読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

如月の十六

日々

●2月某日: お弁当を作っていたら突然、寝る部屋からダダダダッと足音。サクがダッシュしてトイレに直行していた(笑)。お弁当は、鶏&卵のそぼろごはん、里芋と牛肉煮、切り干し大根、マカロニサラダ。

降園後、園の子が遊びに来る。昨日新しいおもちゃを買ってもらったのでさっそく友だちに披露したかったのであろう。ママにも寄ってお茶を飲んで行ってもらう。サク「きょう、みんなに『さくたろーくん、かみのけ きったねー』って言われた」。夜ごはんはカレイの煮つけ、豚しゃぶサラダ(豚はちょこっと)、小鯵の南蛮漬け。煮つけも南蛮漬けも義父が作ったのをもらってきたもの。

サクを寝かせて、『デート』を見る。夫もその時間を楽しみにしている。TLも、朝から「今日はデート、デート」「デートだから早く帰らなきゃ」「デートまでにお風呂すませなきゃ」「デート最高!」とデート色、濃し。月曜日からこんなに浮かれさせるなんて偉大だ、『デート』。

●2月某日: スマホのアラームに全然気づかなくて寝坊した。夫に、子どものついでに起こされた。あたたかい小春日和。降園後の子どもたちの足は自然とすぐそばの公園に向く。延長保育のクラスメートたちが、園のすべりだいの上から「おーい、おーい」と大きな声で手を振ってくる。

夜ごはんはもつ鍋。さあ準備万端というところで子ども用の肉がないことに気づき、かろうじて冷凍庫に鶏ひき肉を発見して適当につくねを作る。食べながら、昨日の「デート」の録画を再度再生。サクも食いつく。タイトルバックで流れるザ・ピーナッツの「振り向かないで」と、エンディングのchey(だっけ?)の歌を最近はよく口ずさんでいる。今日のもつ、いつもと同じ店で同じ量を買ったのだけど、ひとつひとつがいつもより大きくて、すごく食べでがあった。それでなのかどうなのか、シメのちゃんぽん麺まで行きつかずに夫も私もお腹いっぱいになる。ま、この年で律儀に毎回シメをすることないのよね・・・w