読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

文月の十三

日々

●7月某日: 義実家にて起床。サク、朝食をいただいたら川遊びする気まんまん。家の裏から降りて行ったところが川になっている(夫や義父曰く、昔に比べるとだいぶ水位が減ったらしい)。で、サクはというと泳ぐとか水遊びというより魚捕りに夢中。

f:id:emitemit:20161016220113j:plain


いや、夢中になるほど泳いでいなかったのだ、大雨のあとの影響もあり。なのに、川の中に入り、片手に網を持ち、腰をかがめ、水中を凝視してエイっと網をふるう・・・ようなことを、2時間近く、延々と、飽きもせず延々とやっていたのだった。すごい集中力と執着心に、一同感心。また、手のひらが真っ白けのしわっしわにふやけたのにも驚いたが、そこからものすごいスピードで平常化していったのにも驚いた。子どもって、いろいろすごい。収穫は、ちょっと中くらいのからちっちゃーいめだかみたいなのまで、10匹くらい。小さい蟹が4匹くらい。最後はリリースする。

なんとか宥めて帰ってもまだお昼には時間があり、義父と私と3人で南蔵院へ。ここでのサクのお目当てはソフトクリームである。なぜか私も買ってもらう、えへ。耐えがたいような暑さだが、不動明王の上の滝のそばはひんやりしていた。おみやげ屋さんで、今話題の88Tシャツを買ってもらう。お土産屋さんも当然知り合いな世界である。お昼のあとは畑で野菜もぎ、これ川遊びと順番間違えたねw 本当に暑い。でも、井戸水めっちゃ冷たい。夜ごはんはサバ、切干大根、味噌汁、トマト。サクにはスパサラも。大人は、かまえて少なめに。

 

●7月某日: サク弁、ごはん(かつおぶし)、ハンバーグ、のり卵焼き、切干大根、スパサラ。1学期最後のお弁当だった。今までで一番ボリュームのある弁当だったかも。特に意味はないがw 帰ってきたサクに「全部食べれた?多くなかった?」と聞くと「ぜんぜん? たべたよ?」と答えるので「今日すごくたくさん入れてたんだよ」と言うと「ああ、たしかに」と。サク、大きな木の絵を描いている。枝をたくさんたくさん描いて、そこに、おばあちゃんからもらった鳥のシールを貼りつけていた。かわいいぞ。

夜ごはんは、タコライス、なすときゅうりの塩もみ、オクラ、トマト。ドライカレーにしようと思ったらカレー粉を切らしていたので・・・。夫は飲み会。サク、19時過ぎから既に眠そう。おやすみー。

 

f:id:emitemit:20151119231326j:plain