読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『真田丸』 第22話 「裁定」

 

f:id:emitemit:20160111201544j:plain

 

名胡桃事件。有名だけど、映像で詳しく描かれるのを見るのは初めて。しかも、歴史が大好き・大河が大好き、「だけど戦より会議シーンを書くほうが楽しい」といってはばからない三谷さんは、当然、力を入れて書くはず。とても楽しみにしていた。・・・ら、なんかリーガルハイが始まったww

原告に被告に証人、裁判官。そして休廷まで(笑)。三谷さん悪ノリしすぎだろよっていう意見はTLでは見かけなかった。うん、すんなり見られたもんね。まあせっかくのレアな沼田裁定だからもうちょい格調高く見たかった気もする。でも、真田(信繁&昌幸コンビ)なら、答弁はああなるだろうな、という気もする(笑)。

「騙し取り、掠め取り、勝ち取りました!(キリッ」

が、おっかしいんだけど、源次郎と一緒になって「それが何か?(キリッ」と思っちゃうのよね。実際。こちとら命がけで表裏比興やってんだから!と。

しかしさあ、捨ちゃん抱いてあやしながら「面白い」って、秀吉の反応はそんなもん。エンタメか、と。この男のことだから各人の意見から各人・各家の賢さや器を量ってはいるんだけど、基本的には茶番として見てるんだよね。真田の、北条の、そして三成の真剣さとは裏腹に。




戦国裁判楽しんで、物置のパパンと一緒にハイタッチした気分なのに、三成に水を挿され、あげくは名胡桃までとられちゃって、結局大戦さが始まってしまう、この虚しさよね…。



こういう「普遍の真理」をドラマから導き出して、ドラマから浮かずに(とってつけたようにならずに)登場人物に言わせるのが、三谷さんは本当にうまいなと思う。このドラマで私たち視聴者は歴史を見ながら、人間を見てる。それだけじゃなくて、歴史から導かれる普遍性を見てる。

なんというか、「家を背負って熱弁ふるったり、裏でシナリオ書いたり、こっそり面会したり、下げたくない頭を下げたり、悔しがったり、死んだ者を思って泣いたり、みんながそれぞれ力を尽くしてがんばったけど、結局戦になっちゃった、そして大・北条家は滅びる」っていう重さが、最後にはものすごくのしかかってきた回だった。







信繁と信幸、2人の成長が見られたのが今回の救いでしょうか。特に、お兄ちゃんの株はいったいどこまで上がり続けるんでしょうか? バックに六文銭を背負った凛々しさ、平八郎相手に気魄あふれる態度で整然とした理を通すかっこよさ! 私の大河史上で類を見ない、天井知らずのキャラになってるんですけど!? まれで何やってもダメだったのをがんばったご褒美でしょうか?! お兄ちゃんシーンをいずれ編集して盤に残したい・・・。

それに引き換え、ほとんど一言の意見もなく、ただ成り行きを見ているだけで、最後に怯えるセリフだけはしっかりある北条さんちの氏直くんの哀しさよ・・・。








考えてたんだけど、ラストの様子を見ても、家康はやっぱり北条の滅びを看過したくないんだと思う。前回氏政に会いに行ったのも、その気持ちから。でも、その意を汲み、敬愛してなお、主の意思とは異なる動きをする(情に流されない)本多正信のような家臣を家康は持っているってことだと思う。主と一緒になって情に流されない。徳川の安全保障を考えれば、やっぱり北条はいなくなってもらったほうがいいのだ。そして、真田のコワッパには、しれーっと「若い子ががんばってるから応援したんだよ☆」とうそぶいて、好感度をあげておく。なんたる老獪!



今回は「多くの人が力を尽くしても避けられない戦争はある」と描き出されたんだけど、そんな残酷な歴史(=普遍の真理)を前に、「避けられない戦争を避けるためにどうしたらいいのか」「その叡智はどうやったら得られるのか」と考えることができるのが、歴史ドラマの面白さであり意義だと思います。





ねぇ勝頼お屋形様が自害したときも室賀さんが謀殺されたときも辛かったし北条滅亡もかなりくると思うんだけど、関ヶ原のとき、三成が死ぬとき、私どうなっちゃうの・・・? 
(肝心の信繁くんの最期はまだあまり想像できないというか颯爽たる死のようなフワッとした感じがする。そしてお兄ちゃんは長生きするから安心)





そう! 秀次さんね。ここで、「上に立つ者としての有能さ」を描いてきたか!っていうね。秩序だった世界なら、偉大すぎる叔父がいなければ、彼はとても良い主君になれたのよね。すばらしい大岡裁き(大岡以前ですが)でスッとするんだけども、その裁きは、戦争がしたい秀吉の意図とも、戦争を避けるために北条に沼田を渡したい三成のシナリオとも離れているっていう、この絶望感ね。

