読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

睦月の十三

●1月某日: サク、元気。今日こそ昼ごはんを食べに行きたいと主張する。この贅沢モノ!(に育てているのは私たちだが) ま、ずっと家の中にいるとクサクサしてくるのはわかる。熱もすっかりないし、いいかね・・・といって、午前中、人の少ないうちに「浜勝」(九州外の方へ:リンガーハット系のとんかつ屋さんチェーンです)に素早く行ってみた。私はかつて、ずーっと昔の高校時代、リンガーハットでアルバイトをしていたので、従業員割引券を握りしめて、頻繁に浜勝にも行っていたのだが、もちろん今は昔も昔ずーっと昔の話で、なにげに、めちゃめちゃ久しぶりの浜勝である。や、高校時代ぶりってこたぁないけど、少なくとも、子ども産んでからは初めて。なんかうれしい。ゴマするのとか、たれが2種類あるのとか、漬物食べ放題とか、変わってないわけね。

午後、夫は近所でサクの自転車乗りにつきあう。もう本人は療養気分ゼロ。私は本屋に行って、45分ほどかけてじっくり見て回り、2冊購入。帰って、さあ読もうと横になろうとした瞬間、朝からなんとなく「違えてるなー」と感じていた首筋にピキッと激震が走った。イタアアァァァァイ!! うっかり風呂であたためてしまって、さらに痛く・・・。冷湿布を貼っておとなしくする。皿洗いまで夫が全部やってくれた。そうなの、いつもは、作ってもらったらちゃんとアタシが片づけてるのよ・・・? 痛すぎて頭も痛くなってきた。早く寝る。でも「花燃ゆ」は見ました。