読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『あさが来た』 第12週「大阪一のお父さま」

ドラマ

f:id:emitemit:20151123225453j:plain






















































































近藤正臣の「正吉最期」を堪能させてくれなかった『あさが来た』を憾みに思うわー。
・・・・というのは責任転嫁かもしれないがw

週タイトルから、正吉最期がクライマックスであろうことは想像できたものの、ここまでひっぱってきたサトシ問題はあっさりぽんな解決。サトシ問題は、新次郎がおっさんになるまで引きずって高等遊民を満喫してきたトラウマ(なんかわけわからん日本語だがそのように捉えている笑)の源だったのに・・・。そしてヒロインあさの「うち、働くことが好きなんだす。うちの道はこれ。いばらの道でも」に感動できるだけの描写は結局積み重ねられなかった。しくしく。それを措いても心ゆくまでなされるのが正吉最期。ううーん、軽重の取扱い方が私はストレス! 「ストレスなく見られる」のがこのドラマの身上なのに(笑)。

やっぱり世話物なのね。ヒロインの人生を描くというより、世話物。でも歌舞伎の世話物を思えばあまりにゆるふわなんだよなー。ゆるふわ世話物。今週は、新次郎の情けなさをある程度がんばって描写したのと、あさが「うちには責任がある、偽善者ではあかんのだす」とビシッと言ったところはすごく良かった。前半のシメまであと一週間ちょいあるから、あさの覚醒も新次郎のモラトリアム卒業もまだひとひねりあるのかもしれないけど・・・・まあ、うん。このドラマだからして。ね。