読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

皐月の十

日々

●5月某日: 今日は夫が午後休をとれたので、自由登園期間中のサクは午前中だけ幼稚園へ。なんとなく体が重い。夫も同様だったようで、ゆうべ飲みすぎたかね、と話す。

12時前、サクを迎えに行く。午後までいる子たちがもうお弁当を食べ始めていて、あららサクはどうしてるかなと思ったら、先生におみかんをもらって食べていた。かわゆ。先生、ありがとう。「お父さんが帰ってくるんですってねー。いいわねー」と、先生。幼稚園でもそういう話してるんだね。サクがカバンを持って出て来るまで待ってたら、年少の子たちが5,6人たむろっていて、のぼる→飛び降りるをするので褒めると、みんな次々にのぼって飛び降り、のぼっては飛び降り。かわゆ。いろいろ買い物があってお腹ペコペコで、ひっさしぶりにほっともっとで弁当を買うと、サク、ロースかつ弁当(おかずだけ。ごはんは家にあったので)を全部食べた・・・。驚き。

午後、サクと夫は博多方面へ。鉄道模型の店で、新幹線をNゲージで走らせることのできるコーナー(有料)があるのを友だちから聞きつけたらしく、そこがお目当て。平日なので空いていて堪能できたらしく、ほくほくで帰ってきた。夜ごはんは、焼き鮭、味噌汁、小松菜おひたし、とまと。サクが寝てから、女子バレー(リオ最終予選・タイ戦)の最終セットを夫と見る。大逆転勝利。

 

●5月某日: サク弁、さつまいもごはん、冷食のしゅうまい、枝豆入りスクランブルエッグ、さつまあげと糸こんにゃくの炒め煮、にんじん煮物。ほとんどがゆうべ仕込んでおいたもの。弁当作りは小さな努力が大事ですね…。登園途中、さくらんぼゾーンでクラスの女の子が採集してる。ちょっと話して、追い抜いて行ってたら、「さくーーーいっしょいこーーー!」と、その子が走って追いかけてきた。微笑ましいのう。

お母さん劇団の活動、次の誕生日会でやるペープサートの制作。器用だったり創作のセンスある人がいっぱいいるなあ、って、過程を見てるとすごく面白い。自分は粛々と(嘘だ。くっちゃべりながら)単純な仕事をこなしておりますw 降園後、サクは友だちの家へ。自転車に乗っていくというのでいったん帰ってから送っていく。そしてもちろん帰りも迎えに行くのです…。今日も暑いわ。そう、今週はずっと、25度とか27度とかまで気温が上がっている。体が水分その他を求めている感じがして、スーパーで甘夏を買った。

夜ごはんは、唐揚げ(専門店で買った)、焼きビーフン、さつまいもごはん、コールスローとトマト。夫は飲み会。サクを寝かせた後、片付けその他をやって私も10時前に寝てしまった。みょう~に疲れていた。