でも、裁定を下すする秀次さんの清明な表情と口調がすばらしくて、本当にいいもの見せてもらったと思った。新納慎也さん、覚えました。このドラマは、人気役者やおなじみの三谷組もたくさん使ってるけど、この秀次や、織田信忠、信尹叔父上、直江もだよね? 映像ではまだ馴染みの薄い、けれど確かな実力をもった舞台役者さんを多く紹介してくれてうれしいです。それはやはり三谷さんの舞台愛なのかなーとも思う。

次回、ついに北条攻め。氏政の言動(脚本)も高嶋政伸の演技も、前回今回とすごくよかった。氏政にはこれまで、関八州の4代目にして最大の覇者として君臨するプライドを強く感じていたけど、「容易に膝を折れない覇者の苦しみ」も今回感じた。

これは私が、今作の考証もつとめる黒田基樹さんの『戦国大名』を読んでたからかもしれないんだけど。

『戦国大名』 黒田基樹 (感想 1 ) - moonshine

真田レベルだったら秀吉に降って本領安堵してもらえばいいけど、巨大な領地(=それぞれの土地の領主が家臣または国衆で、そのピラミッドの最上位にいるのが大名)を持っている北条のような大大名は、簡単に他家に屈すれば、下の者から「頼もしからず」というレッテルを貼られる可能性があり、それは家臣や国衆の流出、ひいては領国の瓦解につながるんだよね。

ピラミッドの下位の者の苦しみはもちろんあるけど、最上位から簡単に降りられない苦しみもあるんだなーって思った。板部岡の言上の必死さは十分理解しているだろうに沼田に2万の兵を配置させた演技、名胡桃奪還の暴走を止められず、ついに秀吉からの宣戦布告を受け取った氏政の演技には、その「退けない苦渋」と、どこか運命を悟ったような諦観がにじんでいたような。

ところで秀吉が北条攻めに際して出した宣戦布告は、一昨年の『軍師官兵衛展@福岡市博物館』で見たんですけど、すごかったです。激烈。

北条氏直への宣戦布告状。当時の宣戦布告状ってみんなこんなんだったんデスカ?! 墨流鮮やかに、ものすごい達筆で書き綴られ…長いっ! めちゃめちゃ長いっ! 

挨拶に始まり(挨拶もちゃんとある笑)、征討のきっかけにもなった名胡桃事件の経緯に触れ・・・ってそれはいいんだけど、「自分は若いころから信長公に忠義を捧げ、信長公が本能寺で斃れたあとは光秀を討ち取り勝家を倒し…万事、正義を貫いてきた男…」だなんてくだり延々とあったんだが、こんな自分語りが当時の流儀? 源平の頃、戦場で「やあやあ我こそは○○の孫にして○○の嫡男…」みたいに名乗りを上げてたのの流れをくむやつなのか? 

で、最後は「そんな俺に比べておまえは天道にそむいてるから絶対天罰が下る!」って、すげー言いがかりで意味わかんなかったw とにかく天下人の勢いパネェ

    『軍師官兵衛展』 @福岡市博物館 - moonshine

 

宣戦布告って、複製が関係各位に頒布される仕組みだったみたいですね。だから、自分とこの正当性を書き連ねる。北条攻めに際しては全国津々浦々にお触れが出されただろうから、念の入った書状になってるんでしょうが、これ見たら、今回のドラマの「わしはこれまで散々救いの手をさしのべてやったのだ! by秀吉」って脚本になるのもまぁわかります。

「沼田問題に何で秀吉が出て来るんだ」と怒る氏政には、大坂を中心とした新しい秩序が全く理解できていないままなんですね。何なら自分が関八州の秩序だから。真田は小さな国衆でありながら、信繁という賢い息子を大阪にやっていたため、取り残されずに済んだ。

でも昌幸@物置も笑うんですよね、「まさか沼田ごときで日本中が大戦さなんて…」いや、そりゃそうだわ。真田や北条には大事でも、結局はたかが沼田。それを三成@ものごっつマジ に「まさかじゃござらん!」と一喝される。「ではせめて名胡桃だけでも…先祖代々の墓だから…」との殊勝な申し出を三成は殊勝に受けてくれたのに、「口から出まかせに決まっとろうが」の安定のパパンありがとうございます。でもそのせいで、名胡桃の城主を死なせてしまう。

沼田を明け渡せと言われた大叔父上が唱える死者の名も然り、あのシーンも信幸と三十郎の会話とか駄々っ子とかおかしくて、基本はエンターテイメントだけどシビアなものをきちんと描く脚本だなと思います。「新しい秩序」「戦乱の世を終わらせる」その美しい言葉が達成されるまでにどれだけの痛みや屈辱があり、血が流れ命が犠牲になるのか。「新しい世」「戦乱の終わり」それはやはり江戸幕府ということになり、ならば三成も、秀吉すらも、信繁もその成就のために捧げられる贄となるのだなあ。

 

 

数量限定!毎週先着1000名様 お試しキャンペーン実施中 | サジージュース(黄酸汁)通販のフィネス