読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

文月の五

日々

●7月某日: サクを送って行ったその足で、幼稚園のママさん人形劇サークル活動。4-6月の誕生会が終わったばかりだが、7-9月の誕生会でやる演目の練習に入らねばならない。サクが7月生まれなので、今回、私もキャストに入っている。ボディパーカッションやります!(今回は人形劇じゃないのだ) 

その流れでサークル場所で持参の弁当を食べて、年中組の林間保育説明会へ。たっぷり2時間近く。幼稚園のいろいろな保育活動の、力の入れ具合・抜き具合について、非常に納得がいってる。それにしても、幼稚園の周りでもうすぐ大規模な工事が始まるのが、憂鬱。前々からわかっていたことだが、いざその時期が近づいてくると、地味にショックを受けている自分がいる。夜、夫にもグチグチ言って、慰められた。

降園後はサクの友だちが遊びに来る。すごく盛り上がってた。子どもたちがひとつの遊びに夢中になって、その流れでテンション高いまま自然に次の遊びに移っていく様子って、すごく面白い。夜ごはん、サーモン刺、キャベツ&玉ねぎたっぷりのオムレツ、トマト。夫は飲み会。帰ってきてから、軽く2次会。

 

●7月某日: サク弁、ウインナー、キャベツと玉ねぎのオムレツ、かぼちゃ煮、こんにゃくおかか和え。『天皇の料理番』の感想を書いていたら4800字近くにもなってしまった・・・。さすがに時間の損失であろうよ・・・。

さて今日は みやこ食堂 へ! やっとしほちゃんと京子ちゃんを引きあわせることができました。しほちゃんに「誰かもう一人お友だち連れて来てよ」と頼んでいたところ、やってきたのが超ハイパーレディ! 会話に「いや~日本のママはえらいよね」なんて言葉が出てきたから「ん?」と思ったら、15歳で日本を出て、ロサンゼルス、ニューヨーク、バンクーバー、東京など各地で学び&働いた経験を持ち、いちばん長いのがロンドン暮らしで、ご主人はイタリア人(2児あり)、「今アクシデント的に日本に住んでるの。ちょっと寄ったつもりがこっちで会社作っちゃって。2年後はまたヨーロッパだな」とおっしゃる女性でした。世の中にはいろんな人がいる・・・! そしてこういう方を見ると己も含めた「日本人」というものがすごく相対化されるなと思った。京子ちゃんの料理は今日も冴えわたっていて最初に供されたじゃがいものビシソワーズからして歓声が上がっていました。

夕方、預かり保育にしていたサクを迎えに行く。「さくたろーくんのふく、あそこにかかっとうよ」と、年少の男の子が教えてくれたので、「ありがとう」と見に行くと、遊具に、泥の塊としか思えないものが引っかかっていた・・・ナハハ。帰宅後、折り紙で『へんしんブレスレット』なるものを何個も作って、ママの腕にも巻いてくれる。夜ごはんはカレーライス。キャベツのコールスロー、トマト、ブロッコリー、きゅうり。