読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

如月の二

●2月某日: 引き続きリフレッシュ休暇中の夫、サクと2人で登園し、そのまま所用へ。今日は午後から新入園児の体験入園があるので、在園児は午前保育。サクの年少時代もあっという間に終わりが近づいているわけである。昼ごはんをもりもり食べ、買い物ついでにパパに100均の電車シリーズを買ってもらうようせがみ、いったん帰ったそばから今度は「子ども自転車やる、やる」と主張して小一時間。今日もご機嫌元気・・・と思ってたら、夕飯の前の風呂上がり、「さむい」と言ってはいたのよね。あとで聞くと、風呂場の中でも「さむいけん、もうちょっと(湯船に)つかる」と言っていたらしい。

とりあえず交代で私が入浴している間に、「ねむい」と言って布団へ行こうとするサクが小さく震えているのに気付いた夫が検温、38.5度。えーっ! 水分とらせて、とりあえず寝とけ寝とけ、と布団に入れて、夫と2人の夕食を始めると、「なんかいいにおいがする・・・おなかすいた・・・」起きてきた。山芋入りのお好み焼きをパクパク(イワシ煮には手をつけず)。「ちょ、胃腸も弱ってるかもしれんし、お好み焼きは食べ過ぎない方がいいでしょ。雑炊作ってやろうか?」と夫が言うと、「うん」そしてそれもパクパク。しかし熱も順調に上がって、39.1度。うーむ。

●2月某日: 起きたとき 37.6度 → 2時間ほど経つと38.3度。これ、前回(2週間前)はただの風邪で、今回こそがインフルなんだろーか? 私は前々から自分の病院を予約していたので、今日までリフレッシュ休暇の夫が病院に連れていくも、「はな、ゴリゴリ、しない!」と強硬に拒まれ、「じゃあ明日ね、明日!」と検査は譲歩したとのこと。そう、こーゆーときのサクの頑固さはすごいもんがあるのだ、「病院連れて行っときなよ」と言うのは簡単だけど結構ホネが折れるのだー! 38度超えが続くも食欲は衰えず、昼もチクワ焼きそばをモリモリ。家族3人で布団に入る昼下がり、悪くないね(ぐうたら)。読書も進んだ。しっかしこの調子じゃ、今週は引きこもりが続きそうだな。運動不足に気を付けよう・・・私の。アギーレ代表監督、解任。