読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

弥生の二

●3月某日: 1,2,3月生まれの誕生日会。お母さん劇団の劇もある。今回、私がキャストでないことは伝えていて、しかも「おかあさんは具合が悪いから来ないかも」と思っていたサクは、講堂の後方で小さい子たち(キャストのお母さんの子どもたち)を託児するママたちの中にいるママをあまり確認することもなく、終演後に気づいて「あ♪」という顔になり手を振ってきた。こういう、無言のアイコンタクトみたいなのって、子どもが小さい時代の親子の醍醐味だよね。

劇は、インフル等々の大流行で練習時間の確保も難しかったところ、立派な出来であった。今回は人間劇で、よく見知っているお母さんたちが次々に登場するので、子どもたちの引きも強い。あたたかい日で、サク、降園後1時間以上園庭で遊んで帰る。帰り道、誕生日会の給食とデザート(この日だけデザート付きなのだ)がどんなに美味しかったか、自転車の後ろで子どもが詳細に語りまくるのを聞くのも、幼稚園時代の大切な思い出になるんだろうな。夜ごはんはカレイの煮つけ、味噌汁、スパサラ、ひじき。

 

●3月某日: サク弁、ちりめんごはん、豚と野菜のお好み焼き風、枝豆&炒り卵、ひじき、ブロッコリー。朝ボーッとしていて、危うくものすごくまずいものを弁当に入れるところだったが、なんとかちょいマズくらいにまで持って行く(笑)。朝ごはんにも出したし、弁当も、普通に完食していたので良しとしましょう(笑)。

14時、迎えに行くと、子どもたちがほぼみんな肌着(笑)。今日もあたたかい日だったから、外で思いきり遊んだらそりゃ暑くなるだろう。サクも半袖の肌着からかわいい腕をのぞかせていた。そのまま、クラスの友だちが遊びに来て夕方まで。夜ごはんは鶏の照り焼き丼、じゃがいものそぼろ煮、ブロッコリーなど余りもの。

サクが寝てから、わくわくで『ちかえもん』最終回! 夫と一緒にちびちび飲みながら見る。最高だった・・・! その後もカンブリア宮殿でエースコックの特集を見ながらちびちびち飲み足す。