読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水無月の三

日々

●6月某日: 今日も肌寒いが、ごく小雨になってきたので裏山へたけのこ掘りに。掘るというか、「真竹」は細いので、5歳児の力でも素手でポキッと折れます。雨後のたけのこと言うとおり、義父が日々、さんざん掘ってるはずなのにニョキニョキ伸びてきてるたけのこさんたち。ポキッポキッと調子よく折ってたら両手にみんなで山と抱える量になり、持ち帰って庭で火を起こして茹でました。

f:id:emitemit:20160825195730j:plain


その他、畑から玉ねぎやきゅうりやニラも収穫し、青じそに至ってはついに鉢寄せしてもらって持ち帰る。今日サクがもっとも喜んだのはおたまじゃくしで、近くの田んぼに、今にも足が生えてきそうなのから、まだ孵ったばっかりみたいなちびっこまで大量に。小鍋を借りて掬い上げて玄関に置き、何度も何度も見に行っていた。うちまで持って帰っても良かったんだけど、元の田んぼにリリースする。あく抜きの下茹でが済んだタケノコを友だちにくありながら帰る。

夜ごはんは鯛の煮つけ(義父が持たせてくれた)、ニラと玉ねぎとネギの味噌汁、トマト、オクラ。

 

●6月某日: サク弁、ごはん、ハンバーグ、味つけ玉ねぎ入り卵焼き、たけのこ煮、五目豆。睡眠不足で眠いです。サクは金曜日よりもうちょっと手前のところで「ここからひとりでいく」と。クラスのママ友に「いかがですかー」と募った結果、今日は6件、おすそわけ。まだまだありますが(笑)。




友だちの家に行くというサク&子どもたちと一緒に歩いてたら、サクのかばんを忘れてることに気づいて引き返す。夕方、迎えに行ってからも公園に場所を移して遊ぶ子どもたち。やっと家に帰れたら、ゆうべ睡眠不足だったのでガクッときて、15分ほど昏睡した。

夫が急きょ飲み会になったので一部メニュー変更し、夜ごはんは、豚と玉ねぎ、卵の甘辛炒め、イサキ刺身、野菜の酢漬け、きゅうりとパプリカ、トマト。イサキの刺身おいしくて、サクもばくばく食べてた。お風呂をあふれさせて(自動で止まるとかそんなのないから!)、「今日はシャワー使うの禁止ね…」ってことにすると、サクが洗面器でバッシャーバッシャーと頭から湯をかぶりながら、「きょうのおふろ、おもしろい! おもしろい!」と超喜んでた。ありがとw

 

 

f:id:emitemit:20151119231328j:plain