読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

霜月の十七

日々

●11月某日: 夜中の雨風があまりにもすごく、いったん目が覚めたあと、しばらく眠れなかった。こんな荒天の中、子どもを幼稚園に送っていけるのか・・・と思うと(小心者)。幸い、朝には雨は上がったが、今日もすごく寒い。寒い・・・。サクを送って、舞台の準備して、帰る(1往復め)。

10時半、誕生日会での人形劇公演のため幼稚園へ。古典的絵本を題材に製作した『オオカミと7ひきのコヤギ』、ストーリーを知っている子が大半だったろうが、予想をはるかに超える子どもたちの食いつきっぷり!! 園で子どもたちが愛唱してる歌を替え歌にしてところどころに入れたのも(ミュージカル調ですよ!台本おこした座長さん能力高い!)、すごくウケてた。最後、「オオカミしんだ、オオカミしんだ!」のあと、キャストと子どもたちで「世界の子どもよ」の合唱になったところでは、思わずウルっと。子どもの歌声って、くる。ちなみに、「オオカミしんだ、オオカミしんだ」は原典どおりのセリフで、サークルのママたちでも少し問題視されたけど、ベテラン先生の判断は「ぜひ入れてください」。先生、かっこいい。わかってるぅ! 

で、11時半、帰る(2往復め)。14時、迎えに行く。サクを友だちの家に送っていって、帰る(3往復め)。16時、友だちの家にサクを迎えに行く(4往復め)。寒い。寒いよ。寒さで疲れたよ・・・! 

夜ごはんは、マーボ豆腐、キャベツとじゃがいもとえのきの味噌汁、ひじき煮。適当に作ったごはんがやけに好評な主婦あるある。フィギュアNHK杯が開幕し、twitterでは私のタイムラインが高速化。中国の新鋭、ボーヤンが95点だしてヒャーと思ったら、不適な笑いを浮かべて羽生さんがアップに入った。そして106点を出した。おまいら、こえええよおおおおお!(褒め言葉

 

●11月某日: 夫は某業務のため、5時過ぎに起きて6時に家を出て会社に行き、7時半ごろに帰ってきた。私、ランニング30分。本日は時間がないため短く速くでいきたかったが、炭水化物不足気味な感じでやや体が重い。帰って、帰省の準備などもして、あわただしく出発。1年ぶりの友だちに会う。新宮のあかねちゃんが、車のメンテでこっちに来るついでに連絡をくれたのだ。2時間足らずの時間ではあったけど直接話せて美味しいランチも一緒に食べられて楽しかった。会いたい人には会えるときに会わないとね。彼女は下の子たちを3人連れて来てて、うちは、サクはパパとラーメンを食べに行ったようでした。

で、帰宅して、車に乗り込んで夫の実家へ帰省。先月帰ったとき「今シーズンいちばんの寒さです」と言っていたが、この週末もまた「今シーズンいちばんの寒(ry」と更新されてるー! その間はずーっとあったかかったのに!! ということで完全防備で行く。もうお炬燵が出てた。うん、うん、そうだよね。夜ごはんにもおでんが登場していた。義父「底のほうにね、卵20個ぐらい入ってるから」ちょw 完全に団体給食やんw いや、たくさん作ってもらってありがたいことです、はい。サクが牡蠣フライに目覚めてばくばく。

羽生さんがフリーでも未曽有の強さを発揮し合計322点という地平線の向こうへ・・・! すごいもん見た。女子は宮原さんが優勝。ショートもフリーもすばらしい演技だった。ジャンプの安定性に加え、スピンはもともとうまいし、スケーティングと表現力もぐんとアップしてる。うっとりと見られる演技。