読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

卯月の五 東京旅行その1

日々

●4月某日: 早起きして、いろいろ雑事&準備。旅行前に済ませておきたいことがいろいろあったけど、昨日・一昨日と具合が悪くてストップしてたので。全部はできなかったけど、まぁしゃーない。

朝から雨が降っていて風が強い。テレビでも「台風並みの心構えを」なんて言ってる心配したが、フライトは定刻。飛行機は2年半ぶりくらいのサク、とてもとても楽しみにしていて、離陸時に怖がるかなと思ったけど大丈夫だった。

ていうかこの人、事前に「何か持って行きたいものがあったら言ってね。そうだ、書きだしてみたら?」という私の提案に、UNOとか折り紙とかはまだいいものの、本を5冊(飛行機&新幹線の図鑑、地図の絵本、お気に入りのマンガ『よつばと!』)とか、トミカを10個とか、なんかどうなの(笑)。たった2つ寝るだけだよ、と言っても持って行く本をなかなか絞れない。私の血っぽいわ…。

 

さて正午ごろ羽田に着。お弁当を買って、離発着がよく見えるデッキ(というの?室内だけど)で食べてから、モノレール。浜松町から山手線で東京駅。新丸ビル6Fのテラスから東京駅の駅舎と、そこから伸びる線路を見る。今日の東京は13度くらいでずいぶん寒いが、子どもは喜んでテラスに滞在。

15時、八重洲口からすぐのメトロポリタン東京にチェックイン。JRがやっているホテルらしく、ロビーには東京駅周辺を模した模型が展開されていて、電車と新幹線が動いている。over30階の部屋からも、ほぼ真下に線路が見えて、滞在中、飽きずによく見ていたサクだった。

熱は下がったけど体力の回復はイマイチな私はいったんここで力尽き、部屋で休憩することに(寝た)。夫とサクはしばしして、入場券を買って東京駅の新幹線のりばの見学に。そこで、博多駅はじめ九州ではお目にかかれない、E5系やらE6系やら7系、そしてそれらの連結シーンが間近に見られ一緒に写真も撮れて、夫いわく「久々にサクの本気を見た」。興奮のあまり、ホームをダーッと疾走し始めたらしい(良い子はしちゃいけません)。

6時、再び新丸ビルまで歩いて、予約していたお店で夜ごはん。さすがにここでサクが疲れを見せたので、大急ぎでビール・ワイン赤白飲んで、自家製ソーセージやらパンやらアヒージョやら食べて、部屋に戻る。(そして部屋で飲み直す)

 

f:id:emitemit:20160617200408j:plain

 

 

f:id:emitemit:20151204160049j:plain