読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

如月の十

●2月某日: サク、元気に登園。ほ。これで無事、「ママじゃな」の取材に行けるー! 実は本来、先週にセッティングしてたんだけど、サクの風邪でキャンセルになったのよね・・・。子どもの体調ばかりはしょうがないとはいえ、取材日が延期になったのは初めてで申し訳なかったわ・・・しかもカメラマンも代打のときに・・・。そう、ちひろちゃんが里帰り出産中につき、今回は幼稚園のママ友・綾子さんにカメラマンをお願いしたのだ。福岡乙女カメラ部部長!! なんてえらそーな「ママじゃな」であろーか。しっかり者の綾子さんが、うつろいやすい方向感覚の持ち主だったのは意外だったがね、ふふふ。

モデルさんは、綾子さんのお友だち、はづきさん。お料理が上手で何でも作れる人で結果めちゃめちゃ食べまくりました。もはや、ほとんど取材してないといっても過言ではない。記事はだいじょーぶであろーか。綾子さんの写真がきっと素敵だから、それでなんとかしよう。うん。

そしてタイムリーなことに、本日夕方、ローカル局の情報番組に乙女カメラの取材で綾子さんが登場。まったく、有名人な方なのだ。録画しといてサクと見ると、「あっ、○○くんだ。○○くーん。○○くんのおかあさーん」と画面に向かって手を振っていた。夜ごはんは、豚とニラともやし炒め。ポテトとベーコンのグラタン。など。

●2月某日: 朝、夫と交代で走る。7キロぐらい。調子よい。昼ごはん食べたらくーっと眠くなって思わず45分くらい沈没してしまい、そこから慌てて準備して、親友の出産お見舞いへ行く。赤ちゃんズが予想以上にちっちゃい! 新生児っていつ見ても新鮮な小ささである。赤ちゃんの頃の話を聞くのが好きなサクに、「サクちゃんも、生まれたときは、頭がこのくらいしかなかったんだよー」と話しながら、やや大げさめな小ささの(わかりにくい日本語)輪を両手で作って見せてたんだけど、ほんとにそれぐらいの大きさだったわ。ひとりは出生時のサクと100gくらいしか違わない体重だったんで、サクもほぼ、あの大きさだったってことだ。はぁー。めちゃ軽。

友だちは手術後だけど想像していたよりずっと元気そうだった。でも、子宮の収縮でお腹が痛い・腰が痛い、すでにおっぱいが切れて痛いなど、そう、産後っていろいろ痛い中で授乳やら抱っこやらが始まるんだよねー。しかも双子ちゃん・・・本当にHPを大事にしてほしいと願うばかりである。ダンナさんに会うのも数年ぶりで何か懐かしかった。おめでとう。私も赤ちゃん充しましたw 

さてそのころ、夫とサクは博多の森ラグビーの試合を見たり、子ども自転車を走らせまくったり、レッグウォーマー&たこやき探しの旅をしたりと満喫していたらしい。「レッグウォーマー」という名前をサクが覚えておらず、夫がスパッツを買おうとするも、「ちがう!それじゃない! いりぐち と でぐち が おんなじやつなんだよ!」との主張のおかげで、無事に調達できたとのこと。たこやき探しの旅は、始めはラグビーの球場で買おうとしたのだが売っておらず、ショッピングモールのようなところにもなく、結局、うちから最寄りのスーパーの総菜コーナーでピリオドが打たれたそうだ。夜ごはんは、トマトソースのピザ、菜の花とベーコンのパスタ、アジの南蛮漬け、ごぼうサラダ。「今日はスイッチが入ったなー」な夫が、朝からスキマ時間を見つけてはしこしこと仕込んでイロイロ作ってくれた。ビールと赤ワイン