食べてたけどw サク、食べすぎてきもちわるーい、って感じになるがトイレに行ったらすっきり。最近の写真をプレゼントし、これはどこどこ行ったときの、これはどこどこで何してる、と1枚1枚正確に解説していた。本屋で母や私が「これは?」「これいいんじゃない?」と薦めるも、自分で念入りに物色して納得してから買ってもらう姿に、「あんたにそっくり…」と母が言う。だな。

夜ごはんは餃子、にんじんラペ、きゅうりなど。夫は飲み会。

サク、食べながら「○○(クラス名)に、さくたろーとけっこんする っていってる おんなが おる」と話し出す。3人くらいいるらしい(!)。女の子はおませちゃんだのう。

私 「誰と結婚するか、大人になってから決めたらいいよ」 
サク「うん。どうやってきめると?」 
私 「結婚しようか? って話し合うんだよ」 
サク「どこで?」 
私 「いや、どこでもいいけど」 
サク「みんながいるとこで?」 
私 「いや、いないほうがいいような…」 












↑ ×大温製 → ○大音声 ね。