読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

卯月の六 東京旅行 その2

●4月某日: 旅先では「あ、そうだ、○○にいるんだった」て感じでスキッと目覚めの良いサク、今朝も起きるとすぐに窓際に、真下の線路を見に動いた。ちなみに部屋は、ツインに1つベッドを入れてもらっているので多少狭い。

f:id:emitemit:20160622204240j:plain

 

昨日とは打って変わって良い天気であたたかい。ホテルから地上を歩いて地下鉄大手町駅へ。10年前、夫が2年間勤務していたビルも通った。今日は平日なので、午前中の大手町はもちろんビジネスパーソンだらけ。それを見てつくづく思うのは、東京は、日本人+外国人の組み合わせで歩いてたり、食事をしたりしているビジネスパーソンが多い。言語は、英語の場合もあれば日本語の場合も。同僚だったり、クライアントだったり、とにかく一緒に働く相手なんだろう。福岡では、こういうのはあまり見ない。

私たちは大手町から地下鉄半蔵門線に乗って押上まで。





スカイツリーってツリーだけじゃなくてショッピングモール部分めちゃめちゃ広いのな! これ全部地上げしたの? もともと、なんか広い施設だったのか? 4Fのテラスまで、うちのマンションのエレベーターと同じくらいのスピードで着いたのは驚き(そりゃ多少は盛ったけど体感としてほとんど差がなかった)。眺めはもちろんすばらしい。サクも地図と景色をじっくり見比べていた。天候はよかったけど富士山までは見えず。隅田公園や隅田川沿いの桜がとても綺麗。サクはプラレールショップ、私はおみやげを少し物色してフードコートで昼ごはんを食べ、いったんホテルに戻る。意外に時間を費やして、その分、すでに足を使った感じ。

しばしするとサクがやる気になったので、品川アクアパークへ。ここ、一昨年の夏、映画HEROの特番でキムタクと松たか子がアポなしデートしてたとこですよね!! デート向けっぽい、暗めだったり照明に凝ったりな演出もありつつ、奥に行くほどにシンプルな展示になっていって、トンネルになっている大きな水槽にはサメやエイやウミガメなど大物もたくさんで、子ども喜ぶ。

f:id:emitemit:20160622204648j:plain

 

イルカショーも立派だった。夫とつきあってる時代は一度も行ったことなかった水族館という場所に、ここ2,3年で何度か来ている。大人が見ても、なんか非日常感あっていいよね、と話す。

地下鉄で東銀座に移動し、歌舞伎座。ちょうど夜の部をやっている時間だけど、観劇は再来週博多座でしまーす。地下でおみやげなど見る。小腹がすいていたサク、次から次に試食させてもらって満足げ。美味しそうなお菓子など家族や友だちへいろいろ買い、渋ーい三枡の柄の手拭いを自分のおみやげに。夕食は、有楽町イトシアのイタリアン。ここも、席とテラスから新幹線や電車が見られる。美味しい食事と赤ワイン。お店の人もとても優しく、あたりだった。