読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

如月の九

日々

●2月某日: 祝日。起きたときは、「ランニングしようかどうしようかな」と迷うぐらいだったんだけど、なんか鼻水は止まらんし咳は出るしボーッとするしで、結局、風邪の療養にほぼ専念。「おかあさん、ねてていいよ。ねつはないかな? すぐかえってくるからね。なにか のみものもってこようか?」と、最近、風邪で寝込んだときに自分が言われていたセリフを、サクが矢継ぎ早に繰り出してくる。

ふと見つけた浅田真央の動画に感動。画面を左右に分割して、バンクーバーシーズンのFS「鐘」と、プレソチシーズンのFS「白鳥の湖」とを同時に流すというもの。「鐘」は浅田真央の代表作のひとつといえるすばらしく荘厳なプログラムで大好きなのだが、その名作と比べてなお、後者の密度の濃さと技術的な向上が明らか! こういうのってひとつ見るとずぶずぶハマっていくもので、いくつか続けて動画を見てると、ピンポーン♪と鳴ってネットで注文してたコミックエッセイ『スケオタデイズ』が届いた。我が家の開梱担当・サクが表紙を見るなり「あ、これはおかあさんのだね。スケートの絵本だね」と分類。夜、「どうする?」と夫に聞かれても、酒を飲む気にはなれず。ごはんは、鶏とたっぷり野菜の小鍋ふうスープ、サツマイモの天ぷら、ブロッコリー

●2月某日: 起きると、風邪具合はかなり良くなった感じ。ピークは越した! サクが昨日から、「おかあさん かぜなら、ようちえん、やすもうか?」みたいなことをしきりに言ってくるが、元気な子は是非に幼稚園に行って元気に遊んできてくれ・・・。登園途中、仲の良い友だちが歩いて行っているのを見て、自転車から降りて一緒に歩いていく。私は明日、大事な予定があるので、お母さん人形劇サークルの練習はお休みして、引き続き昼間はおとなしく療養。図書の日なので絵本を借りて帰る。お母さんの読み聞かせコーナーも聞いて帰る。サクのクラスは今週も5人、6人とお休みがいて、インフルエンザの猛威は去ったが、まだまだ体調の悪い子が多いらしい。夜ごはんは、シチュー、きのこのオイルマリネなど。シチューはきのう、風邪ひきの私を見て、「明日の夜ごはんに使ったら?」と夫が仕込んでおいてくれたもの。親友より、赤ちゃんズ出産の知らせ。双子ちゃんが生まれてきました!