読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

葉月の五 / 「ヨルタモリ」でサンタフェ

●8月某日: サクと一緒に少々朝寝坊。お互い疲れてるよね。ベランダでビニールプールの水を抜いて掃除していると、サクがカーペットにごろんと転がってる。ん? 体調悪い? もともと予定もないし、今日は家でのんびりしとこうかーと言うが、しばらくすると「げんきになった! どっかいきたい!」と言うので子どもの自転車で本屋やらスーパーやら。

自分が『海街diary』の5,6巻を買う気まんまんだった関係上、サクにも「夏休みだし、好きなの1冊買っていいよ」と言うと、物色したあと「これがいい!」と選んだのは、日本地図のパズル。4枚1組になっていて、つなげると日本列島が出来上がる。う、うーむ。ちょっと前に母が買ってきた「ちずのえほん」を愛読しまくっているサクなので、その気持ちは非常にわかるが、これ以上、知識に走るのはどーなのか。ま、でも私もこんなもんだったかなーとも思い買ってやると、超喜んでた。

夜ごはん、トマトソース&ホワイトソースのハーフ&ハーフピザ(生地が一枚余っていたのでまたピザ)、鶏もも&野菜グリル、サラダなど。サク、ちょっと食欲ない?元気だが。

『ヨルタモリ』に篠山紀信がやってきて「サンタフェ」の写真、おっぱい出てるやつをみんなで(もちろんりえママも一緒に)見るという超絶企画が世にもサラっと行われる超絶番組! サンタフェのりえちゃんすっごく綺麗。こんなものを4000円かそこらで買って見られるなんてすごいことだと思う。あの少女が、40代に入った今、こうなってるってのが、なんかね、希望だよね、りえちゃんという存在自体が。んで、サンタフェを見たタモリが篠山に言う「あんたの写真、エロくないよね」って感想もいいなーと思う。下世話なエロに変に疼く変態心を表明しつつ、でも写真に対する褒め言葉にもなってて。ヨルタモリ毎週面白い。

 

●8月某日: 朝から料理。私=ちらし寿司班、夫=唐揚班で、わっせわっせとやってると、サクが起きてきた。今日はじいじのうちに行くよ~ということで昨日から彼も楽しみにしていたのだけど、すげーテンション低い。朝ごはん、いけない。その場で転がりだす。Eテレで子ども番組をやっているのに、テレビを消す。熱はないのだが体調が悪いようだ。料理はできあがってしまったし義実家ではサクの従兄も今日の来訪を楽しみにしていたようなので、夫がひとりで行くことにする。

私「今日は、お留守番しとく?」 
サク「・・・(こくり頷く)」 

やがて切迫した様子で冷たい飲み物を欲しはじめるに至って、「あーこれ吐き気がきてるな」と確信し、洗面器セットしてそばにスタンバイ。で、案の定リバースだったんだが、ほんのちょっと離れた隙に始まるんだよね~こういうのって。駆けつけたときにはすでにおふとんが・・・。ま、こういうときはこの暑さが有難いってもんです(洗濯後、夜までに乾いた)。それにしても、吐くか~。昨日もちょっと食欲落ちてたもんな~。夏バテかな~。苦しみにじっと耐えている様子が動物っぽくていじらしい。2度目、3度目は量が少なかったのもあるがサク先生がうまいことやってくれて(っていうのもなんだがw)片づけは比較的ラク。3度目のあとで落ち着いたのか2時間弱寝たサク、起きると「おなかすいた」。あ、このパターンねと、ちょっと安心。果たして、15時半にお茶碗に軽く1杯食べたサク、「あそびたくなってきたー」と大復活。その後もおなかすいたすいたと訴え、さすがに急に大量に与える気にはなれずなだめていたが17時半に「もう耐えられない!」と判断した夫がもう一度お茶碗に軽く1杯与え、さらに夜ごはんもなんだかんだ食べていた・・・。

ところでサクが苦しんでいる間、つき合ったってわけじゃないけどまあプチ断食がてら私もなんにも食べずにいて、あー日ごろ食べすぎ傾向にあるから胃腸を休ませてる感あっていいな、と思いながら15時半にお茶碗半分のちらしずしを食べて、日が陰る17時前にランニングに出たら(夫が帰ってきたのでね)、尋常じゃないほどきつかったですよ!! ガソリン枯渇、という感じがありありとした。体って、ごはんを燃料に動いてるのね・・・。夜ごはんは美味しい豚肉ともやし、ゴーヤで冷しゃぶ、ナス味噌炒め、ししゃも、サラダなど。サク、本当に華麗に大復活してる。