読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

如月の六

●2月某日: きのう16時半に寝てしまったサク。朝4時半ごろふと目が覚めて、「そろそろ起きるか・・・?」とドキドキしながら様子をうかがっていたが、すやすやと寝てる。これきのう実は頭を打ってたとかそういうことないよね?!なんてことが頭をよぎりつつも私もまた寝てしまった。サクが起きたのは結局7時半。どんだけ疲れとったんや! 熱を出して3日休んだ後の登園、しかも参観日ってだけで張り切ったところ、降園後も1時間以上にわたって激しく外遊び。オーバーワークにも程があるわ、ってことだったんですね。元気に起きてきたから良かったものの。昼ごはん食べた後、また自主的に昼寝してたもんな(ふだんは土日に昼寝することなんて、まずない)。

午後からは夫と交代で台所。友だちの家で持ち寄り夜ごはん会をするのだ。私、にんじんサラダとサツマイモのマッシュサラダ。夫、エビ野菜マヨと野菜のかき揚げ。で、友だちが酢飯や海苔を用意しといてくれた。キュウリや大葉、牛肉しぐれ煮、アボカド白和え、そしてお刺身などなど、手巻き寿司がメインだ。この酢飯がハンパなく美味くてその場ではもちろん帰宅後も夫と2人して絶賛し続けてた。あの量の酢飯をピタッとハマる味つけに・・・相当の経験値であろう。鯛のアラのお吸い物も家庭料理を超えてた。私にとってお吸い物ってハードル高すぎて向上心が湧いてこない料理のひとつだ。まして鯛をあの美しい姿で入れ込むなんて・・・。子どもたち、夕方から夜にかけて一緒に過ごすのが新鮮ですごいハイテンション。途中もちろんケンカになりそうになったり拗ねたりもありつつ遊び続けておった。ダンナさんがいるごはん会、新鮮でよい。

20時、おいとまして帰宅、風呂に入ってアド街を見ながら2次会。サクは静かに眠りに落ちていった。向井理が出るというのでてっきり横浜だろうと思ったら、元箱根だった。箱根ってなんかすごそうだ。「めちゃめちゃ広い、九州の温泉場とは比べ物にならない。いつか行こう行こう」と夫。さらに飲み足しながらドラマの録画を見る。意外にも夫が『ウロボロス』を毎週見ている。