読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

如月の四

●2月某日: 朝のサク、37.3度。うーむ、明日は是非に登園したいので、今日まで休んでおこう。朝の幼稚園はなかなか電話がつながらない。うちのクラスも昨日は7人、その前は5人休んでたらしいし、「お休みします」電話ラッシュなのだろう。あとで聞いたらこの日は8人が欠席とのことだった。インフルのピークはもう過ぎてるんだけどね。サクも今日はそれほど熱が上がってこないし、明日の登園に向けてリハビリ・・・ってことで、近くまで子ども自転車(伴走、私)で買い物に行った。

ひまつぶしにクッキーでも作ろうと思って100円ショップで型を買う(←この段階から始まるってあたり、お菓子作りの腕はお察しください)。クックパッドで(もちろん「かんたん」と入力して)検索したレシピで生地を作り、おお、なんか、いい感じにできそうではないか・・・・と期待を膨らませていたら最後の3,4分でスゲー焦げた。相当面積が黒いクッキーを見たサク、「あーあ」と盛大に残念そうな言葉を発したものの、隣の私が声もなく落ち込んでいる(ふりをしている)のを見るや、「だいじょうぶだよ。くろいところを とって たべたらいいからね」一転、優しい声でなぐさめまくり。そのアドバイス通り、焦げたところを削ったりカットしたりして「ほい」とあげると、「あ、これ、ハートだったやつだー」とか、原型を想像しながら(笑)ポリポリ食べていた。「これは・・・わからん」原型をとどめていないものもあります(笑)。でも、コツはつかめた! 次はきっと、もっと美味しくできるよ!(楽観的) 夜ごはんは、鶏ときのこ・ブロッコリーのクリーム煮、春雨サラダなど。