読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

弥生の八

●3月某日: ゆうべの会話「明日、サクの病院だけど…」「あ、おれ行くよ」話が早くて有難いことです。自分がラクしたいってのもあるけど、幹部の様子や、病院の様子を夫も見といたほうがよかろうと。彼もそう思ってたんだろうな。その間、私はランニング、8キロ。今日は寒くて、ランニングには良い。ただし途中から小雨。久しぶりに今泉の路地裏から路地裏を走ると、通りに並ぶ店が変わっているのも変わっていないのも面白い。

午後もよく降るので、家の中で遊ぶ。絵本とか。チビ鉄雑誌『鉄おも!』についてた付録のポスターとか。UNOとか。洗濯物を干したり、宅配されたものを開梱するのも、子どもの遊び。風呂や家電の念入り掃除も。

夜ごはんは、イカ・かつお菜・しいたけのパスタ、ごぼうとかぼちゃのかき揚げ、あらかぶ塩焼き、バケットでピザトースト風(チキン&しめじ&チーズ)。夫の力作。「やっぱ、一週間料理しないと、モチベーション上がるな」とのこと。ブラタモリやMステの録画を見ながら、ビール、白ワイン。サク「もうちょっと、うたの(録画)とかみて、3にんで もりあがりたい」と言うので星野源やゲス極の録画で踊って、寝かせる。

 

●3月某日: 夫とサクは、朝から「しんかんせんふれあいフェスタ」とやらに。ゆうべは私も行こうかなーとチラッと考えていたが、結局、「いってらっしゃーい」と元気に見送った。人ごみきらーい。家でやることがいろいろある。ジョグがてら本屋に行って、各コーナーをじっくり見て回ったりも。サクたちは15時ごろ帰宅、シールや色鉛筆、クリアファイルなどのおみやげをもらい、サクはちゃっかり、グッズを買ってもらったりもしてた。

夫「でもな、サクは、去年の秋の西鉄でんしゃまつりのほうが楽しかったらしい。体験コーナー的なのが、あっちのほうが多かったけんな。てか、人が多すぎる。普通に90分待ちとか書いてある。ディズニーランドかっつの」。

さんざん歩いたり待ったりして帰路は疲れていたらしいサクだが、帰ると「いとでんわ、つくりたーい! かみコップちょうだい」とか、元気。そして、「あのねー、おかあさん、きょう、はかたえきでみたけど、あんまりいいおかし、なかったと。だからあした、おとうさんがかいしゃのちかくでみてみるって。ごめんね」と、ひどく申し訳なさそうに、ホワイトデーの一部ネタばらしをしてたw 

夜ごはんは、ひらすのみりん干し、味噌汁、カツオ菜おひたし、かぼちゃ煮。

 

>>来月、生理痛を軽くしたいあなたへ。痛みを緩和する話題の天然果汁【サジー】