読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神無月の二

日々

●10月某日: サク弁、ハンバーグ、野菜のトマト煮、ひじき、れんこんきんぴら、卵焼き。「にんじん・ピーマン・れんこん」という運動会のチーム名の野菜を入れるのがこの時期のデフォルト。サクを送った後、そのまま病院へ。




午前中は肌寒くて長袖を着ていてもちょっと震えるくらい。降園後、サクの友だちが遊びに来る。幼稚園からうちまで歩いていく。というか半分くらいは走っている。石けりならぬ“石投げ”をしながら(人通りの少ない道だからできることです)。運動会の練習もやっているのに元気なことだ。別れ際にトラブル発生し、サク、友だちの前では大スネ。友だちが帰ると大泣き。ま、気持ちはわかるというかどっちもどっちというかどっちも悪くないというか。こういうのも経験だ。夜ごはんは、豚と玉ねぎ・チンゲン菜のオイスター炒め。レンコンの洋風きんぴら。卵豆腐。

 

●10月某日: 給食の曜日だが、イレギュラーな弁当日。豚肉とピーマンのしょうが焼き、ひじき煮、スクランブルエッグ、れんこんのバター焼き。朝の登園が肌寒くなってきた。自転車の後ろに乗っているサク(まだまだ半袖・半ズボンが園児のデフォルト)は、「寒いと、足の毛が伸びてくる」と言う。鳥肌が立つ感じを言っているんだと思うけど、面白い。そういや最近、「ひげは、なんさいから はえてくると?」とかも言ってた。今日は運動会の予行演習。サクも先生から聞いたらしく、ゆうべから「あした、うんどうかいみたいに やるっちゃん」と言っていた。

予報は晴れで昼には気温も上がってくるようだし、一日疲れるだろうから今日は早く帰らせようと思っていると、迎えに行くや「○○といっしょに○○のうちにいく」と宣言。「でも、今日ほら、運動会みたいにやるやつもあったけんさ・・・」となだめにかかると、「いや、いがいとはやくおわった」と平然。役員さんに聞けば、確かに年少・年中は午前中のみの練習だったらしい(体力・集中力的に厳しいだろうからもともとそういう予定だったらしい)。それにしても、「意外と早く終わった」って、すごい的確な表現するなーと感心。で、結局、○○ちゃんと一緒に○○くんの家に遊びに行ったサクであった。

夜ごはんは、餃子、ミートソースで半パスタ、糸こんにゃくの煮物、千切りきゅうりと生姜。おうちごはんで食べ合わせなど考えてはならない・・・! 夫、抜歯以来4日ぶりにアルコールIN。

スマスマSP、フィーリングカップル(要潤、北村一輝、西島秀俊など)もよかったが、メンバーがくじで引いた都道府県に行ってセブンイレブンでお弁当を売る競争をやるコーナーが面白かった。まぁそういうキャラだからとそういう映し方をしているんだろうが、キムタクの要領がよい。