読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

睦月の十二

●1月某日: サク、健やかな顔で起床。熱、36.8度。下がってる。

もともとインフルエンザでなかったのか、それとも初動でタミフルを摂取したことによる回復なのか、まったくはかりかねる。しかしとりあえず今日は療養だ。実は先週末から、今日という土曜日に焼き鳥屋に行こうと決めていて、大張り切りのサク先生はカレンダーに「やきとり」という漢字(と本人が主張するサク文字)を記入して楽しみにしていた。当然、「ねつはさがったから、やきとりやさん、いける。いきたい」と主張する子どもと、「いや、今日はまだ無理だ」と押しとどめる大人との間で摩擦が起きる。えーっと、とりあえず私は朝ランに行ってきていいですかね。晴れてはいるものの、強風ですごく寒い体感の中、8キロ走ってフーフーいって帰ってくると、「おっかえりー! きょうのよるごはん、なにかしってる?」と浮かれた様子の子どもが出迎えてくれた。「きょうはね、やきとりやさんにいけないから、おうちで、ハンバーガーをつくるんだよ!!」 「ぼくと、おとうさんが!!」 「おかあさんのぶんも つくってあげようね!!」 夫が懐柔策としてハンバーガー製作を提案したらしい。そしてもちろん指揮するのも彼だ。じーん。いいお父さん・・・(そしてダメなおかあさん・・・)。とろけるチーズを載せたハンバーグと、レタスと玉ねぎを挟んだハンバーガー。とっても美味しかったです。我が家にマ○クは必要ないな!(※夫のいるときに限る) そのほか、鶏手羽と野菜のトマト煮込みなども(夫が作ってくれたのを)食べました。それにしてもサク、すげー食欲だな。