読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東出昌大くんのこと(スイッチインタビューとか)

『花燃ゆ』『問題のあるレストラン』への登板を前に、東出昌大くんが出演した番組を立て続けに見ました。スマスマスペシャルの「親友フィーリングカップル」、「あさイチ 花燃ゆ祭り」と称して伊勢谷、高良と3人での出演、そしてEテレ「スイッチインタビュー」での朝井リョウとの対談。

で、わかっちゃいたことだけど、この人のシロート感(いい意味での)ハンパないですな!素朴というか。朝ドラのあともいくつも仕事をして、「ゲゲゲ」後のムカイリさんだったらかなりスレて閉塞期に入ってたころだけど、この人の場合、向井さんのように「付き合いたい男性ベスト1」みたいなブレイクの仕方はしなかったからか、それともそういう人柄なのか、ギョーカイに染まった感がまったくなく、とにかく好青年ぶりをキープしている。

映画『桐島、部活やめるってよ』のころ(3年前)から知り合いだという朝井リョウに言わせれば、「“仏度”がすごい。しかも、どんどん増してる」とのこと。さらに、「若い俳優の中でも、謙虚さの求められ方が巨大だと思う」という分析はさすがだと思った。それについて、否定はせずに「顔が古風なのかな」と、サラッと受ける東出くんの「仏」感・・・w 朝井「たぶんできる人だと思われてるんだと思うんだよね、この人は謙虚でいられる人だ、みたいな」。

この対談では、東出くんが自分のことを「真面目系クズ」だと言ったり(でもその内容は「自分に甘い。(家で)11時からセリフやろうとか思っても、ダラダラ13時までネットサーフィンしちゃったり・・・」とか、かわいいもんであるw)、朝井が「(作家として)人の怒りに触れていたい、人の怒りをかきわけてゆくと社会についてわかることがある」「器が大きくなったら(寛容になったら)それは思考が止まるということ、だから小さなことを気にし続けていたい」と言ったり、東出くんが「役者は作品のパーツ。全部撮り終って良い作品だったと「作品を」評価されるためにやっている。だから(撮っている間は)毎日憂鬱」と言ったり、ほんと面白かった。

朝井リョウが、100均で買ったホイッスルみたいなのを持ち込んでてね。東出くんにも1個渡して2人して首からぶら下げて、「今の答え、流したな/ごまかしたな」と思ったら笛を吹いて止める、という設定でやるわけ。そういう小道具ひとつとっても、あふれんばかりの才気を持て余してるようで、若干23歳で直木賞を獲ったという彼にも、とても興味があるのだけど(作品は読んだことない)。

東出くんて、とにかく、男友達と一緒にいるのが異常に似合うと思う。一年ぐらい前か?「情熱大陸」のときもそう思ったんだけど。それこそ「桐島」じゃないけど(読んで/見てないですが内容を漏れ聞いた印象ね)現代って、友だち同士でも空気を読み合ってキャラを演じて、みたいなところってあると思う。ま、時代関係なく、そういう人っているよね。

でも、男友だちの中にいる東出くんは、すごい「そのままの自分」な感じがある。特別に仲の良い友だちじゃなくても、スマスマの親友フィーリングカップルでだーいぶ年上で全員初対面ぐらいのSMAPを前にしても、伊勢谷さんや高良くんのようにどちらかというとクセ(矜持と言い換えてもいい)のある役者たちの前でも、メール交換は続けていたが会うのは久しぶりという朝井リョウと一緒でも。

年若いし、演技もまだまだだし・・・っていう自分をちゃんと認識して(エゴサーチもすると言ってた)、それでも安易な自己否定の方向にいかないっていうか。謙虚ではあっても卑屈じゃない。「すごく負けず嫌い」と本人は言ってて、きっとそうなんだろうけど、人間としては誰の上にも下にもなろうとしてないようなフラットな感じが、見ててすごくグッとくる。本人はとにかく自然体なんだろうけど、そういう自然さって後から簡単に身に着くものではない。すごく稀有な人だと思う。きっと、こんな人だから、こんな時期にサラッと結婚して、しかも!世界のケン・ワタナベの女婿になれたんじゃないかね。なかなか尻込みしそうなもんですよね普通は。

女性相手では、さすがの彼も少し構える(紳士的に振る舞おうとする、という意味で)感じだから、杏ちゃんとのツーショットとか、2人のプライベート映像とかで、彼が心を許した女性と一緒の時はどんなふうに素敵なのか、すごく見たいな!! 新婚夫婦の旅番組とかやってくれないかな、歴史ネタにまみれた場所を転々とすりゃいいじゃん、2人でw

完全にブレイクした若手俳優の一人で、女子高生向けの恋愛映画で相手役とか、大河でヒロインの夫役なんかするポジションにいながら、結婚しても女性ファンからの悲鳴がさほど聞こえないってのも、なかなかいないキャラだよね。松坂桃李くんとか福士蒼汰くんだったら大変なことになるでしょ? 

スイッチインタビューの最後、朝井と別れてからのコメントとして「自分の仕事をがんばらなきゃいけない。「がんばっているんだ」って自負心があれば会える。 「俺ダメだな」と思ったら彼と会えなくなる。 今後とも会いたいなと思います。」と言ってた。まったく、「らしいな!!」って感じする。